« エッセンシャルオイル・精油:2種類のタンジー | Main | 皮膚透過促進剤としてのリモネン »

February 13, 2006

ラベンダー精油の香り自律神経および血圧への影響

Olfactory stimulation with scent of lavender oil affects autonomic neurotransmission and blood pressure in rats.

ラベンダーオイルの香りによる嗅覚刺激はラットの自律神経の神経伝達および血圧に影響を及ぼす。

PUBMEDより

1: Neurosci Lett. 2006 Jan 24; [Epub ahead of print]

Tanida M, Niijima A, Shen J, Nakamura T, Nagai K.

Institute for Protein Research, Osaka University, 3-2 Yamada-Oka, Suita, Osaka 565-0871, Japan.

大阪大学蛋白質研究所、蛋白質代謝部門

Previously, we observed that olfactory stimulation with scent of lavender oil (SLVO) suppressed sympathetic nerve activities and elevated gastric vagal (parasympathetic) nerve activity (GVNA), decreased plasma glycerol concentration and body temperature, and enhanced appetite in rats.

以前、ラベンダーオイルの香り(SLVO)による嗅覚刺激が交感神経活動を抑制して胃の迷走神経(副交感神経)活動(GVNA)を高めて血漿グリセロール濃度および体温を低下させてラットの食欲を増進させたことを観測した。

gastric vagal nerve activity :胃の迷走神経活動

Here, we further showed that olfactory stimulation with SLVO lowered renal sympathetic nerve activity (RSNA) and blood pressure (BP) and elevated GVNA in urethane-anesthetized rats. Olfactory stimulation with linalool, a component of lavender oil, also elicited decreases in RSNA and BP and an increase in GVNA in urethane-anesthetized rats.

ここで、さらに、ラベンダーオイルの香り(SLVO)による嗅覚刺激がウレタン麻酔ラットで、腎臓の交感神経活動(RSNA)および血圧を(BP)を低下させて胃の迷走神経活動(GVNA)を高めた。また、ラベンダー成分、リナロールによる嗅覚刺激がウレタン麻酔ラットで、腎臓の交感神経活動(RSNA)および血圧を(BP)の低下と胃の迷走神経活動(GVNA)の増加を引きだした。

Anosmia induced by pretreatment of the nasal cavity by application of ZnSO(4) eliminated the effects of both SLVO and scent of linalool on RSNA, GVNA and BP. Furthermore, intracerebroventricular administration of thioperamide, a histaminergic H3-antagonist, abolished the suppression of RSNA and BP as well as the elevation of GVNA mediated by both SLVO and scent of linalool.

硫酸亜鉛塗布で鼻腔の前処理によって誘発された無嗅覚症はRSNA, GVNA およびBP.へのSLVOおよびリナロールの香り両方の作用を除去した。さらに、ヒスタミンH1受容体拮抗薬、ジフェンヒドラミンの脳室内投与がRSNAおよびBPの抑制ならびにSLVOおよびリナロールの香り両方による介在での上昇をなくした。

anosmia :無臭覚(症)、嗅覚消失、
Intracerebroventricular administration:脳室内投与
histamine H1 receptor-antagonist :ヒスタミンH1受容体拮抗薬

Finally, bilateral lesions of the hypothalamic suprachiasmatic nucleus (SCN) eliminated RSNA and BP suppression and the elevation of GVNA due to SLVO or linalool. Thus, it was concluded that scent of lavender oil and its active component, linalool, affects autonomic neurotransmission and reduces blood pressure through the central histaminergic nervous system and the SCN.

最後に、視床下部視交叉上核(SCN)両側性の損傷は、SLVOまたはリナローによるRSNA およびBPの抑制とGVNA の上昇を排除した。それゆえに、ラベンダーオイルの香りおよびその主要成分、リナロールは自律神経の神経伝達に影響を及ぼして中枢ヒスタミン神経系および視交叉上核(SCN.)を通して血圧を下げる。

central histaminergic nervous system:中枢ヒスタミン神経系
suprachiasmatic nucleus:視交叉上核 .

PMID: 16442729 [PubMed - as supplied by publisher]

考えたこと

医学関係の翻訳は専門用語が良く出てくるので日本語の選択が難しいです。例えば、increaseの訳の場合、増加、上昇があります。どちらにしたら良いのか迷うことが多いです。上記の関連内容の文献は以前翻訳したので上手く出来るかと思ってみましたが、あかわらず的確な訳が出てきません。読んで分からないところはいつもの通りに原文を良く読んでいただきたいです。ラベンダーには本当に沢山の効果が実証されてきています。専門家の方で読んで気がつたことがありましたらコメントを頂けるとありがたいです。

ディエトアロマ社オーガニック・真正ラベンダーオイルのご用命はアロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« エッセンシャルオイル・精油:2種類のタンジー | Main | 皮膚透過促進剤としてのリモネン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/8646827

Listed below are links to weblogs that reference ラベンダー精油の香り自律神経および血圧への影響:

« エッセンシャルオイル・精油:2種類のタンジー | Main | 皮膚透過促進剤としてのリモネン »