« アロマセラピー | Main | 出産前の不安に対するアロマセラピーおよびマッサージ:胎児への効果 »

February 20, 2006

フィトアロマ研究所おっさんのつぶやき

先週の金曜日にびっくりしたことがありました。アクセスは1日で653件あったことでした。普通の日は大体200件前後で土日になると減ります。時々、どのようにしてこのブログに辿り着くのか不思議に思います。話題がそのときより変わり一つのことに集中していなです。書き手の興味のあるところに行ってしまいます。

去年の今頃はダイエットに関して書いていました。そのころ、海外で話題になっていたのは“フランス女性は太らない”をブログで取り上げました。今年の話題はソノマダイエットになります。現在、それに関心を持ち訳しています。そのうちブログに載せる予定です。このように途中まで訳して完成しない記事が沢山あります。そのような記事はブログに掲載した日時とのズレがあります。

現在はエセンシャルオイルの輸入販売を始めたのでどうしても商品関連の話題が主になります。ブログにアクセスされた方にいかに商品を使用していただくかが現在の課題です。ネット販売の商品はどこも知名度のある商品を扱っています。名もなく使いかたのよく分からない商品はあまり販売していないです。また、ただ並べているだけのもあまりないです。お客様から見ると売る気があるのかと思われます。

いろいろ考えてプレゼントを始めたがプレゼントをする商品がスパイクナードのため欲しい人が少ないみたいです。皆さんどんどん応募してください。

そんなこんなで、皆様が良く知っている商品でお得感の商品を販売すればいいかと思いインド業者からジャスミン、チュニジア産のネロリを仕入れました。知り合いの方に香りを試してもらいましたが今までの香りと少し違うと言われネットで販売するのは無理かなと思いました。

それなら、今度はブルガリアからローズオイルを輸入して手ごろな価格で販売できないかと思い、ブルガリアの生産者と連絡を取り見積もりを取りました。ブルガリアのローズオイルのお土産で木彫りのケースに入っている1gのローズを販売することにしました。最終的に購入することになり輸送コスト削減のためにEMSで出来ないのかと問い合わせを2週間前にしましたが今日やっと返事が着ました。それもファクスでした。パソコンの調子が悪いとのことでした。返事はこちらからは同じくファックスで流しました。早く返事が来てローズオイルを販売したいです。

また、質のよいネロリをチュニジアから購入しようと思い現地とコンタクトを取っています。ネロリの花が咲くのは5月頃になります。その頃になるとネロリのオイルとフローラルウオターが生産されます。チュニジアと上手く連絡が取れればいいと思っています。

仕入れることには努力しても販売の方にも努力をしないといけないです。何か販売のことで意見がありましたら宜しくお願いいたします。

ブログ書きと仕入れることに時間を費やし営業努力が欠けてるおっさん。

フランス製オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所
スパイクナードオイルプレゼント、送料無料キャンペーン中

|

« アロマセラピー | Main | 出産前の不安に対するアロマセラピーおよびマッサージ:胎児への効果 »

Comments

やはりネロリはチュニジアですね。
楽しみにしています。
誰が嗅いでも、ネロリはいい香りです。
美肌にも最高です。
スパイクナードのトリートメントをしました。
「どこかで嗅いだことのある香り」という感想をもらいました。
やはり動物的な香りがするからでしょうか。
ちょっとムスクっぽいような・・・・・。
癒される香りですよね。
マグダラのマリアがイエスに塗布したようですし・・・・。大変興味深いオイルです。
他のオイルとブレンドしても、すっきりさが残ります。

Posted by: takako | February 21, 2006 at 09:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/8760664

Listed below are links to weblogs that reference フィトアロマ研究所おっさんのつぶやき:

« アロマセラピー | Main | 出産前の不安に対するアロマセラピーおよびマッサージ:胎児への効果 »