« 出産前の不安に対するアロマセラピーおよびマッサージ:胎児への効果 | Main | 看護業務非薬物睡眠改善療法 »

February 22, 2006

空腹ホルモン”グレリン”記憶に影響

Hormone could affect memory, UC researchers say 

空腹・ホルモングレリン増大・記憶および学習の脳の海馬・活動活発・記憶増大

空腹で試験を受けると満点を取れるかも?

シンシナティ大学の研究者によると、食物摂取および体重を調節するホルモンが老化およびアルツハイマー病に関連する記憶喪失をもたらす過程に関与するかもしれない。

2月19日にオンラインの早版で発行された2006年3月号ネイチャーの神経科学に掲載される研究は、胃のホルモン・グレリンが直接学習と記憶に関連している脳の領域の活動および可塑性に影響を及ぼすことを示しています。

エール大学医学部によって指導された研究はシンシナティ大学の精神科ヒト ゲノム研究所の肥満研究センターの両方のStephen Benoit とDr. Matthias Tschöpによって共同執筆されました。

2000年に、Tschöp'sグループは、最初にグレリンと空腹増大、食欲、体重と肥満を関連づけた。

「血液のグレリン濃度は食事前、または空腹時に最高であるこを知っています。とTschöpは述べた。これらの濃度は、各食事後減少し、肥満人においては顕著に低いです。」

また、この空腹ホルモンが記憶機能を促進するかもしれないことを示す観測に感銘を受けて、科学者は、正常グレリン濃度動物とグレリン産生遺伝子をノックアウトした動物の行動を比較し始めた。これらのグレリン産生遺伝子欠如の動物は様々な行動テストにおいて極めて悪い結果であったことを解明した。このことはグレリンが高次脳機能において重要な役割を果たすかもしれないことを示唆した。

研究者は、グレリンが実際に受容体に結合し、学習および記憶機能の原因となる脳領域、海馬のニューロンを活性化することを確認しました。

「グレリン遺伝子欠如動物にグレリン補充療法をおこなうと、よく出来ていなかった記憶および学習行動を急速に回復することができた。」とTschöpは述べた。「したがって、脳の開発メカニズムに対処しているとは考えてはいないです。代わりに、適切な記憶機能にたいして必要である実際の循環ホルモンの存在を調べているとおもいます。」

ホルモンと高次脳機能を結び付けることは肥満、老化およびアルツハイマー病に関連している記憶喪失に関する洞察を提供することができるだろう。とBenoitが述べました。

「以前の研究では肥満患者の中でアルツハイマー病の高発症を示した。い発生を示しました。」と、Benoitは述べました。 「私たちのデータは、食事の変化により、または、グレリンのような薬剤を通して達成された高いグレリン濃度が老化および肥満の両方に関連している記憶喪失から潜在的に保護するかもしれないことを示しています。」

この研究はエール大学医学部のTamas Horvathによって指導されて、国立衛生研究所並びにメリット・レビュー・システムの交付金によって援助された。

単語帳

plasticity :可塑性、柔軟性
ghrelin :グレリン
Genome Research Institute:ヒト ゲノム研究所
higher brain function:高次脳機能

フランス製オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所
スパイクナードオイルプレゼント、送料無料キャンペーン中

|

« 出産前の不安に対するアロマセラピーおよびマッサージ:胎児への効果 | Main | 看護業務非薬物睡眠改善療法 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/8792782

Listed below are links to weblogs that reference 空腹ホルモン”グレリン”記憶に影響:

« 出産前の不安に対するアロマセラピーおよびマッサージ:胎児への効果 | Main | 看護業務非薬物睡眠改善療法 »