« ヒマラヤネパール産精油いろいろ(2):スパイクナード | Main | アロマショップ フィトアロマ研究所 »

February 01, 2006

疼痛緩和ためのアロマセラピー

Positive Health より

Aromatherapy for Pain Relief

疼痛緩和ためのアロマセラピー

by Bob and Rhiannon Harris
Bob and Rhiannon Harris, essential oil resource consultants, illustrate how aromatherapy can be used effectively in the complex area of pain management. It is emphasized that pain cannot be defined from a simply physiological/sensory standpoint, but has important somatic, cognitive and affective aspects, and there are important psychological and emotional factors to consider in the perception, appraisal and treatment of pain. The intrinsic relationship between injury, pain and stress is also examined, as are the postural, behavioural and social changes that the sensation of pain can create.

ボブ&リアノン ハリス

エセンシャルオイル・リソースコンサルタントのボブとリアノン ハリスは、複雑な領域の疼痛緩和で如何にアロマセラピーを効果的に使用できるかを例証しています。疼痛は、単に生理的・感覚的見地から定義できないですが、神体的、認知的および情動的の局面が重要であり、疼痛の知覚、評価および治療で考慮する重要な心理的および情動的要因があると強調されています。また、痛覚によって引き起こされる姿勢、行動および社会的な変化のような損傷、疼痛とストレスとの本質的な関係が調査された。

*somatic :身体上の、肉体の
*affective :情動の、感情の
*intrinsic :本質的な、固有の、

The benefits of aromatherapy are numerous, and these can be increased when combined with massage. To illustrate this, a detailed case study is presented of a woman suffering from stress headaches and tension, by using two essential oil blends:

アロマセラピーの有効性は数々ありますがマッサージ併用でこれらのことは増大することが出来ます。これらを例証するため、2種類のエセンシャルオイルのブレンドによってストレスの緊張頭痛に苦しんでいる女性の詳細なケース・スタディーを提示します。


•A blend of bitter orange (Citrus aurantium), Roman chamomile (Chamaemelum nobile), sweet majoram (Origanum majorana), lavender (Lavandula angustifolia), Himalayan cedarwood (Cedrus deodara) and jojoba (Simmondsia chinensis) to reduce muscle tension and reduce stress and anxiety.

筋肉の緊張軽減とストレスおよび不安の軽減のブレンド

ビター・オレンジ、ローマン・カモミール、スイート・マジョラム、真正ラベンダー、ヒマラヤン・シダーウッドとホホバ油


•A blend of peppermint (Mentha x piperita), eucalyptus (Eucalyptus globules) and Aloe vera, for pain reduction.

疼痛軽減ブレンド

ペーパーミント、ユーカリとアロエベラ


Useful tables detailing oils with specific anti-inflammatory, local anaesthetic, counterirritant, analgesic and antispasmodic effects are given, although some oils mustn’t be used without professional advice.

一部のオイルは専門家の助言なしでは使用できないけど、特異性抗炎症、局部麻酔、反対刺激および抗けいれん性の効果の有用な詳細なオイル表が掲載されています。

local anaesthetic :局部麻酔薬
counterirritant :反対刺激(剤)
antispasmodic:抗けいれん性の、鎮痙薬


A detailed bibliography is also provided, giving details of research studies into the beneficial effects of aromatherapy oils.

また、アロマセラピーオイルの有益な効果を調査研究した詳細を明らかにし、詳細な参考文献を提供します。


Bob Harris is editor of the International Journal of Aromatherapy and Director of Education for the College of Botanical Medicine, and Bob and Rhiannon are based in Provence, France, where they run courses and ‘Aromatic Adventures’ tours. Full contact details are given.

ボブ・ハリスは、the International Journal of Aromatherapy の編集主幹で薬用植物カレッジの教育長で、ボブとリアノンはフランスのプロバンスを本拠地にしています。そこで、講座およびアロマティック・アドベンチャーツアーを運営しています。連絡先はこちらです。

Aromatic Adventure and Aromatic Masterclassの2つのツアーがあります。

A Lavender-scented Escapade into the Alpes de Haute Provence
15 - 21st July 2006

Aromatic Masterclass: Exploring ways to improve our therapeutic efficacy
1st - 7th August 2006

ニース集合のニース解散の6泊7日旅行で世界各地から参加してます。

エセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所

|

« ヒマラヤネパール産精油いろいろ(2):スパイクナード | Main | アロマショップ フィトアロマ研究所 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/8454529

Listed below are links to weblogs that reference 疼痛緩和ためのアロマセラピー:

« ヒマラヤネパール産精油いろいろ(2):スパイクナード | Main | アロマショップ フィトアロマ研究所 »