« 更年期に対するラベンダー・スパー吸入効果 | Main | 術後の 吐き気および嘔吐に代替療法 »

February 28, 2006

緩和ケアー病棟褥瘡管理にエセンシャルオイル・精油

Using topical aromatherapy for the management of fungating wounds in a palliative care unit.

緩和ケアー病棟で腫瘤形成性褥瘡管理にたいしてのアロマセラピー局所使用

fungating:腫瘤形成性
wounds:褥瘡
palliative care unit:緩和ケア病棟

PUBMEDより

J Wound Care. 2005 Nov;14(10):497-8, 500-1.

Mercier D, Knevitt A.

Sacred Heart Palliative Care Service, St Vincent's and Mater Health, Sydney, Australia. Mercierdph@yahoo.com.au

Odour can be one of the most distressing symptoms of fungating wounds. Traditional dressings and creams often have little effect on odour, but the use of essential oils has proved effective in a palliative care setting.

匂いは腫瘤形成性褥瘡の最も辛い症状の一つである。伝統的な包帯とクリームはほとんど匂い対してほとんど効果ないですが、エッセンシャルオイルの使用は緩和ケアー施設で有効であることを実証した。

dressing :包帯

Publication Types:
•Case Reports

PMID: 16304927 [PubMed - indexed for MEDLINE]

フランス製オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所
スパイクナードオイルプレゼント、送料無料キャンペーン中

|

« 更年期に対するラベンダー・スパー吸入効果 | Main | 術後の 吐き気および嘔吐に代替療法 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/8882471

Listed below are links to weblogs that reference 緩和ケアー病棟褥瘡管理にエセンシャルオイル・精油:

« 更年期に対するラベンダー・スパー吸入効果 | Main | 術後の 吐き気および嘔吐に代替療法 »