« アロマショップ フィトアロマ研究所 | Main | おっさん手料理写真 »

February 03, 2006

アロマセラピー真のパイオニア ディエットアロマの歴史

エセンシャルオイルに80年猶予の歴史

ESSENTIAL OILS
エセンシャルオイル

Story of a passion
アロマセラピーへの情熱物語

Once upon a time there was a man, Louis Sevelinge, who believed in Nature and in the virtues of plants. In 1927, this young man, a farmer’s son, defended his doctoral thesis in pharmacy at the University of Lyon. Its title: « Le pouvoir antiseptique des huiles essentielles de menthe et de ses principaux dérivés » (« The antiseptic power of essential oils of mint and of its main derivatives »).

昔々、Louis Sevelingeという男性がいました。彼は自然と植物の力を信じていました。1927年に、農家の息子、この青年はリヨン大学薬学部の博士論文でこのことを主張しました。論文タイトル:ペパーミントエセンシャルオイルおよびその派生物の殺菌能力

virtue :効き目、効力
doctoral thesis :博士論文
derivatives : 派生物、誘導体

A graduate in hygiene, microbiology and botany, Doctor Sevelinge was passionate about plants and carried out much research. At a time when chemistry was all-powerful (in medicine as in agriculture), Doctor Sevelinge developed as early as 1935, when he was a Pharmacist in Bourg de Thizy, pharmaceutical specialities based on essential oils (« les Gouttes aux Essences », « Oil-Based Drops ») and, in 1945, founded the Laboratoires Pharmaceutiques Phytaroma (Phytaroma pharmaceutical laboratories).

衛生学、微生物学および植物学の学士、Doctor Sevelinge博士は植物に関して強い関心を持ち、多くの研究を行いました。その時代は医学同様に農業でも化学万能で、早くも1935年にBourg de Thizyで薬剤師であったDoctor Sevelinge 博士は、エセンシャルオイルにに基づいた専門薬(エセンシャルオイル・ドロップ)を開発した。1945年にフィトアロマ・薬学研究所を設立した。

pharmaceutical :調合薬、 薬剤

A veritable precursor of Aromatherapy, Doctor Sevelinge was the first person to offer, for internal use, essential oil complexes. He was thus at complete variance with the ideas of the time.

アロマセラピーの真の先覚者、Doctor Sevelinge博士はエセンシャルオイルの内服を提案した最初の人であった。そして、時代の考えに全く一致していなかった。

variance : 相違、不一致、変化

With Phytaroma, Doctor Sevelinge opened up the way to Aromatherapy as early as the 1950s. A visionary, he was already fervently championing organic farming and stressing the essential role played by diet in maintaining good health. He then decided to turn resolutely towards health products and the brand new notion, at the time, of food supplements; he then created the Laboratoires Diétaroma (Diétaroma Laboratories) in 1956.

フィトアロマで、Doctor Sevelinge博士は早くも1950年代にアロマセラピーの道を開いた。空想家の彼は、既に有機農法を熱烈に擁護していて、健康維持でダイエットが果たす不可欠な役割を強調していました。次に、断固として健康商品および、そのときに栄養補助食品の新ブランドへの転換を決意した。その時点で、1956年に、ラボワトール・ディエットアロマを設立した。

Today, Diétaroma is a family business which has remained faithful to its « geographical and ethical » origins for three generations. The team, now led by Bénédicte Chirol, the founder’s granddaughter, continues to champion everything natural as well as quality through a range which is becoming richer from year to year. A pioneer of Aromatherapy, Diétaroma has good knowledge and experience of essential oils and has developed specialities based on essential oils (food supplements, cosmetics). Thanks to this experience, Diétaroma is able to offer a wide range of 100 % pure and natural essential oils with a selection of over 90 wild or conventional organic essential oils to choose from.

今日、ディエットアロマはファミリービジネスで3代にわたって原点(地理的および倫理的)を忠実に守ってきた。現在、創設者の孫娘、Bénédicte Chirolによって経営されているチームは、毎年豊富になっている商品範囲を通して自然同様に品質にすべてに擁護すること持続しています。アロマセラピーのパイオニアディエトアロマはエセンシャルオイルに関して豊かな経験と知識があり、エセンシャルオイルに基づいた栄養補助食品、化粧品を開発した。これらの経験のおかげで、ディエトアロマは、野生、コンベンショナル、オーガニックの90以上の品揃なかから広範囲に100%純粋で天然のエセンシャルオイルの選択を提供することが出来ます。


上記の文章はディエトアロマのフランス語のエセンシャルオイル冊子をディエットアロマで英訳したものです。フランス語原文と博士の写真がの下記のブログに出ています。

フィトアロマ研究所発売オーガニックエセンシャルオイル


注意、フランスでは医師の指導のもとで内服が行われていますが、日本では一般的ではありません。エセンシャルオイルは薬として認可されていません。エセンシャルオイルの内服は絶対しないでください。

宣伝文なのに翻訳は洗練してなくてぎこちないです。ただ、事実を知って頂きたいと思います。

エセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所

|

« アロマショップ フィトアロマ研究所 | Main | おっさん手料理写真 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/8483226

Listed below are links to weblogs that reference アロマセラピー真のパイオニア ディエットアロマの歴史:

« アロマショップ フィトアロマ研究所 | Main | おっさん手料理写真 »