« 疼痛緩和ためのアロマセラピー | Main | アロマセラピー真のパイオニア ディエットアロマの歴史 »

February 02, 2006

アロマショップ フィトアロマ研究所

やっとのことで立ち上げたアロマショップ フィトアロマ研究所を皆さんに知って貰うにはどうしたらよいかと思案しているところです。ブログを読んでいただける人には知らせることが出来ますがそれ以外の方に知っていただくのはどうしたら良いか、ネットショップの本を読みました。

本には無料ショッピングモールに登録をすると良いと書いてありました。そこで買いパラに登録をしました。もう一つのSHOP INにはパソコン音痴のために登録が出来ませんでした。バーナーを登録しないといけないと書いてありました。バーナーのことが良く分からず本部の方にメールをして問い合わせをしました。そこで意味は分かったのですがバーナーの作り方がわからずストップしてます。

何かパソコンで新しいこと始めると直ぐストップしてしまいますが少し立つと分かり出来るようになるみたいです。
時間が掛かっても出来ることからやり最後に完成の域に達しればいいかなと思ってます。

仕入れる商品を探すのは好きですが売れるようにしないとどうしようもないです。先日、インドからジャスミンと
チュニジア産のネロリを少量仕入れました。そこで、バイエルビンに詰めてサンプルとして知り合いの方に売れるかどうか確認をしてもらいました。ジャスミンはフルーティで他のジャスミンと違う、ネロリもすっきりしてるがちょっと
違うと言われ、商品として販売してよいか迷ったしてます。

商品仕入れにあたりサンプルを取り寄せ確認をします。いい商品であっても少量でも輸出してもらえるところを探さなければなりません。相手先からはどの売れるのかと聞いてきます。こちらはマーケットリサーチをしてるわけでのないので答えることは出来ません。条件の合うところを探すのに大変です。

以前、ヨーロッパからエセンシャルオイルのサンプルを取り寄せるとき現地からFEDEXを利用するように指定してきました。こちらでは安いEMSをお願いしたのですがどうしてもFEDEXと言われエセンシャルオイルを6種類の輸入で約18,000円を払うことになりました。

輸送コスト、相手先が小口に対応してくれるか、素晴らしい商品にめぐり合うこと、それをいかにお客様に伝えていき販売に結びつけるかやることは沢山あります。

エセンシャルオイルは特に沢山使用しないためにすぐなくなるものでないです。新しいオイルが出ても自分にまだ使用してるのがあればあえて購入はしないと思います。現在フランスのディエットアロマ・オーガニックエセンシャルオイルが販売されていることを知ってもらうことが大変重要なことだと思います。

読者の方何か気づいたことがありましたらコメントをいただければありがたいです。ある方からエセンシャルオイルの系列化がすすんで時に新規に発売しても大変であるといわれました。そう言われてみると、どこどこの学校は
あるオイル、医療系はこちらのオイルと決まっています。こちらは、その隙間を探して販売するしかないのかも知れません。

そのためにもあまり知られていないオイルを紹介して使用してもらい、販売の拡大に結びつけたいと思ってます。
もし、探しているオイルがありましたら、お探しいたします。

オイルの購入するならアロマショップ・フィトアロマ研究所

|

« 疼痛緩和ためのアロマセラピー | Main | アロマセラピー真のパイオニア ディエットアロマの歴史 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/8473816

Listed below are links to weblogs that reference アロマショップ フィトアロマ研究所:

« 疼痛緩和ためのアロマセラピー | Main | アロマセラピー真のパイオニア ディエットアロマの歴史 »