« ザクロ種子油の免疫および脂質代謝効果 | Main | しこいわしオリーブ漬けとたこのマリネ写真 »

March 13, 2006

看護科女子大生不眠・うつ病へのラベンダー効果

[Effects of lavender aromatherapy on insomnia and depression in women college students.]

女子大生における不眠およびうつ病へのアロマセラピー・ラベンダー効果

PUBMEDより

1: Taehan Kanho Hakhoe Chi. 2006 Feb;36(1):136-43.

[Article in Korean]

Lee IS, Lee GJ.

Department of Nursing, Keukdong College, Korea. ilee001@kdc.ac.kr.
看護科

PURPOSE: The purpose of this study was to explore the effects of the lavender fragrance on sleep and depression in women college students.

目的:
本研究の目的は、女子大生における不眠およびうつ病へのラベンダーの芳香効果を検証することであった。


METHOD: Forty-two women college students who complained of insomnia were studied during a four-week protocol(control treatment week, 60% lavender fragrance treatment week, washout week, 100% lavender fragrance treatment week).

方法
不眠を訴える42人の大学生が4週間の治験実地計画書(対照治療週、60%ラベンダー芳香治療週、休薬、100%ラベンダー芳香治療週)で研究が行われた。

Protoco:治験実施計画書


All subjects were in the department of nursing in "K" college and the study was a single blind repeated measurements experiment. For the duration of the study, weekly evaluations of sleep, patterns of sleep disturbance, severity of insomnia scale, self satisfaction with sleep, and severity of depression were performed.

全ての対象は“K”大学の看護科であって、研究は単盲法反復測定実験であった。研究期間の間、睡眠、睡眠の週単位、睡眠障害のパターン、およびうつ病の重症度の評価が行われた。

single blind repeated measurements experiment:単盲法反復測定実験
Sleep Disturbance:睡眠障害


RESULT: Among sleep variables, length of time taken to fall asleep, severity of insomnia, and self satisfaction with sleep were improved for the 60%(p=.000, p=.000, p=.000) and 100%(p=.000, p=.000, p=.000) week while the severity of depression was improved only for the 100%(p=.002)week.

結果:
睡眠変数の中で、眠りにかかった時間、不眠の重症度、および睡眠自己満足が60%ラベンダー芳香治療週(p=.000, p=.000, p=.000)および100%ラベンダー芳香治療週(p=.000, p=.000, p=.000)間に改善されて、一方、うつ病の重症度は100%ラベンダー芳香治療週(p=.002)の期間だけに改善された。

sleep variables:睡眠変数


CONCLUSION: According to the study results, it can be concluded that the lavender fragrance had a beneficial effect on insomnia and depression in women college students. Repeated studies are needed to confirm effective proportions of lavender oil and carrier oil for insomnia and depression.

結論
研究結果によると、ラベンダーの芳香が女子大生における不眠とうつ病に有益な影響を与えたと結論づけることができます。 反復研究が、不眠とうつ病にたいするラベンダーオイルとキャリアオイルの効果的な割合を確認することが必要である。


PMID: 16520572 [PubMed - in process]


ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所へ 送料無料キャンペーン中

ティートリー、スパイクナードのオイルプレゼント(締切り日3月19日)
応募をお待ちしてます。

|

« ザクロ種子油の免疫および脂質代謝効果 | Main | しこいわしオリーブ漬けとたこのマリネ写真 »

Comments

うつは流行っていますね。
まるで感染でもするようです。
「心の風邪」と、話している人もいます。
香りで癒されるのに。
やはり予防が一番でしょうか。
一度なったら、なかなか取り戻せません。

Posted by: takako | March 19, 2006 at 11:02 PM

いつもコメントありがとうございます。

これから本格的な春が来ると心が安定しない人が増えてきます。

うつ病の薬によって改善されることもあると聞きますがうつになる原因は人それぞれでエビデンスをとることはできません。心の病はエビデンスのない療法でもよくなることも多いと聞ています。その点香りの効果はエビデンスもでていますので医療に積極的に取り入れられといいと思います。

香りによって雰囲気も変わります。ちょっとしたことで人はポジティブになれて変身することができます。それがアロマでできたら良いですね。

大変なことと思いますが医療にアロマ取り入れる看護師さんとして頑張ってください。

Posted by: フィトアロマ研究所 | March 20, 2006 at 10:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/9076594

Listed below are links to weblogs that reference 看護科女子大生不眠・うつ病へのラベンダー効果:

« ザクロ種子油の免疫および脂質代謝効果 | Main | しこいわしオリーブ漬けとたこのマリネ写真 »