« 油脂について考える | Main | バジルオイル・精油抗にきび効果アロエベラジェルで増強 »

March 27, 2006

イヌザンショウ・エセンシャルオイルヒト肝癌細胞細胞自然死誘発

The essential oils from Zanthoxylum schinifolium pericarp induce apoptosis of HepG2 human hepatoma cells through increased production of reactive oxygen species.

イヌザンショウの果皮からのエセンシャルオイルは活性酸素種の産生増大を通してHepG2ヒト肝癌細胞の細胞自然死を誘発

Zanthoxylum schinifolium:イヌザンショウ、ミカン科
apoptosis :細胞自然死、アポトーシス
reactive oxygen species:活性酸素種
hepatoma cells:ヒト肝細胞癌細胞
reactive oxygen species:活性酸素種

PUBMEDより

1: Biol Pharm Bull. 2005 May;28(5):802-7.

Paik SY, Koh KH, Beak SM, Paek SH, Kim JA.

College of Medicine, The Catholic University of Korea, Seoul 137-701, Korea.

The volatile extract from dried pericarp of Zanthoxylum schinifolium that was obtained by simultaneous distillation with dichloromethane and water was composed of 29.9% geranyl acetate, 15.8% citronella, 15.4% sabinene and the minor volatile components included beta-myrcene, linalool, (-)-isopulegol, citronellyl acetate, 1,4-dimethyl pyrazole, alpha-terpinene, 3-methyl-6-(1-methylethyl)-2-cyclo-hexene-1-o1 and trans-geraniol.

ジクロロメタンおよび水で同時蒸留によって得られたイヌザンンショウの乾燥果皮からの揮発性抽出物の組成は、酢酸ゲラニル(29.9%)、シトロネラ(15.8%)、サビネン(15.4%)および少量芳香成分としてはβ―ミルセン、リナロール、(-)-イソプレゴール、酢酸シトロネリル、1,4-ジメチル ピラゾール、α-ピネン、3-メチル-6--(1-メチルエチル ) -2-シクロ-ヘキセン-1-o1およびトランスーゲラニオールである。

methylethyl :メチルエチル
Cyclohexene:シクロヘキセン
Isopulegol イソプレ ゴール
Citronellyl Acetate:酢酸シトロネリル
dichloromethane :ジクロロメタン、塩化メチレン
dimethyl pyrazole ジメチル ピラゾール
methyl :メチル、メチル基
methylethyl :メチルエチル
Cyclohexene(シクロヘキセン

The volatile extract decreased the cell viability and induced apoptotic death in HepG2 human hepatoma cells in a concentration- and time-related manner. In addition, the volatile extract increased the production of reactive oxygen species in a dose-dependent manner.

芳香抽出物は細胞の生存を減少させて、濃度および時間の関係でHepG2ヒト肝細胞癌細胞の細胞自然死を誘発させた。さらに、芳香抽出物は容量依存的な方法で活性酸素種の産生を増加させた。

cell viability :細胞の生存

Pretreatment of the cells with Trolox, a well-known antioxidant, significantly suppressed the generation of reactive oxygen species and cell death induced by the extract.

抗酸化物質として知られているトロロックスで細胞の前治療は、顕著に活性酸素種および芳香抽出物によって誘発された細胞死の発生を抑制した。

Trolox:トロロックス=ビタミンEの類似体で抗酸化力を測る際の比較対照 として使用される

However, caspase-3 activity was not changed in the extract-treated cells, suggesting that the extract-induced apoptosis of HepG2 cells is caspase-3 independent.

しかし、カスパーゼ-3作用は芳香抽出物治療の細胞で変化しなかった。このことはHepG2細胞の芳香抽出誘発細胞自然死はカスパーゼ-3とは独立していたことを示唆した。

caspase-3:カスパーゼ-3
カスパーゼ-3:タンパク質を分解するなどしてアポトーシス(細胞自然死)を決行させる

Furthermore, in nude mice inoculated with Huh-7 human hepatoma cells, the extract significantly inhibited tumor development. These results suggest that the volatile extract from Zanthoxylum schinifolium pericarpium is a good candidate for hepatocellular carcinoma (HCC) therapy and that reactive oxygen species are the key signaling molecules in the volatile extract-induced cell death in HepG2 cells.

さらに、Huh-7肝細胞癌細胞を接種されたヒトヌードマウスにおいて、芳香抽出物は著しく腫瘍増殖を抑制した。これらの結果は、イヌザンショウからの芳香抽出物は極めて肝細胞癌(HCC)治療にたいする良い候補で、活性酸素種はHepG2ヒト肝細胞癌細胞で芳香抽出物誘発細胞自然死において主要なシグナル伝達分子である。

hepatocellular carcinoma 肝細胞癌
reactive oxygen species 活性酸素種
signaling molecules シグナル伝達分子

PMID: 15863882 [PubMed - indexed for MEDLINE]

ティートリー、スパイクナードのオイルプレゼント(締切り日3月31日)
応募をお待ちしています。

ネパール原産フユサンショウオイル、ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所

|

« 油脂について考える | Main | バジルオイル・精油抗にきび効果アロエベラジェルで増強 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/9285508

Listed below are links to weblogs that reference イヌザンショウ・エセンシャルオイルヒト肝癌細胞細胞自然死誘発:

« 油脂について考える | Main | バジルオイル・精油抗にきび効果アロエベラジェルで増強 »