« ブルガリア・ローズ オットー1g モレシャンストリー | Main | 看護科女子大生不眠・うつ病へのラベンダー効果 »

March 12, 2006

ザクロ種子油の免疫および脂質代謝効果

Dietary effect of pomegranate seed oil on immune function and lipid metabolism in mice.

マウスにおける免疫機能および脂質代謝へのザクロ種子油の飼料効果

PUBMEDより

1: Nutrition. 2006 Jan;22(1):54-59. Epub 2005 Oct 12.

Yamasaki M, Kitagawa T, Koyanagi N, Chujo H, Maeda H, Kohno-Murase J, Imamura J, Tachibana H, Yamada K.

Department of Biochemistry and Applied BioScience, Faculty of Agriculture, Miyazaki University, Miyazaki, Japan; Laboratory of Food Chemistry, Division of Applied Biological Chemistry, Department of Bioscience and Biotechnology, Faculty of Agriculture, Kyushu University, Fukuoka, Japan.
宮崎大学、農学部、九州大学、農学部


OBJECTIVES: We evaluated the effects of dietary pomegranate seed oil (PSO), which contains high levels of punicic acid (9c, 11t, 13c-octadecatrienoic acid), on immune function and lipid metabolism in C57BL/6N mice. METHODS: Mice were fed experimental diets containing 0%, 0.12%, or 1.2% PSO for 3 wk.

目的:
C57BL/6Nマウスにおける免疫機能および脂質代謝への高濃度プニカ酸(9シス, 11トランス, 13シス-オクタデカトリエン酸)を含有している食用ザクロ種子油の効果を評価した。

Punicic acid :プニカ酸

METHODS: Mice were fed experimental diets containing 0%, 0.12%, or 1.2% PSO for 3 wk.

方法:
マウスは3週間ザクロ種子油を0%, 0.12%, または1.2%含有する実験的食餌で飼育された。


RESULTS: No significant differences were observed between growth patterns of the experimental groups. Splenocytes isolated from mice fed 0.12% or 1.2% PSO produced larger amounts of immunoglobulins G and M but not immunoglobulin A irrespective of stimulation with or without phorbol 12-myristate 13-acetate and the calcium ionophore A23187.

結果:
どんな顕著な違いも実験群の成長経過間で観測されませんでした。ザクロ種子油0.12% または1.2%で飼育されたマウスから単離した脾細胞は、ホルボール 12-ミリステート 13-アセテートおよびカルシウムイ. オノフォア A23187の刺激有無にかかわりなく、多量の免疫グロブリンのG およびMを産生したが免疫グロブリンAは産生しなかった。

Splenocyte:脾細胞
growth patterns 成長経過
immunoglobulins :免疫グロブリン
irrespective of :~にかかわりなく、関係なく
Phorbol-12-myristate-13-acetate(PMA):ホルボール 12-ミリステート 13-アセテート。マウス皮膚腫瘍プロモーターです
calcium ionophore A23187:カルシウムイ. オノフォア A23187


Dietary PSO did not affect the percentages of B cells or CD4-positive or CD8-positive T cells in splenocytes. Levels of interleukin-4, interferon-gamma, and tumor necrosis factor-alpha production from splenocytes were comparable among all dietary groups.

食用ザクロ種子油は脾細胞におけるB細胞およびCD4陽性またはCD8陽性T 細胞の割合には影響しなかった。インターロイキン-4、インターフェロンγの濃度および脾臓細胞からの腫瘍壊死因子-アルファ産出は全ての食用ザクロ種子油郡の間で比較しえるものであった。

CD8-positive T cells CD4陽性T 細胞
interferon-gamma インターフェロンγ
tumor necrosis factor;TNF)腫瘍壊死因子
tumor necrosis factor-alpha production :腫瘍壊死因子(TNF)-アルファ産出

Analysis of serum lipid parameters showed significant increases in serum triacylglycerol and phospholipid levels but not in total cholesterol in the PSO groups. Serum, liver, epididymal, and perirenal adipose punicic acid levels were high with increases in dietary PSO level.

血清脂質パラメーターの分析では血清トリアシルグリセロールおよび血清リン脂質の濃度を顕著に増加させたがザクロ種子油郡において総コレステロールは増加させなかった。血清、肝臓、精巣上体、および脂肪被膜のプニカ酸濃度は食用ザクロ種子油濃度増加つれて高くなった。

serum lipid:血清脂質
serum triacylglycerol:血清トリアシルグリセロール
phospholipid リン脂質
epididymal :精巣上体
perirenal adipose 脂肪被膜


However, punicic acid was not detected in splenocytes for any dietary group. Interestingly, 9c, 11t-conjugated linoleic acid level could be detected in serum, liver, and adipose tissues in mice fed the 0.12% or 1.2% PSO diet.

しかし、プニカ酸はどの食物用ザクロ種子油郡対して脾臓細胞に検出されなかった。興味深いことには、9シス, 11 トランス共役リノール酸濃度はザクロ種子油0.12% または1.2%で飼育されたマウスにおける血清、肝臓、および脂肪組織で検出することができるだろう。

conjugated linoleic acid 共役リノール酸
adipose tissue :脂肪組織


CONCLUSIONS: These results suggest that PSO may enhance B-cell function in vivo.

結論:
これらの結果はザクロ種子油が生体内でB細胞機能を増強することを示唆している。

in vivo :インビボ、生体内の、

PMID: 16226015 [PubMed - as supplied by publisher]

考えたこと

今回、翻訳していて血清の中での脂質の役割が良く分かっていないためただ文章を翻訳してしまった。それには脾細胞と脂質との関係が良く理解できてないからである。キャリアオイルの勉強すると体内での脂質の代謝を勉強しました。そこで摂食したオイルが代謝して最後には炎症を起こす原因になることを勉強したが脂質と免疫については良く理解していない。ここで、脂質も免疫に関係していることを学んだ。

今回の実験は摂食したことの研究であるがアロマセラピーでは植物油をマッサージに使用します。植物油はけい皮吸収により皮膚から毛細血管に入っていきます。植物油にはそれぞれの脂肪酸が含有していますので、
脂肪酸の特性を理解することによりエセンシャルオイルとの相乗効果が期待されます。エセンシャルオイルの作用の勉強と共に植物油の治癒特性を研究する必要があります。

キャリアオイルの選択によってより良いトリートメント効果が期待できるかも?


ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所

ティートリー、スパイクナードのオイルプレゼント、送料無料キャンペーン中

|

« ブルガリア・ローズ オットー1g モレシャンストリー | Main | 看護科女子大生不眠・うつ病へのラベンダー効果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/9057534

Listed below are links to weblogs that reference ザクロ種子油の免疫および脂質代謝効果:

« ブルガリア・ローズ オットー1g モレシャンストリー | Main | 看護科女子大生不眠・うつ病へのラベンダー効果 »