« 褥瘡管理における自然療法 | Main | ローズマリー精油の高血糖およびインスリン分泌抑制効果 »

March 05, 2006

セージ葉抽出物の血糖低下作用

Effect of Salvia officinalis L. leaves on serum glucose and insulin in healthy and streptozotocin-induced diabetic rats.

健康なラットおよびストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットにおける血中グルコースおよびインスリンへのセージ葉の作用

Salvia officinalis L.:セージ
serum glucose 血中グルコース
streptozotocin-induced diabetic rats:ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラット


PUBMEDより

J Ethnopharmacol. 2005 Sep 14;100(3):310-3.

Eidi M, Eidi A, Zamanizadeh H.

Department of Biology, Varamin Institute, Islamic Azad University, Varamin, Tehran, Iran. eidi@iauvaramin.asc.ir

The leaves of sage (Salvia officinalis L., Lamiaceae) are reported to have a wide range of biological activities, such as anti-bacterial, fungistatic, virustatic, astringent, eupeptic and anti-hydrotic effects.

セージ(Salvia officinalis L., シソ科)は、抗菌作用、抗真菌作用、抗ウイルス作用、収斂作用、消化作用およびanti-hydrotic作用などの幅広い生物学的作用があることが報告されている。

antibacterial :抗菌性の、抗菌効果のある、
Lamiaceae:シソ科
fungistatic :抗真菌作用
virustatic :ウイルス増殖を抑止する
astringent :収斂性作用
eupeptic :消化の正常な
anti-hydroticの訳語は調べることができなかった。

To determine the hypoglycaemic effect of sage leaves, we investigated the effects of essential oil and methanolic effect of the plant on healthy and streptozotocin-induced diabetic rats.

セージの葉の血糖低下作用を決定するために、健康なラットおよびストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットへのエセンシャルオイルの作用および植物性メタノールの作用を研究した。

hypoglycemic action :血糖低下作用
methanolic:メタノールの

The animals were made diabetic using by streptozotocin (70 mg/kg, i.p.). The methanolic extract (100, 250, 400 and 500 mg/kg) and essential oil (0.042, 0.125, 0.2 and 0.4 ml/kg) were injected intraperitoneally.

ラットはストレプトゾトシン(70 mg/kg, i.p.)によって糖尿病を誘発した。メタノール抽出物(100, 250, 400 and 500 mg/kg)およびエセンシャルオイル(0.042, 0.125, 0.2 and 0.4 ml/kg)が腹腔内に投与された。

intraperitoneally :腹腔内に


The control groups were administered water and sunflower oil as vehicles of methanolic extract and essential oil, respectively. Blood samples were obtained from retro-orbital sinus before administration and 1, 3 and 5 h after administrations.

対照郡は、メタノール抽出物およびエセンシャルオイルのキャリアとして水とサンフラワーオイルと水が投与された。血液サンプルは、投与前と投与後1時間30分および5時間に後方の眼窩洞から入手しました。

retro-orbital sinus:後方の眼窩洞
retro- :後方へ、逆に、逆~
orbital :眼窩の

The serum glucose was measured by the enzymatic method of glucose oxidase. The results showed that the essential oil of sage did not change serum glucose, while the plant extract significantly decreased serum glucose in diabetic rats in 3h without effect on insulin releasing from the pancreas but not in healthy rats.


血中グルコースはグルコース酸化酵素の酵素法によって測定された。その結果は、セージのエセンシャルオイルは血中グルコースを変化させなかったことを示めした。一方、植物抽出物は顕著にすい臓からのインスリン放出に作用しなくて3時間で糖尿病ラットにおける血中グルコースを低下させたが健康なラットでは低下が起こらなかった。

enzymatic method 酵素法
glucose oxidase:グルコース酸化酵素
pancreas :膵臓


Also, the LD(50) of the methanolic extract is measured (4000 mg/kg, i.p.). The present data indicate that sage extract has hypoglycaemic effect on diabetic animals and the plant should be considered in future therapeutic researches.

また、メタノール抽出物のLD(50)は測定している。(4000mg/kg、i.p.)。 現在のデータは次のことを示している。セージの抽出物が糖尿病ラットへの血糖低下作用があって、植物は更なる治療法研究で検討すべきである。

enzymatic method 酵素法
glucose oxidase:グルコース酸化酵素
pancreas :膵臓


PMID: 16125023 [PubMed - indexed for MEDLINE]

考えたこと

エセンシャルオイルの糖尿病に関する血糖低下作用を検索していたらこの文献に出会いました。イランイランおよびゼラニームの文献を探したが見つかりませんでした。今回の文献で同じセージの葉から取られた化学物質でも抽出法が違うと作用も違ってきます。エセンシャルオイルは水蒸気蒸留法で抽出
物は溶剤抽出法です。エセンシャルオイルは低分子のものが主要です。溶剤
の方は溶剤にもよりますが大きい分子のものが含有されています。含有成分の違いによって作用も違ってくるのだと思います。

化粧品の成分表示になるとエセンシャルオイルは香料と表示されます。溶剤抽出物はエキスと表示されます。よく植物エキス配合と表示されているのは
溶剤抽物だと思います。

化粧品に入っている植物の成分はどのようにして得られたのかを知ることも大切だと思います。

|

« 褥瘡管理における自然療法 | Main | ローズマリー精油の高血糖およびインスリン分泌抑制効果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/8960506

Listed below are links to weblogs that reference セージ葉抽出物の血糖低下作用:

« 褥瘡管理における自然療法 | Main | ローズマリー精油の高血糖およびインスリン分泌抑制効果 »