« 男女では同じ仕事を別々の脳領域使用 | Main | 空腹コントロールホルモン解明 »

March 22, 2006

犬の掻痒性皮膚炎へのティートリーオイル効果

Topical tea tree oil effective in canine localised pruritic dermatitis--a multi-centre randomised double-blind controlled clinical trial in the veterinary practice.

犬の局在掻痒性皮膚炎における局所ティトーリーオイル効果―獣医臨床での多施設無作為二重盲検対照臨床試験

veterinary practice.:獣医臨床
canine :犬科の動物
pruritic dermatitis :掻痒性皮膚炎

PUBMEDより

1: Dtsch Tierarztl Wochenschr. 2004 Oct;111(10):408-14

Reichling J, Fitzi J, Hellmann K, Wegener T, Bucher S, Saller R.

Inst. Pharmazie und Molekulare Biotechnologie, Ruprecht-Karls-Universitat Heidelberg, Heidelberg.

Tea tree oil, a volatile oil, is well known for its broad antibacterial and antifungal activity. A standardised and stabilised 10% tea tree oil cream was tested against a commercial skin care cream (control cream) in the management of canine localised acute and chronic dermatitis.

芳香オイル、ティートリーはオイルの幅広い抗菌作用および真菌作用はよく知られている。 標準化および安定化したティートリーオイル10%含有のクリームは、犬の局在の急性および慢性皮膚炎管理において市販のスキンケアークリーム(対照クリーム)対して検査された。

antibacterial :抗菌性
antifungal :抗真菌性
dermatitis :皮膚炎


Fifty-seven dogs with clinical manifestations of mostly pruritic skin lesions or alterations, skin fold pyodermas and other forms of dermatitis, corroborated by predominantly positive fungal and bacterial skin isolates, were enrolled by seven practising veterinarians and randomly allocated to two study groups (28:29) and were treated twice daily with a blinded topical preparation.

圧倒的に陽性の真菌および菌性の皮膚分離物によって確認されて、ほとんどの掻痒性皮膚病変または変性した皮下膿皮症および他の形の皮膚炎での臨床症状57匹の犬は7人の開業獣医が登録して、無作為に2つの研究郡(28:29)に割り当てて、盲検性外用薬剤で1日に2回治療した。

clinical manifestations 臨床症状
skin lesions 皮膚病変
skinfold 皮下
pyoderma :膿皮症
corroborate : ~を裏付ける、確証する、確認する
alteration :変更、変性
practising veterinarians:開業獣医


After 10 days of treatment, success rates of 71% for the tea tree oil cream and 41% for the control cream (over-all efficacy documented by the veterinary investigator) differed significantly (p = 0.04), favouring tea tree oil cream treatment.

10日間の治療後に、ティー・トリーオイルの成功率71%で対照クリームの成功率41%((獣医調査官によって記録された総合的薬剤効力)は顕著(p = 0.04)に違って、ティー・トリーオイルクリームを支持した。


Accordingly on day 10, the tea tree oil cream caused significantly faster relief than the control cream (p = 0.04) for two common clinical dermatitis signs, pruritus (occurring in 84 % of dogs) and alopecia. Only one adverse event was reported in the tea tree oil group (suspected not to be causally related to the study drug) and none in the control cream group.


その結果、10日目に、ティートリーオイルクリームは、掻痒症(犬の84%に発症)および脱毛症の一般的な2つの臨床皮膚炎徴候に対して対照クリーム(p = 0.04)より極めて早い軽減を引き起こした。1回の有害事象だけがティートリーオイル郡(治験薬が原因として関係していると疑われないように)で報告され、対照クリーム郡においてはなかった。

alopecia :脱毛症
be causally-related to :原因として~が関係している


The tested herbal cream appears to be a fast-acting safe alternative to conventional therapy for symptomatic treatment of canine localised dermatitis with pruritis.

検査された薬草クリームは犬の局在掻痒性皮膚炎の対処療法ための伝統的療法への速効性のある安全な代替療法であるように思われる。

symptomatic treatment 対症療法

Publication Types:

•Clinical Trial
•Multicenter Study
•Randomized Controlled Trial

PMID: 15568640 [PubMed - indexed for MEDLINE]

ティートリー、スパイクナードのオイルプレゼント(締切り日3月31日)
応募をお待ちしています。

ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所へ 送料無料キャンペーン中


|

« 男女では同じ仕事を別々の脳領域使用 | Main | 空腹コントロールホルモン解明 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/9215442

Listed below are links to weblogs that reference 犬の掻痒性皮膚炎へのティートリーオイル効果:

« 男女では同じ仕事を別々の脳領域使用 | Main | 空腹コントロールホルモン解明 »