« セージ葉抽出物の血糖低下作用 | Main | ザクロエラグ酸紫外線色素沈着阻害効果 »

March 06, 2006

ローズマリー精油の高血糖およびインスリン分泌抑制効果

Hyperglycemic and insulin release inhibitory effects of Rosmarinus officinalis.

ローズマリーの高血糖およびインスリン分泌抑制効果

hyperglycemic :高血糖性の
insulin release インスリン分泌

PUBMEDより

J Ethnopharmacol. 1994 Jul 22;43(3):217-21.

al-Hader AA, Hasan ZA, Aqel MB.

Department of Physiology, Faculty of Medicine, Jordan University of Science and Technology, Irbid.

The effects of the volatile oil extracted from the leaves of Rosmarinus officinalis on glucose and insulin levels were investigated in normal rabbits, after the administration of an intraperitoneal glucose tolerance test (GTT). Also, the effects of the volatile oil on fasting plasma glucose levels, were studied in alloxan diabetic rabbits.

腹腔内ブドウ糖負荷試験(GTT)の投与後、ブドウ糖およびインスリン濃度へのローズマリーの葉から抽出されたエセンシャルオイル作用が正常ウサギで研究された。また、空腹時血漿グルコース濃度へのエセンシャルオイルの作用が、アロキサン誘発糖尿病ウサギで研究された。

glucose :ブドウ糖、グルコース
intraperitoneal glucose tolerance test, GTT:腹腔内グルコース負荷試験(GTT)
fasting plasma glucose levels:空腹時血漿グルコース濃度

In normal rabbits, the intramuscular (i.m.) administration of the volatile oil (25 mg/kg) produced 20% (P < 0.05), 27% (P < 0.01) and 55% (P < 0.001) increases in plasma glucose levels, above those of control animals, at the 60, 90 and 120 min intervals, respectively, following the administration of the intraperitoneal (i.p.) glucose test.

正常ウサギにおいて、エセンシャルオイル(25mg/kg)の筋肉内(i.m.)投与は、それぞれの
腹腔内グルコース負荷試験(GTT)の投与に続いて、60分,90分および120分間隔で、対照
動物のそれらより上で、血漿グルコース濃度で20% (P < 0.05), 27% (P < 0.01) および55% (P < 0.001)の上昇を生じた。

The same treatment also resulted in a 30% (P < 0.002) decrease in serum insulin level, in comparison with that of control rabbits at the 30 min interval.

また、同様な処置は、30分間隔で対照ウサギと比較して、血清インスリン濃度で30%(P<0.002)の減少をもたらしました。

serum insulin level:血清インスリン濃度

In alloxan diabetic rabbits, R. officinalis volatile oil increased fasting plasma glucose levels by 17% (P < 0.05) above those of untreated animals 6 h after its administration. These data suggest that the volatile oil of R. officinalis has hyperglycemic and insulin release inhibitory effects in the rabbit.

アロキサン誘発糖尿病ウサギで、ローズマリーオイルは、腹腔内グルコース負荷試験(GTT)の投与後6時間で未処置動物のそれらより上で、空腹時血漿グルコース濃度17% (P < 0.05)まで上昇させた。

PMID: 7990497 [PubMed - indexed for MEDLINE]

考えたこと

今回の文献訳は単語を訳しただけでいい文章になっていない。Aboveの訳し方が文章の連結のなかで上手く訳せていないです。また、糖尿病に関してあまり理解していないので良い表現が見出せなかった。

エセンシャルオイルで血糖をマッサージなどによって下げる文献を探したが発見できなかった。血糖をコントールするメカニズムを良く理解できれば、影響を与える、臓器、ホルモンに作用するオイルを選択すれば間接的に血糖を下げることができるのでは
ないのかと思った。

関節的に作用するためのエセンシャルオイルの使い方で今度検索をしてみるつもりです。

ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所
送料無料キャンペーン中

|

« セージ葉抽出物の血糖低下作用 | Main | ザクロエラグ酸紫外線色素沈着阻害効果 »

Comments

エクセレント。
自己血糖測定器を、持ってきてくださる会社の方が、韓国の文献をもってきてくれました。
まだ読んでいませんが・・・・
英語ですから。

ありがとうございます。

Posted by: takako | March 12, 2006 at 05:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/8976705

Listed below are links to weblogs that reference ローズマリー精油の高血糖およびインスリン分泌抑制効果:

« セージ葉抽出物の血糖低下作用 | Main | ザクロエラグ酸紫外線色素沈着阻害効果 »