« イヌザンショウ・エセンシャルオイルヒト肝癌細胞細胞自然死誘発 | Main | フィトアロマテラピー・エセンシャルオイル処方集 »

March 29, 2006

バジルオイル・精油抗にきび効果アロエベラジェルで増強

The effect of aloe vera gel on the anti-acne properties of the essential oil of Ocimum gratissimum Linn leaf – a preliminary clinical investigation

最初の臨床研究 バジルエセンシャルオイルの抗にきび特性についてのアロエベラジェル効果

L. O. Orafidiya ,, a, E. O. Agbani a, A. O. Oyedele a, O. O. Babalola b, O. Onayemi c and F. F. Aiyedun a

a Department of Pharmaceutics, Faculty of Pharmacy, Obafemi Awolowo University, Ile-Ife, Nigeria

b Department of Clinical Pharmacy and Pharmacy Administration, Faculty of Pharmacy, Obafemi Awolowo University, Ile-Ife, Nigeria

c Department of Dermatology and Venereology, College of Health Sciences, Obafemi Awolowo University, Ile-Ife, Nigeria

Available online 24 March 2004.

Abstract

Aim: This study was designed to investigate possible synergistic effect of aloe vera gel on the anti-acne properties of Ocimum gratissimum oil and to compare the activities of both agents singly and in combinations with the anti-acne agent Dalacin™ – a 1% Clindamycin phosphate solution.

目的: 本研究は、バジルオイルの抗にきび特性へのアロエベラジェル相乗効果の可能性を調査することで、単独および抗にきび薬剤との併用で、両薬剤の活性を比較するように計画されました。


Methods: 84 subjects presenting with clinically significant Acne vulgaris (mainly undergraduates of a University) were randomly assigned into seven groups and treated with different test preparations (2% v/v Ocimum oil lotion containing graded concentrations (0–≈100%) of aloe gel, placebo or control preparations).

方法: 臨床的に重要なにきび(主に大学の大学生)を発症している84の被験者は無作為に7郡に割り当てられて、様々な検査薬で治療した。(アロエベラジェルの濃度グレード(0–≈100%)含有のバジル2%ローション、プラシーボまたは対照製剤)


Samples tested were applied to the face after washing morning and evening. The numbers of inflammatory lesions (papules and pustules) were counted prior to application and daily for 4 weeks. The efficacy of the preparations was rated in terms of product activity (1/D), which is the reciprocal value of the number of days taken to achieve 50% reduction in lesion count.


朝夕の洗顔後、検査用サンプルは顔に塗布されました。炎症病変(丘疹と膿疱)の数は4週間毎日塗布に数えられました。 製剤の効力は製品活性の観点から評価されました。それは、病変数の50%減少達成に要する日数の相互的な値である。)

papule :丘疹
pustule:小膿疱、吹出物
reciprocal value 抗体価
reciprocal value 相互的価値
reciprocal :相互の、相互交換の


Results: The efficacy of the Ocimum oil lotion products increased with increasing aloe gel contents. Products formulated with the undiluted or 50% aloe gels were most active and resolved inflammatory lesions faster than the standard product. The aloe gel alone showed minimal activity. Adverse effect was mild and tolerable.

結果:バジルオイル・ローションの効力はアロエジェル含有量増加共に増大した。不希釈または50%アロエジェルで処方された製品は最も活性的で標準の薬剤より早期に炎症病変を消失させた。アロエジェル単独で最小活性を示した。副作用は軽度で耐えられる。

adverse effect :、副作用、悪影響


Conclusion: Aloe vera gel enhanced the anti-acne properties of Ocimum oil; the oil or its combination with aloe vera gel is more effective than 1% Clindamycin in the treatment of Acne vulgaris.

結論: アロエベラジェルはバジルオイルの抗にきび特性を増強した。バジルオイルまたはアロエベラジェルとの併用はにきび治療における1%クリンダマイシンリンよりさらに効果的である。

Clindamycin:クリンダマイシンリン、抗生物質のにきび治療クリーム

Author Keywords: Author Keywords: Aloe vera gel; Ocimum gratissimum essential oil; Acne vulgaris treatment; Clindamycin

著者キーワード:アロエベラジェル、バジルエセンシャルオイル、にきび治療、クリンダマイシンリン

ティートリー、スパイクナードのオイルプレゼント(締切り日3月31日)
応募をお待ちしています。

ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所へ 送料無料キャンペーン中

|

« イヌザンショウ・エセンシャルオイルヒト肝癌細胞細胞自然死誘発 | Main | フィトアロマテラピー・エセンシャルオイル処方集 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/9305017

Listed below are links to weblogs that reference バジルオイル・精油抗にきび効果アロエベラジェルで増強:

« イヌザンショウ・エセンシャルオイルヒト肝癌細胞細胞自然死誘発 | Main | フィトアロマテラピー・エセンシャルオイル処方集 »