« ウコン成分と乳癌転移予防 | Main | どの症状にどの補完・代替療法が有益か? »

March 16, 2006

疼痛管理における補完・代替療法

Complementary and alternative therapies: what is their place in the management of chronic pain?

補完・代替療法:慢性疼痛管理でその位置はなんですか。

what is their place in the management of chronic pain?

慢性の痛みの管理におけるそれらの場所は何ですか?

PUBMEDより

Nurs Clin North Am. 2003 Sep;38(3):495-508.

Snyder M, Wieland J.

School of Nursing and Center for Spirituality and Healing, University of Minnesota School of Nursing, 6-101 Weaver-Densford Hall, 308 Harvard Street SE, Minneapolis, MN 55455-0342, USA. snyde002@umn.edu

Nurses have used complementary therapies for many years to relieve anxiety, promote comfort, and reduce or alleviate pain. The therapies described in this article are examples of the many therapies available for nurses to consider when planning care for patients with chronic pain.

看護師は、長年にわたって、不安緩和、安らぎの促進、および疼痛の軽減また緩和に対して補完療法を用いてきた。 この記事に説明された療法は、看護師が、慢性疼痛患者のための看護を計画していると考えるときに利用可能な多くの療法に関する例である。

The increasing body of scientific knowledge is providing more guidance about the efficacy of specific therapies. As with all interventions, ongoing evaluation about the effectiveness of a therapy for each patient is an important component of quality nursing care.

数多くの科学知識の増加は特異的療法の有効性関して、より多くのガイダンスを提供している。すべての介入によって、各患者にたいする療法の有効性に関する継続的評価は看護ケアーの重要な要素である。

Complementary therapies provide an avenue for nurses to be autonomous in furthering the relief of chronic pain, as many of these therapies fall within the domain of nursing.

補完療法は、多くのこれらの療法が看護の領域内に当てはまるので看護師が慢性疼痛の緩和を促進することにおいて自主的である道を提供する。

autonomous : 自主的な、自立した、自治の、自動調整

Incorporating selected therapies into the plan of care provides multiple opportunities for nurses to demonstrate caring, a premier characteristic of nursing.

看護計画の中に選択した療法を取り入れることは、看護の最初の特性ある看護を看護師が示すための複合的機会を提供する。

A number of the complementary therapies, such as journaling, hand massage, and imagery, can be taught to patients and their families, thus promoting self-care.

日記を書くこと、ハンドマッサージ、およびイメージなどの数多くの補完療法は患者およびその家族に教えられていて、その結果、セルフケアを促進している。

Anecdotal evidence and findings from numerous smaller studies provide some support for the use of many complementary therapies to manage chronic pain or their use as adjuncts in the treatment regimen.

事例証拠および多数の小規模研究から結果は、慢性疼痛管理ための数多くの補完療法使用または治療計画における補助療法としてそれらの使用にたいして何らかの支持を提供する。

Anecdotal evidence 事例証拠
treatment regimen 治療計画

Still, the nurse must weigh the risks and benefits before suggesting a therapy to a patient. Evaluating the effectiveness of the complementary therapy to promote comfort in patients with chronic pain is essential.

それでも、療法を患者に示すまえに、看護師は危険性および有益性を検討しなければならない。慢性疼痛患者の緩和促進のために補完療法の有効性を評価することは不可欠である。

Obtaining this information is not only critical to the care of a particular patient, but these data will assist nurses in learning more about specific therapies. Most importantly, nurses need to pursue research to further the scientific basis for many of the complementary therapies.

この情報を得ることは特定患者の看護に重要であるだけでなくて、これらのデータが特異的療法に関して学習において看護師に役立つことになるだろう。 最も重要なことは、看護師が多くの補完療法にたいして科学的根拠を推進するための研究を追跡する必要がある。

[PubMed - indexed for MEDLINE]

ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所へ 送料無料キャンペーン中

ティートリー、スパイクナードのオイルプレゼント(締切り日3月19日)
応募をお待ちしています。

 

|

« ウコン成分と乳癌転移予防 | Main | どの症状にどの補完・代替療法が有益か? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/9122898

Listed below are links to weblogs that reference 疼痛管理における補完・代替療法:

« ウコン成分と乳癌転移予防 | Main | どの症状にどの補完・代替療法が有益か? »