« 卵巣がんジンジャーで治療 | Main | 米国当局シリコン ジェル乳房インプラント研究を検討 »

April 13, 2006

赤唐辛子カプサイシンによってすい臓がん進行停止

Progress of pancreatic cancer halted by capsaicin in red chili

Capsaicin, which is the "hot" ingredient in red chili pepper, has the potential to fight cancer or slow the progress of tumors in pancreatic cancer in mice, a new study has suggested. The study, which was presented at the annual meeting of the American Association for Cancer Research (AACR), found that capsaicin caused the death of pancreatic cancer cells by a process called apoptosis.

赤唐辛子おいての辛み成分であるカプサイシンはすい臓がんのマウスでがんとの闘いまた腫瘍の進行を遅らせる可能性があります。と新研究は示唆した。米国癌学会議(AACR)の年次総会に提出された研究は、アポトーシスよばれる過程によってすい臓がん細胞の死を引き起こした。


pancreatic cancer:すい臓がん
red chili 赤唐辛子
American Association for Cancer Research (AACR):米国癌学会議(AACR),
apoptosis :アポトーシス、細胞自然死

真正ラベンダーオイルプレゼント(締切り日4月16日)応募をお待ちしています。

ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所へ

|

« 卵巣がんジンジャーで治療 | Main | 米国当局シリコン ジェル乳房インプラント研究を検討 »

Comments

また寄らせていただきます。こちらのサイトにも情報がありますので、よろしければご覧下さい。

Posted by: すい臓がんの予後 | November 23, 2008 at 03:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/9569321

Listed below are links to weblogs that reference 赤唐辛子カプサイシンによってすい臓がん進行停止:

« 卵巣がんジンジャーで治療 | Main | 米国当局シリコン ジェル乳房インプラント研究を検討 »