« ザクロ種子油(ザクロシードオイル)の美容効果 | Main | ザクロ種子油健康に良い共役リノール酸(プニカ酸)含有 »

April 27, 2006

ディエットアロマ・エセンシャルオイル・精油使用上の注意

DietaromaのLe Guide des Huiles Essentiellesより

Precautions in use

使用上の注意  

Whatever essential oils are used for, a number of major precautions need to be taken :

エセンシャルオイルを使用にあたりどのような場合でもいくつかの注意をすることがあります。

only use products meeting strict qualitative criteria (Latin name, chemotypes, part of plants used, etc.),

厳しい品質基準に合格したオイルのみ使用(植物の学名、ケモタイプ、抽出部位などの表記)

never apply essential oil on the urogenital areas, eyes and auditory meatus,

エッセンシャルオイルを泌尿生殖器部位、目、および外耳道に決して塗布しないでください。

great care must always be taken with patients presenting known conditions (personal or family) likely to produce allergies: particularly in connection with use via the respiratory tract or on the skin,

特に気道を介してまたは皮膚上の使用に関連して、アレルギーを生じる可能性がある症状(個人または家族)を示している患者にはいつも注意をしなければならない。

respiratory allergies and, in particular, asthmatic conditions constitute a contraindication to aerosols of essential oils,

呼吸器アレルギーおよび、特に喘息症状にはエセンシャルオイルのエアゾールは禁忌になります。

essential oils rich in ketones and lactones are neurotoxic and it is necessary to be careful with the cumulative effect of all absorptions (internal, skin, respiratory, etc.),

ケトンおよびラクトンを多く含有するエセンシャルオイルは神経毒性作用があり、全て吸収されて蓄積効果があるので注意をする必要があります。

take into account that phenols are irritant to the skin and mucous membranes, choose suitable excipients and appropriate concentrations, it is the same for aldehydes,

フェノールは皮膚および粘膜を刺激することを考慮sじて、適切な希釈剤および適切な濃度を選択、このことはアルデヒドにも当てはまります。

never pour essential oils into water, but solubilize them in an appropriate excipient,

エセンシャルオイルを水なかに注がないこと、しかし適切な希釈剤にオイルを可溶化すること。

avoid any exposure to sunlight in the hours following the application or taking internally of a photosensitising essential oil,

感作作用のあるエセンシャルオイルの塗布のあとに数時間のうちに太陽の光を浴びないこと。

do not leave bottles within reach of children,

オイルを子供の手の届かないところに置く

in the event of accidental absorption, get the person to ingest vegetable oil, olive oil, sunflower oil, etc. (1 to 3 tablespoonfuls, never water),

事故で飲んだ場合は、植物油、オリーブオイル、サンフラワーオイルなどを口に含ましてください(1から3テーブルスプーン、決して水は使わないこと

in the event of splashing in the eye, wipe the eye immediately with a swab well soaked with vegetable oil or pour one or more drops of vegetable oil onto the eyeball. It is furthermore desirable to enclose systematically a bottle of vegetable oil with the set of essential oils so that immediate treatment is available,

眼にオイルが入った場合は、植物油に含ました綿棒で即座にふき取ってください、または眼の玉の上に植物油を1滴垂らしてください

peppermint essential oil must never be applied on an extensive area of skin (icy reaction) and is not recommended with children under 30 months,

ペパーミントオイルは皮膚(冷感反応)の広範囲の部位に決して塗布してはいけない、30ヶ月以下の子供には勧められない。

never inject pure essential oils or essential oils in a complex into the veins or muscles,

ピュアーなエセンシャルオイルまたはブレンドエセンシャルオイルを静脈または筋肉に投与してはならない

certain chemotypes of essential oils are potentially allergenic. It is essential for them to be labelled, in cosmetics for example. Always refer to the label.

ある種のケモタイプのエセンシャルオイルは潜在的にアレルギー反応を引き起こします。例えば化粧品においてそれらのことを表示することが必要です。常にラベルの成分を参照してください。

上記内容は、ディエットアロマ社のエッセシャルオイル・ガイド小冊子(43ページ)、Le Guide des Huiles Essentieles 17ページ、Precautions d’emploi内容をディエットアロマ社で英訳したものを和訳したものです。

4月25日に掲載したのを手違いで削除してしっまたのでまた掲載します。


|

« ザクロ種子油(ザクロシードオイル)の美容効果 | Main | ザクロ種子油健康に良い共役リノール酸(プニカ酸)含有 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/9779167

Listed below are links to weblogs that reference ディエットアロマ・エセンシャルオイル・精油使用上の注意:

« ザクロ種子油(ザクロシードオイル)の美容効果 | Main | ザクロ種子油健康に良い共役リノール酸(プニカ酸)含有 »