« 喫煙子宮頸がん発症リスク増大 | Main | 赤唐辛子カプサイシンによってすい臓がん進行停止 »

April 12, 2006

卵巣がんジンジャーで治療

Treating ovarian cancer gingerly

Ginger is known to ease nausea and control inflammation. But researchers at the University of Michigan Comprehensive Cancer Center are now investigating whether it might also be used to help treat ovarian cancer.

ジンジャーは吐き気を緩和して炎症を管理する。しかし、ミシガン大学のComprehensive Cancer Centerは、現在、ジンジャーが卵巣がん治療に役立ち使用できるかもしれないかどうかを研究しています。

In laboratory studies, the U-M researchers found ginger caused ovarian cancer cells to die.

実験研究で、ミシガン大学研究者はジンジャーが卵巣がん細胞を死に至らしめたことを解明した。


単語帳
ovarian cancer :卵巣癌
ginger :生姜、ジンジャー
gingerly :極めて慎重に、非常に用心深く

ジンジャーはショウガ科の植物で根茎を水蒸気蒸留したエセンシャルオイルがあります。オイルの作用は消化促進、健胃、鎮痛、去痰などがあり、食欲不振、消化不良、鼓腸、便秘、リウマチ等に良いとされています。海外ではジンジャジャーのオイルを使用して手術後の吐き気予防に利用しているとの記事を読んだことがあります。

ショウガ科のオイルとしてターメリック(ウコン)、月桃があります。ターメリックには癌の腫瘍を抑制する作用があるとの記事もありました。沖縄の月桃は最近ではよく化粧品に使用されています。

フィトアロマ研究所ではジンジャーとネパール産のターメリックのオイルを扱っています。これらのオイルのエビデンスに関してはこれから掲載する予定です。ショウガ科の植物には何かのパーワーがあるみたいです。

真正ラベンダーオイルプレゼント(締切り日4月16日)応募をお待ちしています。

ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所へ

|

« 喫煙子宮頸がん発症リスク増大 | Main | 赤唐辛子カプサイシンによってすい臓がん進行停止 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/9557536

Listed below are links to weblogs that reference 卵巣がんジンジャーで治療:

« 喫煙子宮頸がん発症リスク増大 | Main | 赤唐辛子カプサイシンによってすい臓がん進行停止 »