« 頭の良い子供の脳の成長は違う | Main | オーストラリアのオイルと芳香蒸留水 »

April 03, 2006

携帯電話の長期ヘビー使用と脳腫瘍の関係

Extensive Cell Phone Use Linked To Brain Tumors, Swedish Study

スウェーデンの研究によると、長年の間1日あたり少なくとも1時間携帯電話使用に費やすと、脳腫瘍発症の危険性は決して使用しない人より240%高いです。 この研究の結果はヒトにとって携帯電話使用が安全であることを示した英国で行われた他の最新研究で2006年1月に発表されたものに反しています。

研究者は、長年の間にわたって携帯電話の大幅ユーザーに対して腫瘍の位置さえ、携帯電話が使用されている頭の側面にあることが多いことを解明した。

この研究はInternational Archives of Occupational and Environmental Health.で読むことができます。

科学者は、悪性脳腫瘍患者905人で携帯電話使用を調べて、905人の健常人の対照郡と悪性脳腫瘍患者905人を比較しました。 すべてのボランティアが20歳から80歳であった。

悪性脳腫瘍患者905人のうちの85人は携帯電話のヘビーユーザでした。ずっと昔に携帯電話を使用し始めて、平均で1日およそ1時間、極めて長時間使用した。

Kjell Mild、研究リーダーによると、ロイター通信社とのインタビューで、危険性減少の最も良い方法はハンズフリーの使用です

研究チームの大幅使用定義は何年間にわたって携帯電話を2,000時間以上使用することを意味します。

単語帳
malignant brain tumor 悪性脳腫瘍

考えたこと

携帯電話と脳腫瘍の関係については良く取り上げられます。以前には安全であるとの記事がでました。それは1月の英国の報告でした。ところが、今回の調査は脳腫瘍患者を調べた結果でした。長期にわたって携帯電話を長時間使用していると携帯電話を使用している側の脳が影響を受けることが分かった。安全だという調査もあるが出来れば携帯電話をあまり使用しないほうがいいのかもしれません。タバコと同じでヘビースモーカーが肺癌になるとはかぎらないですが自分の身体がどのような体質なのかは理解するのは難しいです。自分の
身体をまもるには出来るだけ身体に影響するだろと思われることには近づかないことだと思います。

ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所

|

« 頭の良い子供の脳の成長は違う | Main | オーストラリアのオイルと芳香蒸留水 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/9417090

Listed below are links to weblogs that reference 携帯電話の長期ヘビー使用と脳腫瘍の関係:

« 頭の良い子供の脳の成長は違う | Main | オーストラリアのオイルと芳香蒸留水 »