« ネパール産新オイル:ヨモギ、ターメリック、ウインターグリーンについて | Main | 携帯電話の長期ヘビー使用と脳腫瘍の関係 »

April 02, 2006

頭の良い子供の脳の成長は違う

Smart brains 'grow differently'

利口な人が同僚より抜きん出ているのは、脳の灰白質(情報を処理する脳の部位)より多くあることではなくて、脳部位の発達の違いです。と英科学誌ネイチャーは示唆しています。

米国国立精神保健研究所は307人の子供で思考をつかさどる大脳皮質の発達研究のため脳スキャンを用いた。

頭の良い子は7歳まで大脳皮質が薄い傾向があったがこの薄さは12歳になるまでに急激に厚くなった。

平均的な子供は初期に厚い大脳皮質であって8歳で大きさがピークに達した。

両方のケースで、大脳皮質はこのピークに達すると薄くなってしまうが、大脳皮質が早い年齢で厚みのピークに達すると普通IQの子供においてこのことはより緩やかであった。

研究者は頭の良い子供の早い時期の間の厚さの長期間は高レベル思考回路発達のために脳により多くの時間を与えることになります。

そして、後に急速に大脳皮質が薄くなることは脳が脳活動を能率化するのに応じて未使用神経連絡の萎縮のためであります。

研究者Dr Elias Zerhouniは述べた。「脳研究は、より高いIQsの人々が大きな脳でないことを教えてくれました。」

「脳画像処理技術のおかげで、今日、脳発達の方法で違いがあることを見ることができます。」

長期間の研究

また、この研究に取り組んだDr Judith Rapoportは述べました。 「頭の良い子供はあるどの年齢で灰白質が多いか少ないかある理由のみで頭が良いのではないです。

「むしろ、IQは大脳皮質成熟の力学に関連しています。」

現在、研究者は異なった脳成熟率に関連するかもしれない遺伝的変異を捜し求めています。

この研究論評で、オックスフォード大学のRichard Passingham教授は述べました。一般的知性の偏差は大いに遺伝的な差異によるものだと考えられました。

「脳の構造でのこの発達変化がヒトの遺伝子によって決定されると仮定するのは魅力的です。」と、彼は述べました。

「しかし、そのような結論は極めて慎重であるべきです。」 身体の発達は環境との相互作用に密接に関連しています。

「また、優れた知性がある人々が、より豊かな社会および言語学的環境に生きていて、幼年期後半に前頭前野の厚みにおいて急激な増加を占めるのが、これであるということであるかもしれません。」

単語帳
grey matter :灰白質
cortex :大脳皮質
US National Institute of Mental Health:米国国立精神保健研究所
neural connection :神経連絡
brain imaging technology 脳画像処理技術
Prefrontal Cortex:前頭前野

ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所

|

« ネパール産新オイル:ヨモギ、ターメリック、ウインターグリーンについて | Main | 携帯電話の長期ヘビー使用と脳腫瘍の関係 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/9402133

Listed below are links to weblogs that reference 頭の良い子供の脳の成長は違う:

« ネパール産新オイル:ヨモギ、ターメリック、ウインターグリーンについて | Main | 携帯電話の長期ヘビー使用と脳腫瘍の関係 »