« ネパール原産和ハッカオイル売れる | Main | ザクロ種子油(ザクロシードオイル)の美容効果 »

April 24, 2006

アロマセラピーのパイオニア、ディエットアロマ創立者の物語

The story of an aromatherapy pioneer :

アロマセラピーのパイオニア、Louis Sevelingeの物語
 
Louis Sevelinge did his pharmacy studies in Lyon. For his doctoral thesis in pharmacy, he worked on the works carried out by René Marcel Gattefossé. A chemical engineer, René Marcel Gattefossé was the first person to call treatment using essential oils « Aromatherapy ».

Louis Sevelingeはリヨン大学で薬学の研究をして板。薬学の博士論文のために、ルネ マルセル ガトフォセによって行われた研究に取り組んでいた。化学技術者、ルネ マルセル ガトフォセは、(アロマセラピー)エセンシャルオイルを使用して治療した最初の人と呼ばれていた。。

In 1927, Louis Sevelinge presented his thesis under the title :

1927年、Louis Sevelingeは下記の題名で論文を提出した。

« Le The power of essential oils of mint and of its derivatives ».

ペパーミントエセンシャルオイルおよびその派生物の殺菌の能力

This work gave rise to a veritable passion for aromatherapy and phytotherapy. Having become a dispensing pharmacist, in 1935 he created the first pharmaceutical specialities for internal use based on essential oils.

この論文はアロマセラピーおよび植物療法(フィトセラピー)に対して真の情熱をもたらした。1935年に薬剤師になって、エッセンシャルオイルに基づいた内服使用のための調剤専門家に初めてなった人であります。

In 1945, he founded the Phytaroma pharmaceutical laboratories.

1945年にフィトアロマ薬剤研究所を設立

An aromatherapy and phytotherapy pioneer, he introduced numerous people to his passion, including Doctors Valnet, Quiquandon and Franchomme. He also participated in numerous conferences and published several papers on his research and works.

アロマセラピーおよび植物療法のパイオニア、Louis Sevelingeはバルネ博士、 Quiquandon およびフランコムを含む多くの人々に情熱を伝えた。また、彼は数多くの会議に参加して研究および業績ついてのいくつかの論文を発表した。

En 1966, he created the Diétaroma laboratories and was at the origin of the very first food supplements.

1966年に、ラボワトール・ディエットアロマを設立してまさしくフードサプリメントの発端の人であった。

His qualifications :

資格

Doctor of Pharmacy, Pharmacist at the Lyon university of medicine and pharmacy,
Hygiene and Microbiology Diploma,

薬学博士、リヨン大学医学、および薬学での薬剤師、衛生学および微生物学の学位

Agricultural Geology and Chemistry Certificate,

農業地質学および農化学の資格証書

Agricultural Botany Certificate,

農業植物科学資格証明書 

Science degree (Agronomy Section),

理学博士(農耕学科)

Graduate Bacteriology Laboratory Assistant serving Professor Rochaix,

学士、細菌学研究所でRochaix,教授の助手

In 1945, he created the Phytaroma pharmaceutical laboratories, laboratories to which he devoted himself exclusively from 1967 onwards.

1945年に、1967年以降研究だけに身を捧げたフィトアロマ薬学研究所を設立した。


A few conference papers and publications :

 いくつかの学会論文と刊行物

The author of several conference papers, he participated alongside Doctor FESNEAU,

 著者のいくつかの学会論文、Doctor FESNEAU,博士と並んで参加

in the Milan international aromatherapy congress in 1954,

1954年ミラノ、国際アロマセラピー会議

in the Leyde (Holland) pharmacological science congress in 1956, with a talk on cholesterol,

1956年オランダ、ライデン、 薬理科学会議でコレステロール関する講演

in the Washington biochemistry congress in 1957 with a talk on the infectious nature of leukaemia,

1957年ワシントン、生化学会議で感染性の白血病に関する講演

in the Bienne natural medicine congress in 1976 with a talk on the marvellous power of essences,

1976年ビエンヌ、ナチュラル・メディスン会議で驚嘆すべきエセンスパワーに関する講演

in the Lausanne cosmetics congress in 1977 with a talk on the relationships between aromatherapy and cosmetics,

1977年ローザンヌ、化粧品会議でアロマセラピーと化粧品との関する講演

in the natural medicine congress in Florence in November 1977 with a talk on activity and applications of essential oils in therapies,

1977年フローレンス、ナチュラル・メディスン会議での治療におけるエセンシャルオイルの活性および塗布に関する講演

in the nature congress in Basel in September 1979 with a talk on aromatherapy and bioelectronics.

1979年バーゼル、自然会議でのアロマセラピーおよび生体電子工学に関する講演

He had numerous papers published in magazines like « Le toubib » (« The doctor »), « Pratique et recherche médicale » (« Medical research and practice »).

いくつかの論文を Le toubib(医師)、« Pratique et recherche médicale »(医学研究および実践)などの雑誌に発表。

上記の文章はディエトアロマから送られてきた創立者の英文を訳したものです。創立者の写真はエセンシャルオイルの化粧箱に印刷されています。尚、下記のブログは関連のものです。

フィトアロマ研究所発売オーガニックエセンシャルオイル

ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所へ
ザクロ種子油(ザクロシードオイル)15mlをプレゼント、詳しくはアロマショップWhat's New参照。

|

« ネパール原産和ハッカオイル売れる | Main | ザクロ種子油(ザクロシードオイル)の美容効果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/9751889

Listed below are links to weblogs that reference アロマセラピーのパイオニア、ディエットアロマ創立者の物語:

« ネパール原産和ハッカオイル売れる | Main | ザクロ種子油(ザクロシードオイル)の美容効果 »