« オーストラリア原産ロザリ-ナ(ラベンダーティ-トリー)精油 | Main | 母親のストレス男児流産加速 »

May 16, 2006

プニカ酸とザクロ種子油、補完療法としてのがん治療(乳がん、前立腺がん)

プニカ酸とザクロ種子油、補完療法としてのがん治療

New Developments in the Realm of Complementary Medicine

      “補完医療分野における新展開”

First International Conference of the Society of Interagative Oncology

    第1回腫瘍統合医療学会国際会議

The Journal of Supportive Onclogy

補完的腫瘍学ジャーナルより

PUNICA AID AND POMEGRANATE SEED OIL

プニカ酸およびザクロ種子油(ザクローシードオイル)

テキサスとHaifa,イスラエルよりの国際研究グループによると、これらおよび他の天然プニカ酸豊富な製品は一部の癌の予防に役割があります。彼らは、プニカ酸が他の癌細胞と同じく前立腺および乳癌の癌細胞の増殖を阻害するかどうかを研究した。

テキサス大学MD, ヒューストン,アンダーソンがんセンター,Department of Experimental Therapeutics授,Robart A.Newman Phdは、何故ザクロなのかと問うた。

「ザクロ種子油、ザクロ発酵ジュースおよび果皮」にはポリフェノール化合物を含有し、ヒトの乳癌および前立腺癌をin vitroおよびex vitroで効果的にと相乗的に抑制する。とDr. .Newmanが説明した。注目しているザクロ種子油は大部分をプニカ酸で構成されています。プニカ酸は抗浸潤作用および抗血管形成活性示と同様に炎症抑制力を有していることを示した。

その抜粋で、Dr. .Newmanらは、また、彼らが前立腺癌 細胞株PC3浸潤への純粋プニカ酸を評価したことを説明した。阻害剤としての可能性を見つけて、その作用はルテオリンとカフェー酸(ザクロ果皮およびジュースの化合物)との同量の併用によって相乗的に高まった。と彼は述べて、また、ex vitro でDMBA誘発皮膚腫瘍およびDMBA誘発乳腺腫瘍における純粋のザクロ種子油(化合物のようなプニカ酸を80%以上含有)を検査しことを付け加えた。

ティームは、20週間のザクロ種子油の毎日の塗布は極めて腫瘍発生率を減少させたこと報告した。さらに、ザクロ種子油の2 ug/gは対照に塗布したよりもヒト前立腺癌 細胞株PC3異種移植モデルにおいて腫瘍量の大幅な減少をもたらした。

Dr. .Newmanは、チームは、発酵ジュース、果皮の液体、およびザクロ種子からの油からの製品を計画していますと述べた。その時、彼らは、事前の臨床研究を始めて、結果的に米国食品医薬品局から新薬臨床試験開始届を取得して、調剤した製品を乳癌および前立腺癌に対しての臨床試験に持っていきたいことを望んでいますと述べた。

補完的腫瘍学ジャーナルのその他の記事表題

1.大豆イソフラボンと前立腺癌

2.化学療法およびすい臓癌細胞への植物性エストロゲン作用

3.海草、ミスルトー(宿り木)、およびプニカ酸の研究

4.天然の強壮アロマターゼ阻害薬(ターメリック、紅茶など)

5.クルクミン

6.補完医療臨床試験における一般的な欠陥

The Society for Integrative Oncology (SIO) 腫瘍統合医療学会

The Society for Integrative Oncology (SIO) is a non-profit, multi-disciplinary organization founded in 2003 for health professionals committed to the study and application of complementary therapies and botanicals for cancer patients.

The Society for Integrative Oncology(腫瘍統合医療学会)は、癌患者に対して補完療法および植物性薬剤の適用および研究に専念する腫瘍学専門家のために2003年設立された非営利的で統合的組織です。

It provides a convenient forum for presentation, discussion and peer review of evidence-based research and treatment modalities in the discipline known as integrative medicine.

プレゼンテーション、議論、エビデンスに基づいた研究のピアレビューおよび統合医療として知られている専門分野における治療方式のために使い易いフォーラムを提供します。

It makes a clear distinction between "alternative" or unproven and "complementary" or tested useful therapies in cancer care.

癌治療において「代替療法」または、立証されてない療法および「補完療法」または試験された有用な療法とのの間を明らかに区別します。

考えたこと

ザクロ種子油に関して調べていたらこの文献を見つけました。現在、日本においても統合医旅という概念が広まってきていて医師の集まりの団体も出来ています。統合医療を前面に押し出して治療に当たっている病院もできていますがほとんどの場合は自由診療になることが多いです。

今回の記事で癌専門医が統合医療に関心を持ちあらゆる方面から癌の腫瘍を撲滅するために研究をしていることを知りました。そのなかで、植物の力を借りて癌の治療をすることに関心を持ちました。

精油も植物から出来ます。キャリアオイルは植物の種からです。これらのことを考えるとアロマセラピーには癌の治療に役にたつことがあるかもも知れません。そのためには、アロマセラピストが使用する精油およびキャリアオイルに対して深い洞察が必要になってきます。

現在、ボランティアで行われているホスピスのアロマセラピーマッサージも植物の力に対しての理解が深まれば看護の一つとして音楽療法のように認められると思います。

英国の記事で長年ボランティアでアロマセラピーマッサージを障害者に対して行っていて、その良さが評価されて英国の保険でカバーするようになりました。現在、ボランティアで頑張っているアロマセラピストの方にいつかは英国みたいになると思います。

それには、結果のでるアロマセラピーマッサージをしなければいけないと思います。リラックスのその上の上をいくトリートメントを目標とする。。

精油のある特定な成分が癌細胞をアポトーシス(細胞自然死)へもたらすことがあると出ていました。昔から植物は薬として使用されていました。精油は植物のエキスを凝縮したもですから薬効作用は大いにあると思います。現実にPUBMEDの記事によく出ています。

また、取りとめのないことを書きました。

ザクロ種子油、ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所へ

|

« オーストラリア原産ロザリ-ナ(ラベンダーティ-トリー)精油 | Main | 母親のストレス男児流産加速 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/10103325

Listed below are links to weblogs that reference プニカ酸とザクロ種子油、補完療法としてのがん治療(乳がん、前立腺がん):

« オーストラリア原産ロザリ-ナ(ラベンダーティ-トリー)精油 | Main | 母親のストレス男児流産加速 »