« 和ハッカ、シャクナゲ、ヨモギ、サンダルウッド、ロザリナのオイル各2名計10名様プレゼント | Main | 緩和ケアー患者の不安軽減へのサンダルウッドオイル・精油の効果 »

May 22, 2006

和ハッカ抽出物の放射線防御効果

Influence of the leaf extract of Mentha arvensis Linn. (mint) on the survival of mice exposed to different doses of gamma radiation.

様々な量のガンマ放射線照射に対するマウス生存への和ハッカの葉抽出物の影響

Mentha arvensis Linn:和ハッカ

PUBMEDより

1: Strahlenther Onkol. 2002 Feb;178(2):91-8.

Jagetia GC, Baliga MS.

Department of Radiobiology, Kasturba Medical College, Manipal, India. gc.jagetia@kmc.manipal.edu

BACKGROUND: The aim of the present study was to evaluate the radioprotective effect of Mentha arvensis (mint) on the survival of mice exposed to various doses of whole-body gamma radiation.

背景:本研究の目的は全身にガンマ放射線を照射されたマウス生存への和ハッカ(ミント)の放射線障害の防護効果を評価することであった。

MATERIAL AND METHODS: The radioprotective effect of various doses (0, 2.5, 5, 10, 20, 40 and 80 mg/kg body weight) of chloroform extract of mint (Mentha arvensis Linn.) was studied in mice exposed to 10 Gy gamma radiation.

素材と方法:様々な投与量(体重kgあたり、0, 2.5, 5, 10, 20, 40 and 80 mg)和ハッカのクロロフォルム抽出物で10 Gyのガンマ放射線を照射したマウスで研究した。

radioprotective : 放射線障害の防護の
gamma radiation :γ[ガンマ](放射線

RESULTS: The 10 mg/kg of mint extract was found to afford best protection as evidenced by the highest number of survivors in this group at 30 days post-irradiation, and further experiments were carried out using this dose of mint extract.The mice treated with 10 mg/kg body weight mint extract or oil were exposed to 6, 7, 8, 9 and 10 Gy of gamma radiation and observed for the induction of radiation-sickness and mortality up to 30 days post-irradiation.

結果: 10mg/kgの和ハッカ(ミント)抽出物は照射後30日でこの郡において最高の生存数によって立証されたことで最良の防護であることが解明されて、さらなる実験は、この投与量の和ハッカ(ミント)抽出物を用いて行われた。体重あたり10mg/kgの和ハッカ(ミント)抽出物またはオイルで治療したマウスは、ガンマ放射線の6、7、8、9、および10Gyを照射され、照射後30日までの放射線病と死亡率の誘発に対して観察した。

The mint extract pretreatment was found to reduce the severity of symptoms of radiation sickness and mortality at all exposure doses and a significant increase in the animal survival was observed when compared with the oil + irradiation group.
ミント抽出前処理はすべての照射線量で放射線病と死亡率の重症度を減少させるのがわかりました、そして、オイル+照射グループと比べると、動物生存のかなりの増加は認められました。

irradiation :照射、放射

All of the animals that were treated with 10 mg/kg mint extract and then exposed to 7 Gy irradiation were protected against the radiation-induced mortality when compared with the concurrent oil + irradiation group, in which 20% animals died by 30 days post-irradiation.

10mg/kgの和ハッカ抽出物によって治療されて、次に7Gy照射に曝露された全てのマウスは、併用オイル+照射郡とで比べると、放射線誘発死亡に対して防御されて、そのうち20%のマウスが30日間照射後に死亡した。

Concurrent:併用の、共存の、共同の

The mint extract treatment protected the mice against the gastrointestinal death as well as bone marrow deaths.The DRF was found to be 1.2. The drug was non-toxic up to a dose of 1,000 mg/kg body weight, the highest drug dose that could be tested for acute toxicity.

和ハッカ抽出物治療は胃腸死同様に骨髄死に対してマウスを防御した。線量減効率(DRF)が1.2であることがわかった。薬剤投与量は、急性毒性試験なる最高量、1,000mg/kgまで非毒性でした。

gastrointestinal death :胃腸死
bone-marrow death :骨髄死
DRF dose reduction factor :線量減効率
acute toxicity :急性毒性

CONCLUSION: From our study it is clear that mint extract provides protection against the radiation-induced sickness and mortality and the optimum protective dose of 10 mg/kg is safe from the point of drug-induced toxicity.

結論: 研究により、和ハッカ抽出物が、放射線誘発疾患および死亡率に対して防護を提供することは明確であり、10mg/kgの最適な防護投与量は薬剤誘発毒性の観点から安全です。

PMID: 11942043 [PubMed - indexed for MEDLINE]

和ハッカ、シャクナゲ、ヨモギ、サンダルウッド、ロザリナのオイル各2名計10名様プレゼント

ネパール原産和ハッカオイル、ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所へ

|

« 和ハッカ、シャクナゲ、ヨモギ、サンダルウッド、ロザリナのオイル各2名計10名様プレゼント | Main | 緩和ケアー患者の不安軽減へのサンダルウッドオイル・精油の効果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/10193962

Listed below are links to weblogs that reference 和ハッカ抽出物の放射線防御効果:

« 和ハッカ、シャクナゲ、ヨモギ、サンダルウッド、ロザリナのオイル各2名計10名様プレゼント | Main | 緩和ケアー患者の不安軽減へのサンダルウッドオイル・精油の効果 »