« おっさんビュティーワールド ジャパンに行く | Main | 花とその色の癒し効果 »

May 10, 2006

ザクロの抗酸化および炎症酵素阻害特性

Antioxidant and eicosanoid enzyme inhibition properties of pomegranate seed oil and fermented juice flavonoids.

ザクロ種子油および発酵ジュースのフラボノイド抗酸化およびエコノサノイド酵素阻害特性

Eicosanoid: エイコサノイドはアラキドン酸カスケードの代謝産物であるプロスタグランジンの総称。その一つには、炎症を引き起こす働きのあるプロスタグランジンE2もあります。

PUBMEDより

J Ethnopharmacol. 1999 Jul;66(1):11-7.

Schubert SY, Lansky EP, Neeman I.

Laboratories of Food Engineering and Biotechnology, Technion-Israel Institute of Technology, Haifa.

The antioxidant and eicosanoid enzyme inhibition properties of pomegranate (Punica granatum) fermented juice and seed oil flavonoids were studied. The pomegranate fermented juice (pfj) and cold pressed seed oil (pcpso) showed strong antioxidant activity close to that of butylated hydroxyanisole (BHA) and green tea (Thea sinensis), and significantly greater than that of red wine (Vitis vitifera).

ザクロ種子油および発酵ジュースのフラボノイド抗酸化およびエコノサノイド酵素阻害特性が研究された。ザクロ発酵ジュース(pfj)および冷圧搾ザクロ種子油(pcpso)は、ブチルヒドロキシアニソール(BHA)および緑茶の抗酸化に近い強力な抗酸化特性を示して、赤ワインの抗酸化より極めて高かった。

butylated hydroxyanisole (BHA):ブチルヒドロキシアニソール、主として脂溶性ビタミン剤に添加される抗酸化剤

Flavonoids extracted from pcpso showed 31-44% inhibition of sheep cyclooxygenase and 69-81% inhibition of soybean lipoxygenase. Flavonoids extracted from pfj showed 21-30% inhibition of soybean lipoxygenase though no significant inhibition of sheep cyclooxygenase.

冷圧搾ザクロ種子油(pcpso)より抽出されたフラボノイドは、羊シクロオキシゲナーゼ(COX酵素)を31-44%の阻害および大豆リポキシナーゼを21-30%の阻害を示した。ザクロ発酵ジュース(pfj)より抽出されたフラボノイドは大豆リポキシナーゼを21-30%の阻害を示したけれど羊シクロオキシゲナーゼ(COX酵素)の顕著な阻害を示さなかった。

Cyclooxygenase(COX):シクロオキシゲナーゼ
cyclo- :円、回転、循環
oxygenase :酸素添加酵素
Lipoxygenase:リポキシナーゼとはリノール酸等の不飽和脂肪酸に空気中の酸素を結びつけて脂肪酸 のヒドロペルオキシドを生成する酵素である

seed lipoxygenase :種子リポキシゲナーゼ◆種子中にある酵素

痛みの原因物質:COX-2(シクロオキシナーゼ2)、5-LOX(5-リポキシナー ゼ)などの酵素が代表的です。

アスピリンは痛みの原因である酵素COX-2(シクロオキシナーゼ2)に関与してその働きを止めて炎症を起こすプロスタグランジン2を作らせなくします。プロスタグランジンの原料はアラキドン酸(リノール酸、肉、タマゴ、乳製品)です。痛みはアラキドン酸とCOX-2(シクロオキシナーゼ2)の関与で起こります。


The pcpso was analyzed for its polyphenol content and fatty acid composition. Total polyphenols in pcpso showed a concentration by weight of approximately
0.015%.

冷圧搾ザクロ種子油(pcpso)はポリフェノール含有量および脂肪酸組成に対して分析がなされた。冷圧搾ザクロ種子油(pcpso)における総ポリフェノールはおよそ0.015%の重量によって濃度を示した

Pcpso fatty acid composition showed punicic acid (65.3%) along with palmitic acid (4.8%), stearic acid (2.3%), oleic acid (6.3%), linoleic acid (6.6%) and three unidentified peaks from which two (14.2%) are probably isomers of punicic acid (El-Shaarawy, M.I., Nahpetian, A., 1983). Studies on pomegranate seed oil. Fette Seifen Anstrichmittel 83(3), 123-126).

冷圧搾ザクロ種子油(pcpso)の脂肪酸構成は、パルミチン酸(4.8%),、ステアリン酸(2.3%)、オレイン酸(6.3%)、リノール酸(6.6%)と共にプニカ酸(65.3%)を示して、3つの未確認ピークありその2つ(14.2%)がたぶんプニカ酸の異性体である。ザクロ種子油の研究

PMID: 10432202 [PubMed - indexed for MEDLINE]

ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所へ

|

« おっさんビュティーワールド ジャパンに行く | Main | 花とその色の癒し効果 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/10011205

Listed below are links to weblogs that reference ザクロの抗酸化および炎症酵素阻害特性:

« おっさんビュティーワールド ジャパンに行く | Main | 花とその色の癒し効果 »