« 障害者のためのアロマセラピーマッサージ | Main | 看護師薬剤処方範囲拡大 »

May 03, 2006

クローブバジル精油創傷治癒促進


An investigation into the wound-healing properties of essential oil of Ocimum gratissimum linn.

クローブバジルの創傷治癒特性の研究

Ocimum gratissimum linn:クローブバジル、東南アジア地域、特にインドで薬用に栽培され、浴用に利用してリウマチに効果があるとされる。 世界有用植物事典より 普通のバジルオイルの学名はOcimumu basilicumです。

wound healing:創傷治癒

PUBMEDより

1: J Wound Care. 2003 Oct;12(9):331-4.

Orafidiya LO, Agbani EO, Abereoje OA, Awe T, Abudu A, Fakoya FA.

Department of Anatomy and Cell Biology, all at Obafemi Awolowo University, Ile-Ife, Nigeria.

OBJECTIVE: To investigate the effects of Ocimum oil and two antibacterial preparations, Cicatrin (GlaxoWellcome) and Cetavlex (AstraZeneca), on the healing of full-thickness excisional and incisional wounds, created under anaesthesia, on the back of test and control groups of adult albino rabbits.

目的

成人の白兎の検査後および対照郡への麻酔状態で出来た全層の切除創および切開創治癒に対するバジルオイルおよび2つの抗菌剤、Cicatrin(英国GlaxoWellcome社)とCetavlex(アウトラゼネカ社)の有用性の調査。

antibacterial preparations:抗菌剤
cicatrix :瘢痕
Full Thickness Wound:全層創傷, 真皮から皮下組織まで広がった 組織障害。
excisional wound:切除創
incisional wound :切開創
anesthesia :麻酔状態
on the back of
~の後ろに、~のすぐ後ろから、~に引き続いて、~という経緯があって、
albino rabbit :白ウサギ

METHOD: Treatment was by topical application of the test substances onto the wound surface for 15 days. Observation continued for a further six days. Quantitative parameters of wound healing were determined daily. Swabs were taken from wound sites that appeared not to be healing for identification of wound contaminants and sensitivity tests.

治療は15日間創傷の表面に検査物質の局所塗布でありました。 観察はさらに6日間続きました。 創傷治癒の量的なパラメタは毎日決定していました。 創傷汚染および感受性試験の確認のために標本は治癒していないように思われて創傷部位より取られた。

Topical application 局所塗布
swab :綿棒で採取した標本

RESULTS: There was a marked enhancement in the inflammatory and proliferative phases of wound healing in the rabbits treated with Ocimum oil, suggesting that the oil facilitated the healing process to a greater extent than the control and reference products. Wounds treated with Cetavlex showed no sign of healing for eight days but responded to Ocimum oil after a three-day wash-out period.

結果:
バジルオイルで処置したウサギで創傷治癒の炎症期および増殖期において明らかに高まって、このことはバジルオイルが対照および関連製品よりさらに大きい範囲まで治癒過程を促進したことを示唆した。 Cetavlexで治療した創傷は8日間治癒の兆候を示しませんでしたが3日間の休薬期間後バジルオイルに反応した。

CONCLUSION: The essential oil Ocimum gratissimum can promote wound healing. However, large studies will need to be carried out using domestic pigs, followed by clinical trials on human wounds. DECLARATION OF INTEREST: None.

結論:
クローブバジル精油は創傷治癒を促進することができる。 しかし、ヒトの創傷で臨床試験に続いてブタを用いて大規模研究が実行される必要があるでしょう。

DECLARATION OF INTEREST: None.

利害の表明:なし

PMID: 14601223 [PubMed - indexed for MEDLINE]

ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所へ

|

« 障害者のためのアロマセラピーマッサージ | Main | 看護師薬剤処方範囲拡大 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/9887324

Listed below are links to weblogs that reference クローブバジル精油創傷治癒促進:

« 障害者のためのアロマセラピーマッサージ | Main | 看護師薬剤処方範囲拡大 »