« エセンシャルオイル・精油の殺菌作用 | Main | リンパ浮腫とアロマセラピーマッサージ »

June 06, 2006

メラ レウカ種のエセンシャルオイル・精油の化学作用

Chemical and biological evaluation of the essential oils of different Melaleuca species

異なるメラレウカ種のエセンシャルオイルの化学作用および生物学的評価

URL:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?CMD=search&DB=pubmed

Melaleuca:メラレウカ、これに属する代表的なのはティートリー

PUBMEDより

Phytother Res. 2004 Jan;18(1):30-5.

Farag RS, Shalaby AS, El-Baroty GA, Ibrahim NA, Ali MA, Hassan EM.

Biochemistry Department, Faculty of Agriculture, Cairo University, Giza, Egypt.

The essential oils of the fresh leaves of M. ericifolia, M. leucadendron, M. armillaris and M. styphelioides were isolated by a hydrodistillation method and analysed by a gas chromatography/mass spectrometry (GC/MS) technique.

ロザリナ、カユプテ、ペパーバークおよびM. styphelioidesの新鮮な葉のエセンシャルオイルは水蒸気蒸留法によって単離され、ガスクロマトグラフ /質量分析 法. (GC/MS)の技術によって分析された。

M. ericifolia,:ロザリナ
M. leucadendron:カユプテ
M. armillaris:ペパーバーク
Gas chromatography-Mass spectrometry:ガスクロマトグラフ -質量分析 法.

The essential oil of M. ericifolia contained methyl eugenol (96.84%) as a major constituent, whereas M. leucadendron was rich in 1,8-cineole (64.30%). The essential oil of M. armillaris was rich in 1,8-cineole (33.93%) followed by terpinen-4-ol (18.79%), whereas M. styphelioides was rich in caryophyllene oxide (43.78%) and (-) spathulenol (9.65%).

ロザリナのエセンシャルオイルは主要成分としてメチルオイ ゲノ-ル(96.84%)含有していますが、カユプテには1.8シネオール(64.30%)を含有している。ペパーバークのエセンシャルオイルはテルピネン-4-ol (18.79%)に続いて1.8シネオール(33.93%)含有しているがM. styphelioidesはカリオフィレン オキサイド(43.78%)および(-)スパチュレノール (9.65%)を含有している。

methyl eugenol :メチルオイ ゲノ-ル
caryophyllene oxide:カリオフィレン オキサイド
spathulenol:スパチュレノール

The essential oils of these species possessed antimicrobial and antifungal activities. M. ericifolia exhibited the highest inhibitory effects against Bacillus subtiles and Aspergillus niger. The antiviral activities of the essential oils against Herpes simplex virus type 1 (HSV-1) were studied in African green monkey kidney cells (Vero) by a plaque reduction assay.

これらの種のエッセンシャルオイルには抗菌作用および抗真菌作用を有していた。 ロザリナは枯草菌および黒麹菌に対して高い阻害作用を示した。
単純ヘルペスウイルス1型に対するエセンシャルオイルの抗ウイルス作用がプラーク減少評価法によってアフリカ緑サルの腎臓細胞(Vero)で研究された。

antimicrobial:抗菌
antifungal:抗真菌
Bacillus subtilis :枯草菌(こそうきん)
Aspergillus niger・黒麹菌(くろこうじきん
herpes simplex virus type 1:HSV-1:単純ヘルペスウイルス1型
antiviral activities 抗ウイルス

The volatile oil of M. armillaris was more effective as a virucidal (up to 99%) than that of M. leucadendron (92%) and M. ericifolia (91.5%).

ペーパーバークのエセンシャルオイルはカユプテ(92%) およびロザリナ(91.5%).より殺ウイルス(99%まで)としてさらに効果的であった。

Virucidal:殺ウイルス

The effects of the essential oils on the antioxidant system status in carbon tetrachloride treated animals were studied. The essential oil of M. armillaris exhibited a marked antioxidant effect, it improved vitamin E, vitamin C and superoxide dismutase parameters so it can be used as a free radical suppressor.

四塩化炭素投与動物で抗酸化器官系状態へのエセンシャルオイルの作用が研究された。ペパーバークのエセンシャルオイルは極めて高い抗酸化作用を示し、フリーラジカルの抑制物質として使用できるようにビタミンE,
ビタミンCおよびスーパオキシド・ジスムターゼを改善した。

antioxidant system status 抗酸化器官系状態
arbon tetrachloride treated animals 四塩化炭素投与動物
superoxide dismutase (SOD:スーパオキシド・ジスムターゼ、活性酸素の一つであるスーパーオキシドを消去する
free radical :フリーラジカル

Copyright 2004 John Wiley & Sons, Ltd.

ロザリナのエセンシャルオイルは主要成分としてメチル・オイゲノールが出てきたのには驚きました。他のオイルの分析表を調べてもメチルオイゲノールは出てきませした。この点についてよく分かりませんのでそのまま訳しました。

メラレウカのオイルの種類によってこんなにも成分が違うことがよく分かりました。ロザリナオイルの文献を集めている時に見つけました。オーストラリアにはまだ日本では知られていないオイルがまだ沢山あみたいです。M. styphelioidesは調べても植物名が出てこないのでラテン名で表示しました。分かる方がいましたら教えてください。

尚、PUBMEDとリンクできなかったのでURLを掲示しました。

オーストラリア原産ロザリナオイル、ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロ研究所

|

« エセンシャルオイル・精油の殺菌作用 | Main | リンパ浮腫とアロマセラピーマッサージ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/10420227

Listed below are links to weblogs that reference メラ レウカ種のエセンシャルオイル・精油の化学作用:

« エセンシャルオイル・精油の殺菌作用 | Main | リンパ浮腫とアロマセラピーマッサージ »