« エセンシャルオイル(精油) | Main | コーヒー一杯で3時間あぶらを売る »

June 10, 2006

昔の勉強会の案内文

今日は何をブログに書くのかとテーマが決まらず、また、途中までの翻訳を続けるのも気が乗らず、整理をしていたら、昔の勉強会の案内が出てきたのでそれを掲載します。

自分主催の勉強会を以前行っていましたが続けることが出来ませんでした。これは最初のときの案内内容です。自分で資料を集めそれを元に話し、アロマセラピストの方に来ていただき会を持ちました。

エセンシャルオイルの原料である植物のことに興味を持ちました。植物の代謝によってエセンシャルオイルなどの化学成分が出来ます。その植物を育てるもとは太陽の光です。それらの組み合わせに興味を持ち、そのころ高校の生物、化学の参考書を買い求め勉強しました。

葉はどうして緑に見えるかについて良く分かったのもこのときでした。緑以外の光を葉が吸収して緑の色だけが反射して見えるのだとしりました。物があまり小さくなると光が通ってしまうためみえないとのことです。そのために反射顕微鏡があることを知りました。

アロマセラピーの勉強をしているとどうしても生物、化学、物理のことを少しでもわかると役に立ちます。特に、高校の本は基礎的なことが書いてあるので役に立ちました。

勉強家を始めたのはアロマセラピストさん同士のコミュニケーションが出来ればよいかなと思って行いました。続けることは難しいと思いました。テーマを決めてその資料を作るのに時間が掛かります。特にまとめるのに弱い私にとっては大変なことです。集まって語り部するのは得意にですが、ところが一つのテーマーをジックリ話すにはレジメが必要になります。テーマを決めてレジメを作るのが上手くいかず継続できず。食事会に切り替えてしたが都合が上手くいかなくなって止めてしまいました。昔の遺産の話。

このたび集まりの会(勉強家)を行うことになりました。目的は勉強しながら参加者同士のコミュニケーションをはかりお互いに向上したいと思っています。

今回のテーマは、光、光の7色、植物の光合成

人間も植物も太陽のエネルギーによって生活をしています。エセンシャルオイルの原料である植物を勉強するとなると、どうしても光の理解、光合成の理解、光合成によってできた糖の代謝によりタンパク質、脂質、アルカロイド等、芳香族化合物などが出来ます。人間はその植物が作り出した成分の食べることにより生きている従属生物です。植物は動くことが出来ないために環境に適応するために植物自身自ら化学物質を作ります。たとえば
紫外線の強い高地1200ml以上で生育したラベンダーはリナロールの含有量が高いです。

人間と光の関係
光の7色と身体の部位、内分泌とチャクラの関係。光と皮膚

植物と光の関係
光合成、アントシアニン

内容は1時間ぐらいテーマに沿って話し、のこりの時間を出席者同士で話すことにしました。独演会になってしまいよく理解いただけたか疑問でした。

また、これを期に自分の話を聞いていただけるならまた機会があれば会を行ってみたいと思っています。

キャリアオイルのことについて話したこともありました。植物油の精製には何の化学薬品が使用され、それによってなにが失われるのかを調べました。植物油の脂肪酸については特に興味を持っているので勉強に身が入りました。また、植物油の成分と皮脂成分の関連について調べましたがまだ良く分かっていません。植物油の脂肪酸の薬理作用になると少しは分かりましたが具体的になると分かりません。例えば、オリーブオイル、ツバキオイルには紫外線抑制作用があると言われているがどの脂肪酸が作用するのかは知らべても分かりません。この2つのオイルの主要成分はオレイン酸ですが。植物成分の薬理作用を調べるには最勉強が必要と感じます。また、結論ない取り止めのない話。

ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロ研究所

|

« エセンシャルオイル(精油) | Main | コーヒー一杯で3時間あぶらを売る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 昔の勉強会の案内文:

« エセンシャルオイル(精油) | Main | コーヒー一杯で3時間あぶらを売る »