« 新発売エセンシャルオイル・香りを楽しむ(2) | Main | イランイラン精油のリラックス作用 »

July 28, 2006

乳がん化学予防におけるモノテルペン(リモネン)

Monoterpenes in breast cancer chemoprevention.

乳がん化学予防におけるモノテルペン

PUBMEDより

Breast Cancer Res Treat. 1997 Nov-Dec;46(2-3):191-7.

Crowell PL.

Department of Biology, Indiana University-Purdue University at Indianapolis 46202, USA. pcrowel@indyvax.iupui.edu

生物学科、インディアナ大学 - パーデュー大学、インディアナポリス、米国

A number of dietary monoterpenes have chemopreventive activity against rat mammary cancer. For example, d-limonene, which comprises over 90% of orange peel oil, has chemopreventive activity against rodent mammary cancer during the initiation phase as well as the promotion/progression phase.

多くの食事でのモノテルペンがラットの乳がんにたして化学予防活性がある。例えば、オレンジの果皮に90%以上含有するd-リモネンはイニシエーション(初期段階)と同様にプロモーション(促進段階)・プログレッション(進行段階)で齧歯動物の乳がんに対して化学予防活性がある。

mammary cancer :乳がん

Similarly, the monoterpenoids carveol, uroterpenol, and sobrerol have chemopreventive activity against mammary cancer when fed during the initiation phase. d-limonene and perillyl alcohol, a more potent analog of limonene, also have chemotherapeutic activity against rodent mammary and pancreatic tumors. As a result, their cancer chemotherapeutic activities are under evaluation in Phase I clinical trials.

同様に、初期段階中に投与されるとモノテルペノイドのカルベオー、ウロテルペノール、およびソブレロール
は乳がん対して化学予防活性がある。また、d-リモネンおよびリモネンの最も効き目のある類似のペリリルアルコールは齧歯動物の乳房および膵臓の腫瘍に対して化学予防活性がある。 結果として、それらのがんへの化学予防作用は第1フェーズ臨床試験で評価中である。

Monoterpenoids:モノテルペノイド
carveol,:カルベオール (ユーカリ)
uroterpenol:ウロテルペノール
uro :尿(urine)
Sobrerol :ソブレロール
analog : 類似物
perillyl alcohol:ペリリルアルコール (perillylはperilla・シソ属から由来)
Phase I clinical trials:第1フェーズ臨床試験

Several mechanisms of action may account for the antitumor activities of monoterpenes. The blocking chemopreventive effects of limonene and other monoterpenes during the initiation phase of mammary carcinogenesis are due to the induction of Phase II carcinogen-metabolizing enzymes, resulting in carcinogen detoxification.

幾つかの作用メカニズムはモノテルペンの抗腫瘍活性を説明することになる。乳がん発症の初期段階でリモネンおよび他のモノテルペンの阻止化学予防作用は第2フェーズ発がん物質代謝酵素の誘発のためであり、その結果は発癌物質を無毒化することになる。

carcinogenesis :発癌
carcinogen-metabolizing enzymes 発がん物質代謝酵素
detoxification : 解毒作用、無害化

The post-initiation phase chemopreventive and chemotherapeutic activities of monoterpenes may be due to the induction of tumor cell apoptosis, tumor redifferentiation, and/or inhibition of the post-translational isoprenylation of cell growth-regulating proteins. Thus, monoterpenes act through multiple mechanisms in the chemoprevention of mammary and other cancers.

モノテルペンの初期段階後の化学予防および化学療法の活性は、腫瘍細胞のアポトーシス誘発、腫瘍の分化、および・また細胞増殖調節タンパク質の遺伝翻訳後のイソプレニル化 を阻害するためである。したがって、モノテルペンは乳がんおよび他のがんへの化学予防において複数のメカニズムを通して作用する。

tumor differentiation 腫瘍の分化
isoprenylation :イソプレニル化
posttranslational :遺伝翻訳後の ]
regulating proteins 調節タンパク質

PMID: 9478274 [PubMed - indexed for MEDLINE]

リモネンが体内に入ると代謝していろんな物質になります。Uroterpenol(ウロテルペノール)はリモネンが代謝して出来たもので尿中にみられるものです。Uroterpenolのことが分からなくて調べているうちに代謝したものであることが分かりました。下記の文献はそのときに見つけたものです。初めてリモネンが体内で変化することを知りました。

リモネン体内代謝メカニズムと作用

MECHANISM OF ACTION

The exact mechanism of action is unknown. D-Limonene and its metabolites, perillic acid, dihydroperillic acid, uroterpenol, and limonene1,2-diol, may inhibit tumor growth via inhibition of p21-dependent signaling and apoptosis resulting from induction of the transforming growth factor beta-signaling pathway (4) (8). D-Limonene metabolites also cause G1 cell cycle arrest, inhibit posttranslational modification of signal transduction proteins, and cause differential expression of cell cycle- and apoptosis-related genes (6). Animal studies show activity of D-limonene against pancreatic, stomach, colon, skin, and liver cancers (3). Data also indicate that D-limonene slows the promotion/progression stage of carcinogen-induced tumors in rats (9) (11).

作用の正確なメカニズムは知られていないです。 D-リモネンおよびその代謝産物、ペリリル酸、ジヒドロペリリル酸、およびリモネン1,2-ジオールは、トランス フォーミング増殖因子βシグナル経路の誘発結果によりp21遺伝子依存的経路およびアポトーシスの阻害を介して腫瘍増殖を抑制することになる。また、D-リモネンの代謝産物は
G1期の細胞周期停止を引き起こし、シグナル伝達タンパク質の翻訳修飾を阻害して、細胞周期およびアポトーシスの関連遺伝子の様々な遺伝子発現を引き起こします。動物研究では膵臓がん、胃がん、大腸がん、皮膚がん、および肝臓がんに対してD-リモネンの活性がし示されている。また、データーはD-リモネンがラットの発がん物質誘発腫瘍

metabolite : 代謝産物、代謝体
perillic acid:ペリリル酸
dihydroperillic acid:ジヒドロペリリル酸
dihydro :ジヒドロ (脱水素)
limonene1,2-diol:リモネン1,2-ジオール
p21-dependent signaling:p21遺伝子依存的経路
p21:p21遺伝子(放射線応答遺伝子) 
diol:ジオール(2個のヒドロキシル基を含有する化合物の一群)
transforming growth factor:トランス フォーミング増殖因子
beta-signaling pathway:βシグナル経路
G1 cell cycle arrest:G1期の細胞周期停止

細胞周期

posttranslational modification 翻訳後修飾
ignal transduction proteins シグナル伝達タンパク質
pancreatic :膵臓の

リモネン含有の柑橘系エセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロマ研究所へ

 

|

« 新発売エセンシャルオイル・香りを楽しむ(2) | Main | イランイラン精油のリラックス作用 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/11121627

Listed below are links to weblogs that reference 乳がん化学予防におけるモノテルペン(リモネン):

« 新発売エセンシャルオイル・香りを楽しむ(2) | Main | イランイラン精油のリラックス作用 »