« 産後の母親におけるアロマセラピー マッサージの心理的効果 | Main | ガジュツ(紫ウコン)精油の抗菌作用および細胞毒性作用 »

July 22, 2006

柑橘系果皮精油およびその化学成分の脂肪分解作用

Lipolytic effects of citrus peel oils and their components

柑橘系果皮精油およびその化学成分の脂肪分解作用

lipolytic effects :脂肪分解作用

PUBMEDより

1: J Agric Food Chem. 2006 May 3;54(9):3254-8

Choi HS.

Department of Food and Nutrition, Duksung Women's University, 419 Ssangmun-dong, Tobong-gu 132-714 Seoul, South Korea. hschoi@duksung.ac.kr

This study was conducted to determine the lipolytic effects of eight kinds of citrus peel oils and their components. All of the citrus peel oils revealed lipolytic effects on olive oil model solution ranging from 10.9 to 73.8%.

本研究は、8種類の柑橘系果皮精油およびその成分の脂肪分解作用を決定するために行われた。 全ての柑橘系精油は、10.9%から73.8%までの範囲でオリーブオイルモデル溶液における脂肪分解作用を明らかにした。

Hakyul (Citrus natsudaidai Hayata) showed the highest lipolytic effect (73.8%), followed by yuza (Citrus junos Sieb. ex Tanaka, 68.1%) and lemon (Citrus limonium, 63.4%), and their effects were comparable with or stronger than that of 5 mM raspberry ketone (p < 0.05).

ナツミカンは最高の脂肪分解作用(73.8%)を示し、続いてユズおよびレモンで、その作用は5 mMのラズベリーケトン(p < 0.05)脂肪分解作用と同程度またはそれ以上強力であった。

Citrus natsudaidai Hayata. :ナツミカン
be comparable with :同程度の

Among 17 authentic compounds relating to citrus peel oils, octanal (78.6%) showed the highest lipolytic effect, followed by gamma-terpinene (76.3%), limonene (75%), terpinen-4-ol (70.7%), nerol (69.9%), p-cymene (67.7%), and geranyl acetate (67.2%), and their effects were stronger than that of 5 mM raspberry ketone (p < 0.05). Ethyl acetate, alpha-pinene, myrcene, citronellal, linallyl acetate, and citronellol exhibited poor lipolytic effect in the model solution.

柑橘系果皮精油に関連する17の真の化合物の中で、オクタナールが最高の脂肪分解作用を示して、続いて、γ-テルピネン(76.3%)、リモネ(75%), テルピネン-4-ol (70.7%), ネロール (69.9%), パラシメン (67.7%), および酢酸ゲラニル (67.2%)で、その作用は5 mMのラズベリーケトン(p < 0.05)の脂肪分解作用より強かった。酢酸エチル、α-ピネン、ミルセンおよびシトロネラールはモデル溶液で脂肪分解作用は弱かった。

octanal:オクタナール

Lipolytic effect was found to be high when the oils included a higher content of gamma-terpinene and p-cymene. Limonene showed potential lipolytic effect, and its effect is likely to be enhanced by the presence of gamma-terpinene and p-cymene. It is considered that monoterpene hydrocarbons consisting of one or two double bonds would have stronger lipolytic effect than those having three double bonds.

脂肪分解作用はγ-テルピネンおよびパラシメンの含有成分の高い精油があると脂肪分解作用は高いことが解った。リモネンは脂肪分解作用の可能性を有して、その作用はγ-テルピネンおよびパラシメンの存在によって高められるようであった。1個または2個の二重結合から成るモノテルペン炭化水素類が3個の二重結合からなるモノテルペン炭化水素より強力な脂肪分解作用を有していると考えられる。

monoterpene hydrocarbons モノテルペン系炭化水素類

PMID: 16637681 [PubMed - indexed for MEDLINE]

ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロ研究所

|

« 産後の母親におけるアロマセラピー マッサージの心理的効果 | Main | ガジュツ(紫ウコン)精油の抗菌作用および細胞毒性作用 »

Comments

質問です。
この記事とは関係ないかもしれませんが。
トリートメントに使用する場合の
濃度が記載された文献はございませんでしょうか。
日本では全身なので1%が推奨されています。

が、部分では大変高い濃度のレシピもあります。
いかがでしょうか?

Posted by: takako | July 22, 2006 at 10:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/11056063

Listed below are links to weblogs that reference 柑橘系果皮精油およびその化学成分の脂肪分解作用:

« 産後の母親におけるアロマセラピー マッサージの心理的効果 | Main | ガジュツ(紫ウコン)精油の抗菌作用および細胞毒性作用 »