« 第一回初学者の為の東洋医学セミナーのお知らせ | Main | 東洋医学からのザクロ種子油のプニカ酸 »

July 19, 2006

精神障害に対するアロマセラピー使用

Aromatherapy in the management of psychiatric disorders : clinical and neuropharmacological perspectives.

精神障害管理におけるアロマセラピー:臨床および神経薬理学的の見地

psychiatric disorders 精神障害
neuropharmacological :神経薬理学的な, 神経薬理学の

PUBMEDより

CNS Drugs. 2006;20(4):257-80.

Perry N, Perry E.

Medicinal Plant Research Centre, Universities of Newcastle and Northumbria, Newcastle upon Tyne, UK.

Aromatherapy is currently used worldwide in the management of chronic pain, depression, anxiety, some cognitive disorders, insomnia and stress-related disorders.

アロマセラピーは現在、世界中で慢性疼痛管理、うつ病、不安、一部の認知症、不眠およびストレス関連障害で使用されている。

Although essential oils have been used, reputedly effectively, for centuries as a traditional medicine, there is very little verified science behind this use. The pharmacology of the essential oils and/or their single chemical constituents, therefore, remains largely undiscovered.

伝統的医療として何世紀の間、繰り返し効果的に使用されてきているけれど、これらの使用に対しての科学的根拠はほとんどないです。ところで、エセンシャルオイルの薬理学およびまたその単独の化学成分はまだ未発見のまま残っている。

and/or :および、および/または、両方またはいずれか一方
pharmacology :薬理学

However, accumulating evidence that inhaled or dermally applied essential oils enter the blood stream and, in relevant molecular, cellular or animal models, exert measurable psychological effects, indicates that the effects are primarily pharmacological.

しかし、吸入または皮膚に塗布されたエセンシャルオイルが血流に入って、関連する分子、細胞または動物モデルで計測可能な心理的効果を生み出すという蓄積された証拠は効果が主に薬理学的であることを示している。

This review includes evidence from the limited number of clinical trials that have been published of 'psychoaromatherapy' in relation to psychiatric disorders, together with evidence from mechanistic, neuropharmacological studies of the effects of essential oils in relevant in vitro and in vivo models.

この再調査には、in vitro and in vivoのモデルどおりにエセンシャルオイル効果の機構的、神経薬理学的研究による証拠を伴って、精神障害に関連でのサイコアロマセラピーについて発表された限られた数の臨床実験による証拠が含まれている。

clinical trials:臨床実験
psychoaromatherapy:サイコアロマセラピー
mechanistic studies 機構の研究

It is concluded that aromatherapy provides a potentially effective treatment for a range of psychiatric disorders. In addition, taking into account the available information on safety, aromatherapy appears to be without the adverse effects of many conventional psychotropic drugs. Investment in further clinical and scientific research is clearly warranted.

アロマセラピーが様々な精神障害に対して可能性のある有効治療を提供することを結論づけている。さらに、安全性に関する入手可能な情報を考慮に入れても、アロマセラピーは多くの従来の向精神薬の副作用がないように思われる。さらなる臨床的および科学的な研究への投資が明らかに必要である。

psychotropic drugs:向精神薬
appear to be ;~であるように見える[思われる]

雑誌AROMA RESEARCH 25号に香りと臨床医学の最前線の欄で認知症と香りのタイトルで記事が出ていました。認知症におけるアロマセラピーでは、芳香性植物性精油の香りの持つ情動への作用に注目している掲載していた。認知症の症状緩和し介護者の負担が減ったとことを半数以上で報告している。役に立ったオイルは、ラベンダー、ローマンカモミール、マンダリン、スイートオレンジ、ゼラニウム、マジョラム、メリッサ、ティートリーと出ていました。

香りが精神障害の緩和に効果があることを示した記事です。詳しいことはAROMA RESEARCHを読んでください。香りの図書館で読むことができます。

ディエットアロマ、オーガニックエセンシャルオイルのご用命はアロマショップ・フィトアロ研究所


|

« 第一回初学者の為の東洋医学セミナーのお知らせ | Main | 東洋医学からのザクロ種子油のプニカ酸 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/11013887

Listed below are links to weblogs that reference 精神障害に対するアロマセラピー使用:

« 第一回初学者の為の東洋医学セミナーのお知らせ | Main | 東洋医学からのザクロ種子油のプニカ酸 »