« カナキーロックは悲しからずや! | Main | おっさんのお月見日記 »

August 09, 2006

ヘリクリサム(イモーテル)3ml・精油 

ヘリクリサム(イモーテル)3ml・精油  
 
学名:Helichrysum italicum

Helichrysum:Heli:太陽の、chrysum:黄色の花の
Italicum:イタリアの

英名:Immortelle, Everlasting, St John's herb

科名: キク科  
     
産地:ボスニア

植物の特徴
双子葉植物。一年草または多年草で、低木状になる種もある。アフリカ、ユーラシア、オーストラリアに約300種分布し、特に南アフリカとオーストラリアに種が集中している。頭花の総苞片(そうほうへん)はケイ酸質を含み、光沢のある乾膜質で、切花やドライフラワーに多く用いられる。
世界有用植物事典より

抽出部位: 頭花 
   
抽出方法:水蒸気蒸留

禁忌:乳幼児、妊産婦不可

ノート:ミドル

オーガニック・ヘリクリサム成分分析表 ディトアロマ社分析表より

屈折率:1.4799

比重:0.8931

旋光度:-0.7°

原産地:ボスニア

分析日:2006年3月

γ-クルクメン+ジオン:27.07%

α-ピネン:24.95%

β-カリオフィレン:6.68%

酢酸ネリル:4.61%

リモネン+1.8シネオール:3.36%

Bergamonte:3.08%


作用
抗炎症、抗うっ血、抗真菌、抗ウイルス、抗菌、神経鎮静、去痰、胆汁分泌、刺激、粘液分泌、血液凝固阻止、

使用
膿瘍、にきび、おでき、ほてり、日焼け、切り傷を、あざ、喘息、気管支炎,うつ病、ストレス、風邪、インフルエンザ、発熱、手足の冷え。関節炎、静脈炎

相性の良いオイル

オレンジ、ローマン・カモミール、ゼラニウム、、プチグレン、フランキンセンス、ベルガモット、マンダリン、ラベンダー、ローズウッド

関連ブログ

ヘリクリサム(イモーテル)精油の効能いろいろ

ヘリクリサム(イモーテル)精油:植物写真

植物の水蒸気エキスで皮膚中のβーエンドルフィンの量増加により皮膚機能改善

ヘリクリサム(イモーテル)3ml・精油コルシカ産のお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« カナキーロックは悲しからずや! | Main | おっさんのお月見日記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/11359275

Listed below are links to weblogs that reference ヘリクリサム(イモーテル)3ml・精油 :

» 右脳を刺激するオイル [moon cafe]
先週購入したヘリクリサムは、 じんましんや湿疹の人に役に立つ精油として有名です。 (血液浄化作用があるため) 精神面では直感力に働きかけるので、内面を見つめなおしたいとき 創造力が必要なときに試してみてください。 わかりやすい反応としては夢をよく見るようになり その内容が強く残るようになります。 無意識が意識できるようになる、つまり右脳に作用しているわけです。 寝る前にヘリクリサムの香りと共に瞑想してみましょう。 あなたに今必要ことが、夢となり現れてきます。 私が... [Read More]

Tracked on August 16, 2006 at 03:42 PM

« カナキーロックは悲しからずや! | Main | おっさんのお月見日記 »