« 真正ラベンダー・オーガニック5ml新発売 | Main | フィトアロマ研究所行商日記 »

September 02, 2006

レモンオイル・精油の抗ストレス作用 

Lemon oil vapor causes an anti-stress effect via modulating the 5-HT and DA activities in mice.

レモンオイルの蒸気はマウスいおけるセトルトニン受容体5-HTおよびドーパミン活性の調節を介して抗ストレス作用を引き起こす

PUBMEDより

Behav Brain Res. 2006 Jun 14; [Epub ahead of print]

Komiya M, Takeuchi T, Harada E.

Graduate School of Veterinary Science, Faculty of Agriculture, Yamaguchi University, Yamaguchi 753-8515, Japan.

山 口 大 学、農学部、 大 学 院 獣 医 学 研 究 科

We examined the anti-stress action of the essential oils of lavender, rose, and lemon using an elevated plus-maze task (EPM), a forced swimming task (FST), and an open field task (OFT) in mice. Lemon oil had the strongest anti-stress effect in all three behavioral tasks.

マウスで高架式十字迷路課題、強制水泳課題および動物行動課題を用いてラベンダー、ローズ、レモンのエセンシャルオイルの抗ストレス作用を調査した。全て3つの行動課題においてレモンオイルが最強の抗ストレス作用を示した。

elevated plus maze task: EPM:高架式十字迷路課題
Open field test:動物行動課題
a forced swimming task (FST) 強制水泳課題

We further investigated a regulatory mechanism of the lemon oil by pre-treatments with agonists or antagonists to benzodiazepine, 5-HT, DA, and adrenaline receptors by the EPM and the FST.

さらにベンゾジアゼピン、5-HT神経系、, DAドーパミン、および高架式十字迷路課題EPMと強制水泳課題FSTによるアドレナリン受容体への作動薬または阻害剤での前処理によってレモンオイルの調節メカニズムを調査した。

agonists :作動薬
antagonists: 阻害剤
benzodiazepine :ベンゾジアゼピン

The anti-stress effect of lemon oil was significantly blocked by pre-treatment with frumazenil, benzodiazepine receptor antagonist, or apomorphine, a nonselective DA receptor agonist.

レモン油の抗ストレス作用は、frumazenilのベンゾジアゼピン受容体拮抗薬、またはアポモルヒネの非選択性ドーパミン受容体作動薬での前処理によって顕著に妨げられました。

benzodiazepine receptor antagonist ベンゾジアゼピン受容体拮抗薬
Apomorphine:アポモルヒネ、ドーパミン受容体刺激作用を有する薬剤. として、古くから催吐作用、鎮静 作用、抗パーキンソン. 病用として用いられてきた。
nonselective DA receptor agonist.:非選択性ドーパミン受容体作動薬

In contrast, agonists or antagonists to the 5-HT receptor and the alpha-2 adrenaline receptor did not affect the anti-stress effect of lemon oil. Buspirone, DOI, and mianserine blocked the antidepressant-like effect of lemon oil in the FST, but WAY100,635 did not.

対照的に、5-HT神経系受容体およびα-2アドレナリン受容体への作動薬または阻害剤はレモンオイルの抗ストレス作用に影響しなかった。バスパー、DOIおよびミアンセリンは強制水泳課題(FST)でレモンオイルの抗うつ剤のような作用を妨げたがWAY 100635 受容体遮断薬では妨げたげなかった。

alpha-2 adrenaline receptor α-2アドレナリン受容体
Buspirone :バスパー(抗うつ剤)
mianserine ミアンセリン(抗うつ剤、頭痛に伴ううつ病患者の治療)
WAY 100635 受容体遮断薬
DA receptor :ドーパミン受容体

These findings suggest that the antidepressant-like effect of lemon oil is closely related with the 5-HTnergic pathway, especially via 5-HT(1A) receptor.

これらの調査結果は、レモン油の抗うつ剤のような作用は密接に5-HT神経系回路に関連づけられるのを示し、特に5-HT(1A)受容体を通してであることを示唆している。

Moreover, the lemon oil significantly accelerated the metabolic turnover of DA in the hippocampus and of 5-HT in the prefrontal cortex and striatum. These results suggest that lemon oil possesses anxiolytic, antidepressant-like effects via the suppression of DA activity related to enhanced 5-HTnergic neurons.

そのうえ、レモンオイルは、海馬のドーパミンおよび前頭前野と線条体における5-HT神経系の代謝回転を加速させた。これらの結果は、レモンオイルには5-HT神経系ニューロン促進に関連するドーパミン活動の抑制を介して抗うつ剤のような作用の抗うつ薬を保持していることを示唆している。

metabolic turnover 代謝回転
prefrontal cortex 前頭前野
striatum:線条体、
anxiolytic :抗不安薬
antidepressant :抗うつ剤、抗うつ薬

PMID: 16780969 [PubMed - as supplied by publisher]

今回の翻訳は語句を組み合わせただけの文章のようである。しかし、この論文でレモンオイルの抗ストレス作用が高いことを知ることができます。レモンの香りで頭をクリアーに

レモンオイルのご用命はアロマショップ フィトアロマ研究所

真正ラベンダー・オーガニック5mlを3名様にプレゼント。

氏名、ラベンダー希望を明記、よく使用するオイル名、使ってみたいオイル名を明記して、下記にメールしてください。尚、何かコメントがあれば書いていただけるとありがたです。当選者にはメールで送付先を問い合わせます。

応募先メール

申込期限:2006年9月15日(金) 当選者はアロマショップに県名と当選者希望の名称を掲載


|

« 真正ラベンダー・オーガニック5ml新発売 | Main | フィトアロマ研究所行商日記 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference レモンオイル・精油の抗ストレス作用 :

« 真正ラベンダー・オーガニック5ml新発売 | Main | フィトアロマ研究所行商日記 »