« 抗炎症薬について考える | Main | 精油の化学1dayセミナーの案内 »

October 27, 2006

関節リウマチ治療における補完療法の優越性

Why do patients with rheumatoid arthritis use complementary therapies?

何故関節リウマチ患者は補完療法を使用するのか?

rheumatoid arthritis:関節リウマチ

PUBMEDより

1: Musculoskeletal Care. 2006 Jun;4(2):101-15

musculoskeletal :筋骨格の

Rose G.

Rheumatology Department, Ipswich Hospital NHS Trust, Ipswich, Suffolk, UK.

リウマチ科

Objectives: (1) to develop an understanding as to how the use of complementary therapy (CT) affects a patient's perspective of health and well-being, (2) to offer the rheumatology professional insight and understanding as to why a patient chooses to use a CT, and (3) to raise awareness as to the forms of CT most commonly used by patients with rheumatoid arthritis.

目的
(1)どのような補完療法使用が患者の健康および幸福の認識に影響与えるに関して理解を深めること
(2)何故患者が補完療法使用の選択をするかに関してリウマチ学の専門家の洞察および理解を提供すること
(3)関節リウマチ患者に最も一般的に使用されている補完療法の形態に関しての認識を高めること

rheumatology:リウマチ学

Methods: This qualitative study was based on phenomenological principles applied through focused inquiry to develop an understanding of the lived experience of the study participants. The inclusion criteria of an established diagnosis of rheumatoid arthritis and known use of CT were applied to a convenience sample of patients attending a rheumatology outpatient department clinic on two consecutive days.

方法
この質的研究は、本研究参加者の体験された経験の理解を深めるための焦点をあてた質問を通して適用された現象学の原理に基づきました。 関節リウマチの確定診断の組み入れ基準および知られている補完療法使用は、連続2日間リウマチ外来クリニックに通院する患者の簡易サンプリング
に適用された。

qualitative study:質的研究
phenomenological 現象学の
lived experience:体験された経験
inclusion criteria:組み入れ規準
established diagnosis 確定診断
convenience sampling:簡易サンプリング

Of the 15 eligible patients identified, five were randomly selected for inclusion in the study. Narrative data were collected through analysis of transcripts taken from audiotape recordings of unstructured interviews with study participants. A manual indexing system was used to develop four significant categorisation themes to reflect the findings:

特定された3名の適格例では、5名が治験対象患者選定ために無作為に選ばれた。談話データは治験参加者との非構成的面接法により録音されたテープからの記録分析を通じて集計された。マニュアルのインデキシング方式が調査結果を反映するために4つの重要な分類テーマを作成するのに使用された。

Narrative data:談話データ
unstructured interviews 非構成的面接法

(1) incentives to use CT,

 補完療法使用の誘因

(2) perceived benefits of CT use,

補完療法使用の認識した利益

(3) the choice of CT used, and

使用している補完療法の選択

(4)perceived disadvantages and risks of CT use.

補完療法使用の認識された弱点およびリスク

Results: Incentives to use CT included dissatisfaction with conventional treatment, often in the form of side effects, and drug ineffectiveness. Social factors, such as loss of employment and social activities, were also indicated, as were psychological changes in the form of depression, hopelessness and fear. Perceived benefits were categorised as either physical or psychological with associated aspects of choice and control viewed as important elements of personal empowerment.

結果:
補完療法使用の誘因には、副作用の形態、および薬剤の非有効性の多い従来の治療に不満足を含んでいました。また、失業および社会活動の損失などの社会的要因は、うつ病、絶望および不安の形での心理的変化であるように示唆された。認識された利益は、個人エンパワーメントの重要な要素としてみられる関連側面の選択およびコントロールで身体的または心理的のどちらかで分類された。

conventional treatment 従来の治療
personal empowerment:個人エンパワーメント

The choice of CT used fell into three categories; physical, spiritual and herbal. The most commonly used of these were herbal remedies and supplements, closely followed by aromatherapy massage. Disadvantages and risks were identified as physical (pain and discomfort), psychological (fear and uncertainty), and/or material (cost).


使用されている補完療法の選択は3つのカテゴリになりました; 身体的、スピリチュアル的および薬草になります。これならの中で最も日常的に使用されているのは、薬草療法およびサプリメントで、次に関係があるのはアロマセラピーマッサージです。弱点およびリスクは、身体的(痛みおよび不快)、心理的(不安および不確実性)、および/または物質的(費用)として確認された。

Conclusions: This study suggests that regular use of CT by patients with rheumatoid arthritis offers holistic benefits. Compared to conventional treatments, CT is seen to have advantages in terms of a lower incidence of adverse reactions, greater patient choice, psychological comfort and an increased quality of the patient/therapist relationship. The use of CT by patients with rheumatoid arthritis indicates a need for evidence-based information about its use and safety in order to direct practice within a rheumatology department. PMID: 17042021 [PubMed - in process]

結論
リウマチ関節炎患者による補完療法の定期的な使用はホリスティックな利益を提供する。従来の治療に比べて、補完療法は、低い副作用の発現、患者の多数の選択、心理的な安らぎおよび患者・セラピストの関係の質的増大の観点から優位性があるとみられている。関節リューマチ患者による補完療法の使用は、リウマチ科内で実行を指示するために補完療法の使用および安全性に関しての実証に基づいた医科学情報の必要性を示している。

adverse reaction :副作用{ふくさよう
実証に基づいた医科学情報(Evidence-Based Information

精油・植物油のお求めは、アロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« 抗炎症薬について考える | Main | 精油の化学1dayセミナーの案内 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/12453766

Listed below are links to weblogs that reference 関節リウマチ治療における補完療法の優越性:

» ミデルコード60で効果的にダイエット!!【各ランキング上位のダイエットサプリ】 [ミデルコード60で効果的にダイエット!!【各ランキング上位のダイエットサプリ】]
ミデルコード60で効果的にダイエットしませんか? 話題騒然のダイエットサプリ!! ミデルコード60激安情報 口コミ 感想などダイエットサプリ情報満載!! [Read More]

Tracked on October 28, 2006 at 08:24 PM

» 病名・症状から調べる漢方の処方辞典 [病名・症状から調べる漢方の処方辞典]
病名・症状別に漢方の処方方法を解説しております。 [Read More]

Tracked on October 31, 2006 at 10:12 AM

» 転職,就職,求人情報-お仕事情報.Com [転職,就職,求人情報-お仕事情報.Com]
正社員・派遣・アルバイトなど。WEBより登録可能な求人サイトのリンク集です! [Read More]

Tracked on November 11, 2006 at 08:54 AM

« 抗炎症薬について考える | Main | 精油の化学1dayセミナーの案内 »