« おっさんアロマ・ヨモギ風呂 | Main | 一厘咲いたハイビスカス »

October 13, 2006

ヨモギはアレルギー性疾患治療に有効?

Artemisia iwayomogi Inhibits Immediate-Type Allergic Reaction and Inflammatory Cytokine Secretion.

イワヨモギ即時型アレルギー反応および炎症性サイトカイン分泌抑制

PUBMEDより

1: Immunopharmacol Immunotoxicol. 2006;28(3):421-30.

Immunopharmacol:免疫薬理
Immunotoxicol:免疫毒性

Shin TY, Park JS, Kim SH.

College of Pharmacy, Woosuk University, Jeonju, Jeonbuk, Korea.
薬学部、

The immediate-type allergic reaction is involved in many allergic diseases such as asthma and allergic rhinitis. The discovery of drugs for the treatment of immediate-type allergic diseases is a very important subject in human health.

即時型アレルギー反応は喘息やアレルギー性鼻炎などの多くのアレルギー性疾患に関係している。即時型アレルギー 疾患治療薬の発見はヒトの健康において極めて重要な課題である。

Immediate-Type Allergic Reaction: 即時型アレルギー 反応
Inflammatory Cytokine Secretion:炎症性サイトカイン分泌
In this study, we investigated the effect of Artemisia iwayomogi (AIAE) on mast cell-mediated allergic reaction and inflammatory cytokine secretion. AIAE inhibited compound 48/80-induced systemic reactions in mice.

本研究で、肥満細胞媒介性アレルギー反応および炎症性サイトカイン分泌へのイワヨモギ(Artemisia iwayomogi)の作用を研究した。イワヨモギはcompound 48/80で誘発されたマウスの全身性の痒み反応を抑制した。

mast cell:肥満細胞
cell-mediated reaction. 細胞媒介性反応
systemic reactions;全身性反応
inflammatory cytokine secretion 炎症性サイトカイン分泌
Compound 48/80:かゆみ関連関連引っ掻き行動をマウスに起こさせえる薬剤
tumor necrosis factor-alpha 腫瘍壊死因子α

痒みの基礎研究

AIAE decreased the passive cutaneous anaphylaxis (PCA) reaction activated by antidinitrophenyl (anti-DNP) IgE antibody. AIAE dose-dependently reduced histamine release from rat peritoneal mast cells activated by compound 48/80 or anti-DNP IgE.

イワヨモギはanti-DNPの薬物抗体に活性化された受身皮膚アナフィラキシー反応を減少させた。ヨモギ容量依存によりcompound 48/80(痒み誘発剤)またはanti-DNPの薬物抗体によって活性された腹腔肥満細胞からのヒスタミン放出を減少させた。

Psssive cutaneous anaphy axis(PCA): 受身皮膚アナフィラキシー
antidinitrophenyl (anti-DNP) IgE antibody :anti-DNPの薬物抗体
peritoneal mast cells 腹腔肥満細胞

Furthermore, AIAE attenuated the phorbol 12-myristate 13-acetate plus calcium ionophore A23187-stimulated tumor necrosis factor-alpha and interleukin-6 secretion in human mast cells.

さらに、イワヨモギは、ヒトの肥満細胞においてPhorbol-12-myristate-13-acetate(腫瘍プロもター)プラスカルシウムイオノフA23187に刺激された腫瘍壊死因子αおよびインターロイキン6分泌を弱めた。

peritoneal mast cells 腹腔肥満細胞
Phorbol-12-myristate-13-acetate:最も広く使用されているフォルボールエステルです.非常に強力なマウス皮膚腫瘍プロモーターです
calcium ionophore A23187 カルシウムイオノフォア(アポトーシス誘導物質)
tumor necrosis factor-alpha 腫瘍壊死因子α
interleukin-6 secretion インターロイキン6分泌
attenuate :弱める、薄める

These results provide evidence that AIAE may be beneficial in the treatment of allergic diseases.

これらの研究結果はイワヨモギがアレルギー性疾患の治療に有益でありうる証拠を提供する。

PMID: 16997791 [PubMed - in process]

ヨモギ蒸しはアトピー・アレルギー性鼻炎に効果があると出ていました。ヨモギのこうような効果に対しての文献がないのかと調べていたらヨモギ属の仲間のイワヨモギの文献に出会いました。推測ですがアレルギー疾患であるアトピー性皮膚炎などにイワヨモギと同じ仲間のヨモギは有益であるとおもいます。

ヨモギ・精油のご用命はアロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« おっさんアロマ・ヨモギ風呂 | Main | 一厘咲いたハイビスカス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/12271647

Listed below are links to weblogs that reference ヨモギはアレルギー性疾患治療に有効?:

« おっさんアロマ・ヨモギ風呂 | Main | 一厘咲いたハイビスカス »