« 精油の学名から推測できること | Main | お月様と精油 »

November 04, 2006

玉蘭(ホワイトチャンパカ)とオガタマノキ(招霊の木)の関係

玉蘭はMicheliaオガタマノキ属で木蓮はMagnolia(モクレン属)との違いを調べてみました。

玉蘭(ホワイトチャンパカ)とチャンパカ

チャンパカ・精油には2種類あります。Michelia champaca:キンコウボクで黄色い花をつけるものです。通常チャンパカのオイルとして売られているものです。現在、フィトアロマ研究所で発売している玉蘭・ホワイトチャンパカMichelia albaになります。花の色によってチャンパカ(黄色)、玉蘭・ホワイトチャンパカ(白色)。

チャンパカの植物はモクレン科、Micheliaオガタマノキ属になります。オガタマノキ属の名称は、オガタマノキMichelia compressa(扁平の)から由来しています。

この木は、冬も葉を落とさない常緑高木が生命力の象徴として神社の境内によく植えられている。榊・サカキ(神の依代ヨリシロ,又は神に捧げる木)として古くから尊ばれ、招霊(オギタマ)が転じてオガタマの名になったといわれている。花には強い芳香があります。この木には神様が宿る木なので人々に幸せを与えてくれるかも知れません。

バリではチャンパカは神事に使用されていると聞いています。バリはヒンドゥー教で、本家のインドのヒンドゥー教寺院では栽植され神聖な木とされている。

これと同じ属のオカダマノキが日本の神社に植えられているとは不思議です。玉蘭の香りを嗅いでい頂いたお客は高貴な香りで至福の感じ受けるといっていました。神を招く木と言われるオカダマノキ属の植物だからかも知れません。

木蓮
Magnolia heptapeta(7の)、ハクモクレン、英名:Yulan
Magnolia quinquepeta(5点のある)、シモクレン、英名:Lily Magnolia

植物の名称

植物の名前は通常の名称で呼んでいます。ところが通常の名称で正しい植物名を検索すると時間がかります。モクレンは日本ですが外国ではマグノリアと呼んでいます。外国の植物で学名が名称になってたり、その土地で呼ばれている呼称を音読みして日本名になっているものもあります。それで、これらの名称から植物を特定することは難しいです。

今回、やっとのことで玉蘭と木蓮の木の区別がつきました。玉蘭は招霊の木(オカダマノキ)の仲間の植物であることを知った。今度、神社に参拝に行く時にはこのオカダマノキを見てみたいです。

下記の言葉について調べ考えたこと

依代(ヨリシロ)
神霊が招き寄せられて乗り移るもの。樹木・岩石・人形などの有機体、これを神霊のかわりとして祭る。形代(カタシロ)

形代(カタシロ)
神を祭る時、神霊の変わりとして据えたもの。
陰陽師が、みそぎ・祓(はらえ)などに用いた紙の人形(ひとかた)。これで身体をなでて災いを移し、川に流した。

依代(ヨリシロ)と形代(カタシロ)は広辞苑からです。

神様は舞い降りてくるときには降りる場所を示す印が必要になります。それが、樹木、岩石、人形だったのです。以前、英国のリフレクソロジーの先生と話した時に、ハリーポッターが何故三角帽子を被っているのは神様が降りてくる目印なるからだと言っていました。

明日は十五夜ですが月の神様が降りてこられるようにお月見セットを飾り、月のエネルギーを頂きます。上記に岩石に神霊が降りるといわれています。これは現代に直せばパワーストーンをもつことにより神霊が降りてくる場所になるのかもしれません。これによって神との一体化がはかれ邪気が祓えて元気になるのかもしれません。

聖なる木や植物の香りを身にまとうことにより、神霊が降りてくるのに役にたつのかも知れません。最近は聖なる植物や樹木に関する記事が多くなってきてます。来週には聖なる植物、ホーリーバジル(トゥラシー)精油が入ってきます。

|

« 精油の学名から推測できること | Main | お月様と精油 »

Comments

☆こんばんわ~♪
先日は 真正ラベンダー プレゼントありがとうございました~
今まで 使わずに 大切にしていました~(^^
今日の ブログにも 載せましたが 火傷した手に
塗るため 開けて使いました~
さわやかさの中にも 凛としたきりっとした花の
匂いが しました~(^^

とても 気にいりました~
ありがとう ございましたー☆

Posted by: ☆perfume☆ | November 04, 2006 at 11:51 PM

チャンパカは、最近、気になるもののひとつです。ホーリーバジルもですが、心に対する作用に関心があります。

Posted by: R's Garden | November 11, 2006 at 07:55 PM

コメントありがとうございます。玉蘭・ホワイトチャンパカ(Michelia alba)には抗うつに良いと効いています。ホーリーバジルの心への作用につては調べてみたいと思います。聖なる植物は身体の心にないか作用するので神秘的、聖なると名称が付いているのだと思います。オイゲノールの香りには心にたしてどんな効果があるのか知りたいで興味がらいます。

Posted by: おっさんアロマ本人 | November 13, 2006 at 10:47 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/12555921

Listed below are links to weblogs that reference 玉蘭(ホワイトチャンパカ)とオガタマノキ(招霊の木)の関係:

« 精油の学名から推測できること | Main | お月様と精油 »