« ティートリー・エセンシャルオイル(精油) | Main | 看護教育におけるスピリチャリティーケアおよび文化ケア »

January 06, 2007

アロマ創傷ケア、International Journal of Clinical Aromatherapyより

アロマ創傷ケア、International Journal of Clinical Aromatherapyより

昨年の暮れに届いた雑誌、International Journal of Clinical Aromatherapyの特集はWound Care(創傷ケア)でした。創傷ケアにアロマセラピーが使用されていることを知っていただきたくこの雑誌を紹介いたします。編集長のリアノン・ハリスはボブ・ハリスともにEssential Oil Resource Consultants(EORC)を運営し、現在南フランスに在住。

世界中でエビデンスに基づいた臨床アロマセラピーのセミナーを行っています。尚、THE ESSENTIAL OIL RESEARCH DATABASE(精油研究データーベース)は世界中のアロマセラピストや医師の方々が利用しています。ご興味あるかたは購読されると良いとおもいます。下記ををクリックするとホームページに行きます。

International Journal of Clinical Aromatherapy(IJCA)

WOUND CARE・創傷ケア

Volume 3, Issue 2b-2006

目次

Aromatic wound care in a health care system: a report from the United States

ヘルスケアシステムにおけるアロマ創傷ケア:米国からの報告

Aromatice approach to wound care

創傷ケアへのアロマ的アプローチ

Scar reduction following burn and tropical infection:case study

やけどおよび熱帯感染症後の瘢痕の減少:事例研究

Using honey in wound care

創傷ケアにおける蜂蜜使用

Aromatic intervention for decubitus ulcer: case report from South Africa

褥瘡性潰瘍に対するアロマ的介入:南アフリカ事例報告

Using topical aromatherapy for the management of fungating wound in a palliative care

緩和ケアにおける腫溜形成性褥瘡管理に対する局所アロマセラピー使用

Venous ulcer-healing with essential oils and Aloe vera: a case study

精油およびアロエでの静脈鬱滞性潰瘍の治療

Interview with Dr Jacqui Stringer

Dr Jacqui Stringer医師へのインタービュー

Holistic aromatherapy intervention of surgical wound: a case study

手術創のホリスティックアロマセラピーの介入:ケーススタディー

Dermatology and wound care: excerpts from the Essential Oil Research Database

皮膚科学および創傷ケア;精油研究データベースよりの抜粋


褥瘡関連ブログ

褥瘡管理における自然療法

バジルエセンシャルオイル創傷治癒促進

|

« ティートリー・エセンシャルオイル(精油) | Main | 看護教育におけるスピリチャリティーケアおよび文化ケア »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/13360805

Listed below are links to weblogs that reference アロマ創傷ケア、International Journal of Clinical Aromatherapyより:

« ティートリー・エセンシャルオイル(精油) | Main | 看護教育におけるスピリチャリティーケアおよび文化ケア »