« アロマ創傷ケア、International Journal of Clinical Aromatherapyより | Main | 看護における便秘管理への腹部経絡マッサージ »

January 07, 2007

看護教育におけるスピリチャリティーケアおよび文化ケア

The impact of empirical studies of spirituality and culture on nurse Education

看護教育にかんするスピリチャリティーおよび異文化の実証的研究影響

PUBMEDより

Narayanasamy A.

Faculty of Medicine & Health Sciences, School of Nursing, University of Nottingham, Nottingham, UK. aru.narayanasamy@nottingham.ac.uk

医学科及び保健学科、看護学部、ノッティンガム大学、ノッティンガム、英国。

AIMS AND OBJECTIVES: The aim of this paper is to share reflectively how my empirical studies on spirituality and culture have had an impact upon nurse education.

目的と方針:

本論文の目的は、スピリチャリティーおよび異文化へ私的実証的研究が看護婦教育に如何に衝撃を与えたかを共有することである。

empirical studies:実証的研究

BACKGROUND:

Spirituality and cultural dimensions of care are considered to be integral to holistic care. The healing potentials of spiritual and cultural care are well documented. The commitment to the research programme came due to the concern within early literature on nursing that the provision of spiritual care for patients is inadequate.

バックグランド

介護のスピリチャリティおよび文化の特質はホリスティックケアに不可欠であると考えられている。スピリチャリティケアおよび文化ケアの治療の可能性は十分に実証されている。研究プログラムへの関与は患者に対するスピリチャリティケア規定が不十分である看護学にかんする初期文献内部への懸念によるものであった。

cultural dimensions:文化の特質
cultural care:文化ケア

METHODS: The research programme used action research comprising largely qualitative approaches. As the holistic and multiperspective nature of spirituality and culture requires a multidisciplinary approach and flexibility of methodology, various research techniques were used.

方法:

調査プログラムは、主に質的なアプローチからなるアクションリサーチを使用した。スピリチュアリティと異文化のホリスティックおよび多視点の本質は学際的アプローチおよび方法論の柔軟性を必要とするので、様々な調査研究技術が用いられた。

action research:アクションリサーチ
qualitative approaches 質的アプローチ
multiperspective:多視点な
multidisciplinary approach 学際的アプローチ
methodology:方法論

RESULTS: The findings from the research programme led to the development of theories, models and conceptual literature on spiritual and cultural care. In particular, two models evolved from the studies: the ASSET for spiritual cares education and training and the ACCESS for transcultural care practice. The critical incident studies provide insights into nurses' roles in spiritual care interventions. The phenomenological study highlights that chronically ill patients use spiritual strategies in coping with their illness.

結果:

研究プログラム結果は、スピリチュアルおよび文化ケアへの理論、モデルおよび概念的文献の進展にいたった。特に、研究より導かれた2つのモデル:スピリチュアルケア教育とトレーニングに対する資産および異文化間の介護実習に対してのアクセス。クリティカルインシデント研究はスピリチュアルケア介入における看護師の役割に対する洞察を提供している。現象論的研究は慢性疾患患者が患者の疾患に対応することにおいてスピリチュアル戦略を使用していることを強調している。

transcultural care practice:異文化間の介護実習
critical incident:クリティカルインシデント
phenomenological study:現象論的研究

CONCLUSION: Overall, the paper offers a body of evidence that has an impact upon curriculum
development in nurse education and nursing practice.

結論:
全体として、本研究は看護教育と看護実習のカリキュラム発展に影響を及ぼす体系のなす証拠を提供する。

RELEVANCE TO CLINICAL PRACTICE: The ASSET model offers a framework for spiritual care education. The ACCESS model offers a framework for transcultural care practice. The critical incident studies map out nurses' roles in spiritual and cultural care with scope for development of care intervention models for the future. The coping mechanisms study highlights how patients use spiritual coping strategies such as prayer and other resources to cope with their chronic illnesses.

臨床実習への関連

資産モデルはスピリチュアルケア教育に対して枠組みを提供する。資産モデルは異文化間の介護実習に対して枠組みを提供する。クリティカルインシデント研究は、将来の介護介入モデルの開発への機会でスピリチュアルおよび文化ケアにおける看護師の役割を策定する。対処メカニズム研究は、患者が慢性疾患に対処するために祈りおよび他の手段などのスピリチュアル対処戦略を如何に使用するかを強調している。

coping mechanisms study:対処メカニズム研究

PMID: 16879377 [PubMed - indexed for MEDLINE]

|

« アロマ創傷ケア、International Journal of Clinical Aromatherapyより | Main | 看護における便秘管理への腹部経絡マッサージ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/13375805

Listed below are links to weblogs that reference 看護教育におけるスピリチャリティーケアおよび文化ケア:

« アロマ創傷ケア、International Journal of Clinical Aromatherapyより | Main | 看護における便秘管理への腹部経絡マッサージ »