« ザクロシードオイル化粧品原料に使用で注目を浴びる | Main | エセンシャルオイル・精油ベース海外ブランドスキンケア商品 »

January 15, 2007

アトピー性皮膚炎患者ヘンプシードオイルで改善

Efficacy of dietary hempseed oil in patients with atopic dermatitis

アトピー性皮膚炎患者における食用ヘンプシードオイルの効果

PUBMEDより

1: J Dermatolog Treat. 2005 Apr;16(2):87-94

Callaway J, Schwab U, Harvima I, Halonen P, Mykkanen O, Hyvonen P,.

Department of Pharmaceutical Chemistry, University of Kuopio, Finland. callaway@uku.fi

薬化学学部、クオピオ大学、フィンランド

Pharmaceutical Chemistry 薬化学

BACKGROUND: Hempseed oil is a rich and balanced source of omega-6 and omega-3 polyunsaturated fatty acids (PUFAs). Anecdotal evidence indicated that dietary hempseed oil might be useful in treating symptoms of atopic dermatitis.

背景:
ヘンプシードオイル(大麻油)はオメガ-6およびオメガ-3、多価不飽和脂肪酸が豊富で、そのバランスがよいオイルの供給源である。逸話的証拠では食用ヘンプシードオイルがアトピー性皮膚炎症状の治療に役立つかもしれないことを示した。

Anecdotal evidence 逸話的証拠

PATIENTS AND METHODS: Dietary hempseed oil and olive oil were compared in a 20-week randomized, single-blind crossover study with atopic patients. Fatty acid profiles were measured in plasma triglyceride, cholesteryl and phospholipid fractions. A patient questionnaire provided additional information on skin dryness, itchiness and usage of dermal medications. Skin transepidermal water loss (TEWL) was also measured.

患者および方法

食用のヘンプシードオイルとオリーブ油は、アトピー性患者において20週無作為、1重盲検交差試験で比較された。脂肪酸の分析結果は血漿トリグリセリド、コレステリルおよびリン脂質で測定された。患者のアンケートは、皮膚の乾燥、痒さおよび皮膚薬剤使用にかんする追加的情報を提供した。また、皮膚の経表皮水分喪失量は測定された。

plasma triglyceride :血漿トリグリセリド
cholesteryl :コレステリル
transepidermal water loss (TEWL) 経表皮水分喪失量
single-blind crossover study 単盲検交差試験

RESULTS: Levels of both essential fatty acids (EFAs), linoleic acid (18:2n6) and alpha-linolenic acid (18:3n3), and gamma-linolenic acid (GLA; 18:3n6) increased in all lipid fractions after hempseed oil, with no significant increases of arachidonic acid (20:4n6) in any lipid fractions after either oil.

結果
リノール酸(18:2n6)とα‐リノレン酸(18:3n3)の必須脂肪酸(EFAs)、およびγ‐リノレン酸(GLA; 18:3n6)の両方の濃度がヘンプシードオイル投与後全ての脂質で増加した。どちらのオイル投与後どんな脂質においてアラキドン酸(20:4n6)の顕著な増加はなかった。

Intra-group TEWL values decreased (p=0.074), qualities of both skin dryness and itchiness improved (p=0.027) and dermal medication usage decreased (p=0.024) after hempseed oil intervention.

郡内の経表皮水分喪失量の値は(p=0.074)減少して、皮膚の乾燥および痒み両方の資質は(p=0.027)を改善して、ヘンプシードオイル介入後皮膚薬剤投与が(p=0.024)減少した。

CONCLUSIONS: Dietary hempseed oil caused significant changes in plasma fatty acid profiles and improved clinical symptoms of atopic dermatitis. It is suggested that these improvements resulted from the balanced and abundant supply of PUFAs in this hempseed oil.

結論

食用ヘンプシードオイルは、血漿脂肪酸において顕著な変化を引き起こして、アトピー性皮膚炎の臨床症状を改善した。これらの改善はこのヘンプシードオイルにおけるバランスが良くて豊富な必須脂肪酸の供給の結果によるものであることを示唆した。

clinical symptoms 臨床症状

PMID: 16019622 [PubMed - indexed for MEDLINE


ヘンプオイル(大麻油)・キャリアオイル

ヘンプシードオイルには必須脂肪酸の割合がオメガ3系列の必須脂肪酸(α-リノレン酸)が3で、オメガ6系列のリノレン酸は1です。この3-1の割合がヒトにとって最も良い脂肪酸の割合になると言われています。
必須脂肪酸は体内では合成でいないので食事等で摂取する必要になります。この脂肪酸は細胞膜の原料になります。

|

« ザクロシードオイル化粧品原料に使用で注目を浴びる | Main | エセンシャルオイル・精油ベース海外ブランドスキンケア商品 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/13509222

Listed below are links to weblogs that reference アトピー性皮膚炎患者ヘンプシードオイルで改善:

« ザクロシードオイル化粧品原料に使用で注目を浴びる | Main | エセンシャルオイル・精油ベース海外ブランドスキンケア商品 »