« 共役リノール酸(ザクロシードオイル成分)マウスで皮膚組成改善 | Main | アレルギーおよび炎症における肥満細胞の重要な役割 »

January 24, 2007

検索ワード、エセンシャルオイル,精油

先日、TVでグーグルの特集を見ました。そこには検索ワードの重要性が強調されていました。如何にしてホームページのアクセス数を上げることをビジネスとしている会社のことが出ていました。

アクセス数をアップするにはホームページ内で如何に検索されるワードを多用して文章を作成することだと出ていました。これにより、ヒット回数があがりグーグルのランキングが上位になると言っていました。

グーグルでエセンシャルオイルを検索するとフィトアロマ研究所は最初のページに出てきます。処が、精油で検索すると出てきません。また、グーグルの関連検索の覧を見るとエッセンシャルオイルは、エセンシャルオイル効能一件のみ。

精油ですと関連検索が8件ありました。いかにエセンシャルオイルのことを知るためには精油で検索していることが分かりました。自分はブログには主にエセンシャルオイルと表記することが多かったです。関連検索ワードでは精油成分、精油販売、精油効能、精油ブレンドが出ていました。

これらの検索ワードを使用してブログを書くことにより多くの方にフィトアロマ研究所を知っていただけるのではないかと思いました。精油事典の内容では最具体的に書くようにすれば良いのかと思いました。くどくなるかもしれませんが、主要成分をラベンダー精油主要成分、作用のみ表題をラベンダー精油効能にして、鎮静作用などで具体的に表現していくと良いみたいです。専門家によればくどいと思われるかもしれませんがそれがグーグル上位になるコツなのかもしれません。

ブログもホームページも如何にしてヒットする検索ワードを多用して表現していくかが重要であることがわかりました。言葉の選択により、読者に検索してもらえ、読んでいただける可能性が広まることが分かりました。

以前、アロマセラピーの学校、精油製造販売の会社に勤務していたときはいつもエセンシャルオイルの言葉を使用していました。精油という言葉はあまり使用した記憶がないです。

処が、検索のワードとなるとアロマセラピーのオイルを表現するとなると精油が多いことが分かりました。
そのためにグーグルで検索すると精油販売会社はどちらにも対応できるようにと必ずエセンシャルオイル(精油)と書いてありました。これは検索ワードを2つにしてヒットの数を増やす作戦だとやっと分かりました。

ディエットアロマオーガニック精油・フィトアロマ精油、キャリアオイルのお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ


|

« 共役リノール酸(ザクロシードオイル成分)マウスで皮膚組成改善 | Main | アレルギーおよび炎症における肥満細胞の重要な役割 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/13646088

Listed below are links to weblogs that reference 検索ワード、エセンシャルオイル,精油:

» 大橋マキさんファンブログ [大橋マキさんファンブログ]
元フジテレビのアナウンサーの大橋マキさんのファンの一人が作るブログです。大橋マキさんのオフィシャルブログがもう存在していますが、そこはご愛嬌としてぜひ拝見していってください。 [Read More]

Tracked on January 25, 2007 at 06:04 PM

« 共役リノール酸(ザクロシードオイル成分)マウスで皮膚組成改善 | Main | アレルギーおよび炎症における肥満細胞の重要な役割 »