« 検索ワード、エセンシャルオイル,精油 | Main | 病院の待合室・ナーススティーションで芳香浴 »

January 25, 2007

アレルギーおよび炎症における肥満細胞の重要な役割

アレルギーおよび炎症ストレスで悪化、アロマでストレス予防かも

The critical role of mast cells in allergy and inflammation

アレルギーおよび炎症における肥満細胞の重要な役割

PUBMEDより

1: Ann N Y Acad Sci. 2006 Nov;1088:78-99

Theoharides TC, Kalogeromitros D.

Department of Pharmacology and Experimental Therapeutics, Tufts University School of Medicine, 136 Harrison Avenue, Boston, MA 02111, USA. theoharis.theoharides@tufts.edu.

米国、ボストンタフト大学医学部、薬理学科および実験治療学科

Pharmacology 薬理学
Experimental Therapeutics 実験治療学

Mast cells are well known for their involvement in allergic and anaphylactic reactions, but recent findings implicate them in a variety of inflammatory diseases affecting different organs, including the heart, joints, lungs, and skin.

肥満細胞はアレルギー反応およびアナフィラキシー反応に関与していることは知られているが、最近の研究結果では、心臓、関節、肺および皮膚を含む異なる臓器に影響する様々な炎症疾患に関与している。

In these cases, mast cells appear to be activated by triggers other than aggregation of their IgE receptors (FcepsilonRI), such as anaphylatoxins, immunoglobulin-free light chains, superantigens, neuropeptides, and cytokines leading to selective release of mediators without degranulation.

これらの場合、肥満細胞はIgE 受容体(FcepsilonRI)の凝集より他の誘因によって活性化されるようである。それらの誘因は、アナフィラトキシン、免疫グロブリンフリーライトチェイン、スパー抗原、神経ペプチド、および脱顆粒以外でメディエーターの選択的遊離を導くサイトカインなどである。

trigger :誘因、要因
IgE. 受容体(Fc²RI)
aggregation :凝集
anaphylatoxin アナフィラトキシン
immunoglobulin-free light chains 免疫グロブリンフリーライトチェイ
superantigens:スパー抗原
neuropeptides 神経ペプチド
cytokine :サイトカイン
degranulation :脱顆粒

These findings could explain inflammatory diseases, such as asthma, atopic dermatitis, coronary inflammation, and inflammatory arthritis, all of which worsen by stress.

これらの研究結果は、喘息、アトピー性皮膚炎、冠状動脈の炎症、および炎症性関節炎などの炎症性疾患、それらすべてはストレスによって悪化することになると説明できた。

coronary inflammation  冠状動脈の炎症

It is proposed that the pathogenesis of these diseases involve mast cell activation by local release of corticotropin-releasing hormone (CRH) or related peptides. Combination of CRH receptor antagonists and mast cell inhibitors may present novel therapeutic interventions.

これらの疾患病因は、副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)または関連ペプチドの局所放出によって肥満細胞活性化を関係していることを提案している。CRH受容体拮抗剤と肥満細胞抑制薬の組合せは、新しい治療的介入を提示する可能性がある。

pathogenesis 病原,病原性,原因
corticotropin-releasing hormone (CRH):副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH
CRH receptor antagonists :CRH受容体拮抗薬
mast cell inhibitors 肥満細胞阻害剤

フィトアロマ研究所たより 関連ブログ記事

ヨモギはアレルギー性疾患治療に有効?

抗炎症薬について考える

関節炎患者に対するアロマセラピー看護介入効果


ゼラニウム・精油抗炎症作用、関節炎・炎症浮腫に効果

|

« 検索ワード、エセンシャルオイル,精油 | Main | 病院の待合室・ナーススティーションで芳香浴 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/13653865

Listed below are links to weblogs that reference アレルギーおよび炎症における肥満細胞の重要な役割:

« 検索ワード、エセンシャルオイル,精油 | Main | 病院の待合室・ナーススティーションで芳香浴 »