« VOA Special English:ニューヨク市レストランでトランス脂肪禁止 | Main | 女性の不妊症原因トランス脂肪かも? »

January 20, 2007

認知症に認知増強特性のスパニッシュセージ、セージ、メリッサ、ローズマリー

The psychopharmacology of European herbs with cognition- enhancing properties.

認知増強特性を有するヨーロッパハープの精神薬理学

Psychopharmacology:精神薬理学

PUBMEDより

1: Curr Pharm Des. 2006;12(35):4613-23

Kennedy DO, Scholey AB.

Human Cognitive Neuroscience Unit, Division of Psychology, Northumbria University, Newcastle upon Tyne, NE1 8ST UK. david.kennedy@unn.ac.uk

Cognitive Neuroscience:認知神経科学

Extensive research suggests that a number of plant-derived chemicals and traditional Oriental herbal remedies possess cognition-enhancing properties. Widely used current treatments for dementia include extracts of Ginkgo biloba and several alkaloidal, and therefore toxic, plant-derived cholinergic agents.

広範囲な研究は多数の植物由来の薬品および東洋の伝統的薬草療法が認知増強特性を有していることを示唆している。現在認知症治療薬として使用されているのはイチョウおよび幾つかのアルカロイドで、したがって毒性ある植物由来のコリン作動薬である。

plant-derived 植物由来
cholinergic agents コリン作動薬

Several non-toxic, European herbal species have pan-cultural traditions as treatments for cognitive deficits, including those associated with ageing. To date they have not received research interest commensurate with their potential utility.

幾つかの非毒性のヨーロッパ薬草種には、老化に関連するこれらのことを含む認知障害に対する治療として汎文化的な伝統がある。現在まで、薬草種は有効の可能性に相応した研究の関心を受けてこなかった。

cognitive deficits 認知障害

Particularly promising candidate species include sage (Salvia lavandulaefolia/officinalis), Lemon balm (Melissa officinalis) and rosemary (Rosmarinus officinalis). In the case of sage, extracts possess anti-oxidant, estrogenic, and anti-inflammatory properties, and specifically inhibit butyryl- and acetyl-cholinesterase.

特に有望な候補種は、セージ(スパニッシュセージ・セージ)、レモンバーム(メリッサ)およびローズマリーです。セージの場合には、抽出物には、抗酸化作用、エストロゲン作用、および抗炎症作用があり、特にブチリルコリンエステラーゼおよびアセチルコリンエステラーゼを阻害する。

Salvia lavandulaefolia:スパニッシュセージ
Salvia officinalis:セージ

butyrylcholinesterase :ブチリルコリンエステラーゼ(酵素)
acetylcholinesterase:アセチルコリンエステラーゼ(酵素)

脳内神経伝達物質アセチルコリンの生成減少がアルツハイマー型認知症発症原因と言われています。上記の2つの酵素はこの大切なアセチルコリンを分解してしまう酵素です。この病気の治療としてはアセチルコリンを増強するためのコリン作動薬または上記の酵素を阻害する薬が必要になります。

Acute administration has also been found to reliably improve mnemonic performance in healthy young and elderly cohorts, whilst a chronic regime has been shown to attenuate cognitive declines in sufferers from Alzheimer's disease.

また、急性投与が健康な若年および高齢者のコホート研究で確実に記憶能力改善が解明された、一方、慢性投与はアルツハイマー患者で認知低下を軽減したことを示した。

Acute administration: 急性投与
cohorts:コーホート

In the case of Melissa officinalis, extracts have, most notably, been shown to bind directly to both nicotinic and muscarinic receptors in human brain tissue.

メリッサの場合において、抽出物は、最も顕著にヒト脳組織のニコチン受容体とムスカリン受容体の両方に直接結合したことを示した。

nicotinic and muscarinic receptors :ニコチン受容体とムスカリン受容体
human brain tissue ヒト脳組織

This property has been shown to vary with extraction method and strain. Robust anxiolytic effects have also been demonstrated following acute administration to healthy humans, with mnemonic enhancement restricted to an extract with high cholinergic binding properties.

この特性は抽出方法および精神的緊張で変化することが示された。また、強力な抗不安作用は、高いコリン作動性の結合特性を持つ抽出物に制限された記憶増強で健常者に急性投与に続いて強力な抗不安作用が証明された。

anxiolytic effects 抗不安作用
cholinergic binding properties.:コリン作動性の結合特性

Chronic regimes of aromatherapy and essential oil respectively have also been shown to reduce agitation and attenuate cognitive declines in sufferers from dementia. Given the side effect profile of prescribed cholinesterase inhibitors, and a current lack of a well tolerated nicotinic receptor agonist, these herbal treatments may well provide effective and well-tolerated treatments for dementia, either alone, in combination, or as an adjunct to conventional treatments.

また、アロマセラピーおよび精油の慢性投与は、それぞれ認知症患者で焦燥性興奮の減少および認知低下を弱めることを示した。 処方されたコリンエステラーゼ阻害薬の副作用側面、および 現在、安定したニコチン受容体作動薬の欠如で、これらの薬草治療は、単独、組み合わせまたは従来の治療の補助手段として、認知症に対して効果的で安定した治療提供するだろう。

Chronic regimes:慢性投与
Agitation:焦燥性興奮
cognitive declines 認知低下
receptor agonist 受容体作動薬

資料

認知症の症状が緩和して介護者の負担が減った精油

ラベンダー、カモミール、マンダリン、スイートオレンジ、ゼラニウム、マジョラム、メリッサ、ティ-トリーなどがある。多くは、鎮静作用やリラクゼーション作用目的として使用される芳香性植物精油であり、認知症患者の不穏、不安、神経症的行動の緩和をターゲットにしている.

AROMA RESEARCH NO.25 2006 “認知症とかおり”より

ディエットアロマオーガニック精油・フィトアロマ精油、キャリアオイルのお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« VOA Special English:ニューヨク市レストランでトランス脂肪禁止 | Main | 女性の不妊症原因トランス脂肪かも? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/13593000

Listed below are links to weblogs that reference 認知症に認知増強特性のスパニッシュセージ、セージ、メリッサ、ローズマリー:

« VOA Special English:ニューヨク市レストランでトランス脂肪禁止 | Main | 女性の不妊症原因トランス脂肪かも? »