« 看護教育におけるスピリチャリティーケアおよび文化ケア | Main | 看護における高齢者のスピリチュアルニーズ »

January 08, 2007

看護における便秘管理への腹部経絡マッサージ

The effects of abdominal meridian massage on constipationamong CVA patients.

脳血管障害患者の便秘への腹部経絡マッサージ作用

PUBMEDより

1: Taehan Kanho Hakhoe Chi. 2005 Feb;35(1):135-42

Jeon SY, Jung HM.

Dong-eui Medical Center, Korea.

PURPOSE: This study was aimed at developing an efficient nursing method for the management of constipation by comparing the effects of abdominal meridian massage on the symptoms of constipation.

目的: 便秘症状への腹部経絡マッサージ効果を比較することによって便秘管理にたいする効率的な看護メソッドの開発を目的とした。

meridian:経絡

METHOD: The subjects were determined by the Rome II criteria and the Constipation Assessment Scale from Aug 30 through Sep 26, 2002. They were randomly divided into two groups: one experimental group of 16, another control group of 15.

方法: 対象は8月30日から2002年9月26日までRome II criteria(診断基準および便秘 尺度 評価法によって決定されました。 彼らは無作為に2つのグループに分けられた: 1つは16人の実験群、別は15人の対照郡。

診断規準(Rome II criteria). 診断規準(Rome II criteria).
constipation assessment scale :便秘 尺度 評価法

Abdominal meridian massage was given to the experimental group and no massage was given to the control group. The frequency of defecation and severity of constipation by CAS were measured.

腹部経絡マッサージが実験郡に行われて、対照郡にはマッサージが行われなかった。便秘尺度評価法によって排便の頻度および便秘の重症度が測定された。

defecation :排便

The data was analyzed with the t-test, chi(2)-test, and repeated measures ANOVA. RESULTS: There was a significant improvement in frequency of defecation, and severity of constipation in the experimental group compared to the control group.

データは、t-検定、chi(2)検定、および反復測定分散分析で分析された。結果: 排便の頻度には顕著な改善があって、実験郡における便秘の重症が対照郡と比較された。

t.test・関数:2つの値の有意差検定. 標本平均と定数との比較.

repeated measures ANOVA:反復測定分散分析

CONCLUSION: Abdominal meridian massage can be considered an effective nursing method for the management of constipation among CVA patients.

結論: 経絡マッサージは、脳血管障害患者の間での便秘管理に対しての効果的な看護方法あると考えることができる。

CVA cerebrovascular accident:脳血管障害

PMID: 15778565 [PubMed - indexed for MEDLINE

アロマで便秘解消

アロマでの便秘解消としてスパイクナードと和ハッカをブレンドをホホバオイルに希釈して腹部をマッサージすると
便秘解消に良いとアロマセラピストさんが言っていました。スパイクナードには筋肉をリラックスする作用があり、
また、和ハッカには局所刺激作用があって、この両方の作用により蠕動が促されるのかもしれません。

スパイクナード・和ハッカの精油のお求めはアロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« 看護教育におけるスピリチャリティーケアおよび文化ケア | Main | 看護における高齢者のスピリチュアルニーズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/13394251

Listed below are links to weblogs that reference 看護における便秘管理への腹部経絡マッサージ:

« 看護教育におけるスピリチャリティーケアおよび文化ケア | Main | 看護における高齢者のスピリチュアルニーズ »