« ラベンダー精油主要成分リナロールの抗不安作用 | Main | 2月25日勉強会お知らせ(リンパドレナージュ) »

February 09, 2007

ユーカリ精油成分1.8シネオールとステロイド依存性気管支喘息

Anti-inflammatory activity of 1.8-cineol (eucalyptol) in bronchial asthma: a double-blind placebo-controlled trial.

気管支喘息における1.8シネオール(ユーカリプトール)の抗炎症作用:二重盲検プラセボ対照試験

Eucalyptol ユーカリプトール
bronchial asthma 気管支喘息
double-blind placebo-controlled trial :二重盲検プラセボ対照試験

PUBMEDより

1: Respir Med. 2003 Mar;97(3):250-6

Juergens UR, Dethlefsen U, Steinkamp G, Gillissen A, Repges R, Vetter H.

Department of Pneumology, Medical Outpatient Clinic, Bonn University Hospital, Germany. uwejuergens@t-online.de

呼吸器科、外来診療所、ボン大学病院、ドイツ

Pneumology:呼吸器

Airway hypersecretion is mediated by increased release of inflammatory mediators and can be improved by inhibition of mediator production. We have recently reported that 1.8-cineol (eucalyptol) which is known as the major monoterpene of eucalyptus oil suppressed arachidonic acid metabolism and cytokine production in human monocytes.

気道粘液の過分泌は炎症伝達物質放出の増加によって媒介されて伝達物質産生の抑制によって改善することができる。ユーカリ精油の主要なモノテルペンとして知られている1.8シネオール(ユーカリプトロル)がアラキドン酸代謝およびヒト単球におけるサイトカイン産生を抑制した。

Airway hypersecretion:気道の過剰分泌
inflammatory mediators 炎症伝達物質
arachidonic acid metabolism アラキドン酸代謝
human monocytes. ヒト単球

Therefore, the aim of this study was to evaluate the anti-inflammatory efficacy of 1.8-cineol by determining its prednisolone equivalent potency in patients with severe asthma. Thirty-two patients with steroid-dependent bronchial asthma were enrolled in a double-blind, placebo-controlled trial.

従って、本研究の目的は、重篤喘息患者でプレドニゾロンと同等の有効性を決定することによって1.8-シネオールの抗炎症作用を評価することであった。32人のステロイド依存性気管支喘息患者が二重盲検プラセボ対照臨床試験に登録された。

Prednisolone:プレドニソロン、グルココルチコイドでアレルギー状態、喘息、自己免疫疾患等の種々の炎症症状の治療に使用。
steroid-dependent bronchial asthma ステロイド依存性気管支喘息

After determining the effective oral steroid dosage during a 2 month run-in phase, subjects were randomly allocated to receive either 200 mg 1.8-cineol t. i.d. or placebo in in small gut soluble capsules for 12 weeks

2ヵ月の臨床試験期間に効果的経口ステロイド投薬量を測定した後に、被験者は2週間200mgの1.8-シネオールまたは小腸可溶性カプセルのプラセボのどちらかを投与されるために無作為に割り当てられた。

oral steroid dosage:経口ステロイドの用量

Oral glucocorticosteroids were reduced by 2.5 mg increments every 3 weeks. The primary end point of this investigation was to establish the oral glucocorticosteroid-sparing capacity of 1.8-cineol in severe asthma.


経口グルココルチコステロイドは、3週ごと2.5mgの増量によって減少した。この調査のプライマリーエンドポイントは、重篤な喘息で1.8-シネオールの経口グルココルチコステロイド 投与節約容量を確立することであった。

Glucocorticosteroids:グルココルチコステロイド
increment :増加(量)、増分、増大

Reductions in daily prednisolone dosage of 36% with active treatment (range 2.5-10 mg, mean: 3.75 mg) vs. a decrease of only 7% (2.5-5 mg, mean: 0.91 mg) in the placebo group (P = 0.006) were tolerated. Twelve of 16 cineol vs. four out of 16 placebo patients achieved a reduction of oral steroids (P = 0.012).

実験治療(範囲:2.5-10 mg, 平均値: 3.75 mg)で 36%のプレドニソロン日常投与量減少に対してプラセボ郡((P = 0.006)で(範囲:2.5-5 mg, 平均値: 0.91 mg)で7%だけの減少が許容された。16人シネオール患者のうち12人対16人プラセボ患者の4人が経口ステロイド((P = 0.012)量の減少を成し遂げた。

Long-term systemic therapy with 1.8-cineol has asignificant steroid-saving effect in steroid-depending asthma. This is the first evidence suggesting an anti-inflammatory activity of the monoterpene 1.8-cineol in asthma and a new rational for its use as mucolytic agent in upper and lower airway diseases

1.8シネオールでの長期間全身治療はステロイド依存性喘息において顕著なステロイド節約効果があった。これは、喘息でモノテルペン、1.8シネオールの抗炎症作用および上下の気道疾患で粘液溶解剤としての新たな論理的使用を示唆する最初の証拠である。

Systemic Therapy:全身治療
mucolytic agent 粘液溶解剤


ディエットアロマ・オーガニックユーカリ精油のお求めは、アロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« ラベンダー精油主要成分リナロールの抗不安作用 | Main | 2月25日勉強会お知らせ(リンパドレナージュ) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/13849421

Listed below are links to weblogs that reference ユーカリ精油成分1.8シネオールとステロイド依存性気管支喘息:

« ラベンダー精油主要成分リナロールの抗不安作用 | Main | 2月25日勉強会お知らせ(リンパドレナージュ) »