« ディエットアロマ精油”癒しフェア in 大阪”にデビュー・3月10・11日 | Main | フラゴニア・精油 »

February 15, 2007

メチルオイゲノール(ホリーバジル精油主成分)の弛緩および抗けいれん作用

Relaxant and antispasmodic actions of methyleugenol on guinea-pig isolated Ileum.

摘出モルモット回腸平滑筋へのメチルオイゲノールの弛緩および抗けいれん作用

relaxant action :弛緩作用
antispasmodic action:抗けいれん作用
guinea-pig isolated ileum 摘出モルモット回腸平滑筋
ileum :回腸

PUBMEDより

1: Planta Med. 2000 Jun;66(5):408-11

Lima CC, Criddle DN, Coelho-de-Souza AN, Monte FJ, Jaffar M,Leal-Cardoso JH.

Departamento de Ciencias Fisiologicas, CCS, Universidade Estadual do Ceara, Fortaleza, Brazil.

The effects of methyleugenol (ME) on guinea-pig isolated ileum were studied. ME reversibly relaxed basal tonus (EC50 of 52.2 +/- 18.3 microM), an action unaltered by 0.5 microM tetrodotoxin or 0.5 mM hexamethonium, and relaxed the ileum pre-contracted with 60 mM KCl.

摘出モルモット回腸平滑筋へのメチルオイゲノール(ME)の作用が研究された。メチルオイゲノール(ME)は可逆的に基礎緊張(EC50 of 52.2 +/- 18.3 microM)を弛緩させて、作用は0.5 microM テトロドトキシンまたは0.5 mM ヘキサメトニウムによって変更しなくて60 mM(塩化カリウム)で事前に収縮させた回腸平滑筋を弛緩させた。

methyleugenol (ME):メチルオイゲノール
guinea-pig isolated ileum 摘出モルモット回腸平滑筋
basal tonus:基礎緊張
reversibly :可逆的{かぎゃく てき}に
tetrodotoxin:テトロドトキシン 
KCl(塩化カリウム)
Hexamethonium.:ヘキサメトニウム、神経節作用薬/神経筋接合部作用薬
unaltered :変わらない、不変の、変更のない

ME slightly hyperpolarized the ileum from -57.3 to -62.8 mV but had no effect in depolarised tissues. ME inhibited contractions induced by ACh, histamine and KCl with IC50 values of approximately 82, 124, and 65 microM, respectively.

メチルオイゲノール(ME)には、わずかに-57.3から-62.8mVまで回腸を過分極したが、脱分極された組織で効果がなかった。メチルオイゲノールMEは、それぞれ、約82、124および65microMの50%抑制濃度値でアセチルコリン、ヒスタミンとKCl(塩化カリウム)によって誘発された収縮を阻害した。

Hyperpolarize:過分極化する
depolarize :脱分極する、~の極性をなくす
Ach( acetylcholine ):アセチルコリン
IC50:median inhibitory concentration, 50%中央値抑制濃度

Our results suggest that ME induces relaxation of guinea-pig ileum by a direct action on smooth muscle via a mechanism largely independent of alterations of membrane potential (Em).

我々の結果は、メチルオイゲノール(ME)が主に膜電位(エム)の変更から独立しているメカニズムを介して平滑筋に上で直接作用することによってモルモット回腸平滑筋の弛緩を誘導することを示唆している。

membrane potential (Em). 膜電位
IC50:median inhibitory concentration, 50%中央値抑制濃度
smooth muscle 平滑筋
PMID: 10909258 [PubMed - indexed for MEDLINE]


メチルオイゲノール関連記事

漢方薬のサイシンの主成分はメチルオイゲノールで気管支に良く、咳止めになる作用があります。メチルオイゲノールを吸入することによって気道からの粘膜分泌が抑制されるといわれています。

ホーリーバジル(トゥラシー)精油の主成分はメチルオイゲノール(67.45%),です。

関連ブログ

ホーリーバジル(トゥラシー)・精油の薬理作用

ホーリーバジル(トゥラシー)・精油のお求めはアロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« ディエットアロマ精油”癒しフェア in 大阪”にデビュー・3月10・11日 | Main | フラゴニア・精油 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference メチルオイゲノール(ホリーバジル精油主成分)の弛緩および抗けいれん作用:

« ディエットアロマ精油”癒しフェア in 大阪”にデビュー・3月10・11日 | Main | フラゴニア・精油 »