« アロマセラピー経絡マッサージ(3) | Main | ユーカリ精油成分1.8シネオールとステロイド依存性気管支喘息 »

February 08, 2007

ラベンダー精油主要成分リナロールの抗不安作用

Anticonflict effects of lavender oil and identification of its active constituents

   ラベンダー精油の抗葛藤作用およびその有効成分の同定

PUBMEDより

1: Pharmacol Biochem Behav. 2006 Dec;85(4):713-21. Epub 2006 Dec

Umezu T, Nagano K, Ito H, Kosakai K, Sakaniwa M, Morita M.

Environmental Chemistry Division, National Institute for Environmental Studies, 16-2 Onogawa, Tsukuba, Ibaraki 305-0053, Japan.

環境化学部、国立環境研究所

The pharmacological effects of lavender oil were investigated using two conflict tests in ICR mice, and then the active constituents were identified.

ラベンダー精油の薬理作用がICRマウスで2つのコンフリクト試験法を用いて調査されて、それで有効成分が同定された。

pharmacological effects 薬理作用
conflict:コンフリクト、葛藤
ICR mice:ICRマウス、クローズドコロニーで飼育されたマウス。

Lavender oil produced significant anticonflict effects at 800 and 1600 mg/kg in the Geller conflict test and at 800 mg/kg in the Vogel conflict test, suggesting that the oil has an anti-anxiety effect.

ラベンダー精油は、800 と1600 mg/kgのゲラー型コンフリクト試験法および800 mg/kgのフォーゲル型コンフリクト試験法で顕著な抗コンフリクト・葛藤作用を産生して、これはラベンダー精油に抗不安作用があることを示唆した。

Geller conflict test:ゲラー型コンフリクト試験法

Analysis using GC/MS revealed that lavender oil contains 26 constituents, among which alpha-pinene (ratio, 0.22%), camphene (0.06%), beta-myrcene (5.33%), p-cymene (0.3%), limonene (1.06%), cineol (0.51%), linalool (26.12%), borneol (1.21%), terpinene-4-ol (4.64%), linalyl acetate (26.32%), geranyl acetate (2.14%) and caryophyllene (7.55%) were identified.

ガスクロマトグラフ質量分析計使用の成分分析でラベンダー精油含有の26成分が明らかになった。下記の成分が同定された。

alpha-pinene:α―ピネン (0.22%),
camphene :カンフェン(0.06%),
beta-myrcene β―ミルセン(5.33%),
p-cymene :パラシメン(0.3%),
limonene :リモネン(1.06%),
cineol :シネオール(0.51%),
linalool :リナロール(26.12%),
borneol :ボルネオール(1.21%),
terpinene-4-ol :テルピネン4-ol (4.64%),
linalyl acetate :酢酸リナリル(26.32%),
geranyl acetate :酢酸ゲラニル(2.14%)
caryophyllene :カリオフェイレン(7.55%)

GC/MS(Gas Chromatograph Mass Spectrometer):ガスクロマトグラフ質量分析計

We examined the effects of linalool, linalyl acetate, borneol, camphene, cineol, terpinen-4-ol, alpha-pinene and beta-myrcene using the Geller and Vogel conflict tests in ICR mice.

ICRマウスでゲラー型およびフォーゲル型試験法を用いてリナロール、酢酸リナリル、ボルネオール、カンフェン、シネオール、テルピネン4-ol、α―ピネンおよびβ―ミルセンの作用を検査した。

Cineol, terpinen-4-ol, alpha-pinene and beta-myrcene did not produce any significant anticonflict effects in the Geller test. Linalyl acetate did not produce any significant anticonflict effects in either test. Both borneol and camphene at 800 mg/kg produced significant anticonflict effects in the Geller, but not in the Vogel conflict test.

シネオール、テルピネン4-ol、α―ピネンおよびβーピネンはゲラー型試験法でどのような顕著な抗葛藤作用を産生しなかった。酢酸リナリルはどちらの試験法でどのような顕著な抗葛藤作用を産生しなかった。ボルネオールおよびカンフェンの両方はゲラー型試験法でにおいて800 mg/kgで顕著な抗葛藤作用を産生したが、フォーゲル型試験法では産生しなかた。

Linalool, a major constituent of lavender oil, produced significant anticonflict effects at 600 and 400 mg/kg in the Geller and Vogel tests, respectively, findings that were similar to those of lavender oil. Thus, we concluded that linalool is the major pharmacologically active constituent involved in the anti-anxiety effect of lavender oil.

ラベンダー精油の主要成分、リナロールはゲラー型およびフォーゲル型試験法で600 および400 mg/kgで顕著な抗葛藤作用を産生して、それぞれにラベンダー精油の作用と同じであることが分かった。それで、ラベンダー精油の抗不安作用に関与する主要な薬理活性成分であると結論づけた。

PMID: 17173962 [PubMed - in process]

国立環境研究ニュース 
植物との語らい、:脳を刺激し,疲労感や眠気を払拭し快活にさせる作用のある植物精油

考えたこと

この文献を翻訳することによって国立の研究所で精油成分の脳や身体への作用を研究してることを初めて知りました。精油成分の薬理作用が明らかになることによってアロマセラピーを効果的に行うためには香りだけでなくて精油成分に対する勉強が更に必要になることを実感しました。精油成分の薬理効果が分かることによってアロマセラピーの範囲がひろがると思います。

ディエットアロマオーガニック精油・フィトアロマ精油、キャリアオイルのお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« アロマセラピー経絡マッサージ(3) | Main | ユーカリ精油成分1.8シネオールとステロイド依存性気管支喘息 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/13839220

Listed below are links to weblogs that reference ラベンダー精油主要成分リナロールの抗不安作用:

« アロマセラピー経絡マッサージ(3) | Main | ユーカリ精油成分1.8シネオールとステロイド依存性気管支喘息 »