« 新ディエットアロマ精油紹介と未知の精油との出会い | Main | たべものはおしくなりたがっている »

March 04, 2007

ラベンダー精油・ローズマリー精油の香り唾液のフリーラジカル消去作用増加させてコルチゾル低下

ラベンダー精油・ローズマリー精油の香り唾液のフリーラジカル消去作用増加させてコルチゾル低下

Smelling lavender and rosemary increases free radical scavenging activity and decreases cortisol level in saliva

ラベンダー精油およびローズマリー精油の香りを嗅ぐことは唾液においてフリーラジカル消去作用増加してコルチゾル低下

PUBMEDより

1: Psychiatry Res. 2007 Feb 28;150(1):89-96. Epub 2007 Fe

Atsumi T, Tonosaki K.

Department of Oral Physiology, Meikai University, School of Dentistry, 1-1, Keyaki-dai, Sakado-shi, Saitama 350-0283, Japan.

明海大学、口腔生理学講座

Oral Physiology 口腔生理学.

Free radicals/reactive oxygen species are related to many biological phenomena such as inflammation, aging, and carcinogenesis. The body possesses various antioxidative systems (free radical scavenging activity, FRSA) for preventing oxidative stress, and saliva contains such activity.

フリーラジカル/活性酸素種は、炎症、老化と発癌などの多くの生物学現象に関連している。身体は酸化ストレスを予防するためにさまざまな抗酸化系(フリーラジカル消去作用FRSA)を備えていて、唾液はそのような作用を含んでいる。

free radical (遊離基/フリーラジカル
reactive oxygen species:活性酸素種(ROS: reactive oxygen species)
biological phenomena 生物現象
carcinogenesis 発がん
antioxidative systems 抗酸化系
free radical scavenging activity フリーラジカル消去作用
oxidative stress 酸化ストレス

In the present study, we measured the total salivary FRSA induced after the smelling of lavender and rosemary essential oils that are widely used in aromatherapy. Various physiologically active substances in saliva such as cortisol, secretory IgA, and alpha-amylase activity were found to be correlated with aroma-induced FRSA.

本研究において、アロマセラピーで広く使用されているラベンダー精油およびローズマリー精油の芳香の匂いを感じた後に誘発される全体の唾液フリーラジカル消去作用を測定した。コルチゾル、分泌型免疫グロブリン IgA 、およびアルファ‐アミラーゼ活性のような唾液におけるさまざまな生理活性物質が芳香によって誘発されたフリーラジカル消去作用(FRSA)と相関していることが解った。

secretory IgA :分泌型免疫グロブリン IgA 
alpha-amylase activity:アルファアミラーゼ活性

The subjects (22 healthy volunteers) sniffed aroma for 5 min, and each subject's saliva was collected immediately. FRSA was measured using 1,1-diphenyl-2-picrylhydrazyl. The FRSA values were increased by stimulation with low concentrations (1000 times dilution) of lavender or by high-concentrations (10 times dilution) of rosemary.

被験者(22人の健常ボランティア)は5分間アロマの香りを嗅いで、各々の被験者の唾液は直ちに採取された。フリーラジカル消去作用(FRSA)は1,1- ジフェニル -2- ピクリルヒドラジルを用いて測定された。フリーラジカル消去作用値は、ラベンダーの低濃度(1000倍希釈剤)またはローズマリーの高濃度(10倍希釈剤)での刺激によって増加した。

1,1-diphenyl-2-picrylhydrazyl.:1,1- ジフェニル -2- ピクリルヒドラジル

In contrast, both lavender and rosemary stimulations decreased cortisol levels. A significant inverse correlation was observed between the FRSA values and the cortisol levels with each concentration of rosemary stimulation. No significant changes were noted in sIgA or alpha-amylase. These findings clarify that lavender and rosemary enhance FRSA and decrease the stress hormone, cortisol, which protects the body from oxidative stress.

対照的に、ラベンダーおよびローズマリーの両方の刺激はコルチゾル濃度を低下させた。顕著な逆相互関係がローズマリー刺激の各々の濃度でフリーラジカル消去作用値とコルチゾル濃度との間で観察された。これらの研究結果はラベンダーおよびローズマリーがフリーラジカル消去作用値を増してコルチゾル・ストレスホルモンを減少させ、そのことは身体を酸化ストレスホルモンから守ることを解明している。

inverse correlation:逆相関関係

ディエットアロマ精油”癒しフェア in 大阪”にデビュー・3月10・11日

ディエットアロマオーガニック精油・フィトアロマ精油、キャリアオイルのお求めは アロマショップ フィトアロマ研究所へ

花粉症の鼻づまりに”ハナトールギャフンセット(シャクナゲ精油+和ハッカ精油)の香りでお鼻すっきり
お求めは上記アロマショップ フィトアロマ研究所で。

尚、アロマショップ フィトアロマ研究所は3月1日~3月31日迄送料代無料キャンペーンを行っています。この機会に是非ともマニアックな精油をお試しください。

|

« 新ディエットアロマ精油紹介と未知の精油との出会い | Main | たべものはおしくなりたがっている »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/14135501

Listed below are links to weblogs that reference ラベンダー精油・ローズマリー精油の香り唾液のフリーラジカル消去作用増加させてコルチゾル低下:

« 新ディエットアロマ精油紹介と未知の精油との出会い | Main | たべものはおしくなりたがっている »