« 三上先生の香りと免疫セミナー | Main | ナイルの聖なるブルーリリー乾燥花 »

April 15, 2007

ラベンダー精油主要成分L-リナロールの鎮静作用

Transdermal absorption of (-)-linalool induces autonomic deactivation but has no impact on ratings of well-being in humans.

L-リナロールのけい皮吸収は自律神経の非活性化を誘発するがヒトのウェルビーイングへの影響はない

Transdermal absorption :桂皮吸収
autonomic deactivation:自律神経非活性化

PUBMEDより

1: Neuropsychopharmacology. 2004 Oct;29(10):1925-32

Heuberger E, Redhammer S, Buchbauer G.

Department of Pharmaceutical Chemistry, Center of Pharmacy, University of Vienna, Vienna, Austria. eva.heuberger@univie.ac.at

Essential lavender oil has a long tradition as a mild sedative in herbal medicine. Relaxing effects after inhalation have also been demonstrated for one of its main constituents, (-)-linalool.

ラベンダー精油には、薬草(ハーブ)療法で穏やかな鎮静剤として長い伝統がある。吸入後のリラックス作用は主要成分の一つのL-リナロールのためめであると証明された。

herbal medicine 薬草(ハーブ)療法

The aim of the present investigation was to determine the effects of this monoterpenoid alcohol on human physiological parameters (blood oxygen saturation, breathing rate, eye-blink rate, pulse rate, skin conductance, skin temperature, surface electromyogram as well as systolic and diastolic blood pressure) and assessments of subjective well-being.

本調査の目的は、ヒトの生理的パラメーター(血液酸素飽和度、呼吸率、瞬き数、脈拍数、皮膚コンダクタンス、皮膚温、表面筋電位と同様に収縮期および拡張期の血圧)に対するこのモノテルペノイド・アルコールの作用および主観的ウェルビーイングの評価を決定することであった。

human physiological parameters :ヒトの生理的パラメーター
blood oxygen saturation  血中酸素飽和度
breathing rate 呼吸数
eye-blink rate: 瞬き数
skin conductance 皮膚コンダクタンス
conductance :伝導性[度・率・力]
systolic blood pressure:収縮期血圧、最高血圧
conductance :伝導性[度・率・力]
diastolic blood pressure :拡張期血圧、最小血圧

(-)-Linalool was applied to 14 healthy subjects by percutaneous administration. Inhalation of the fragrance was prevented by means of breathing masks.

L-リナロールは経皮投与によって14人の健常な被験者に塗布された。香りの吸入は呼吸マスクによって阻止された。

(-)-Linalool induced deactivation with respect to physiology, that is, a decrease of systolic blood pressure and a smaller decrease of skin temperature, compared to a corresponding control group receiving a placebo, but had no effects on subjective evaluation of well-being.

L-リナロールは、プラセボを塗布された対応する対照郡と比較して生理学(すなわち収縮期血圧減少および皮膚温のより少ない減小)に関して非活性化誘発したがウェルビーイングの主観評価法にたいして影響はなかった。

percutaneous administration けい皮投与

PMID: 15238993 [PubMed - indexed for MEDLINE]

|

« 三上先生の香りと免疫セミナー | Main | ナイルの聖なるブルーリリー乾燥花 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/14695169

Listed below are links to weblogs that reference ラベンダー精油主要成分L-リナロールの鎮静作用:

« 三上先生の香りと免疫セミナー | Main | ナイルの聖なるブルーリリー乾燥花 »