« 精油の植物性エストロゲン作用について | Main | 海の幸と野菜のスパゲッティー »

April 24, 2007

ブルーロータス(Nymphaea caerulea)の精油

本日、ブルーロータス精油(Nymphaea caerulea・ブルーリリーの溶剤抽出)とこのブルーロータスのチンキが届きました。ホホバ希釈ブルーロータス精油の精油は液漏れがしていました。

ブルーロータスのチンキは、痛みの緩和、血液循環促進、筋肉の痙攣緩和、偏頭痛に良いそうです。最近の研究によるとブルーロータスにはギンコウと同じフラボノイドが含有し、フリーラジカル消去活性があり抗酸化ですと英文の説明書に書いてありました。

精油は溶剤抽出のために液状でなくてペースト状態でした。香りは独特な香りで以前購入したネパール産のブルーロータス(Nelumbo nucifera)とは違っていました。

|

« 精油の植物性エストロゲン作用について | Main | 海の幸と野菜のスパゲッティー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/14837053

Listed below are links to weblogs that reference ブルーロータス(Nymphaea caerulea)の精油:

« 精油の植物性エストロゲン作用について | Main | 海の幸と野菜のスパゲッティー »