« ロックローズ(ラブダナム)3ml・精油新発売 | Main | 胎児の世界―人類の生命記憶(月のリズム) »

April 01, 2007

看護におけるアロマセラピーの質的内容を検討

看護師のアロマセラピーはマッサージだけでよいのか?アロマセラピーの臨床的可能性への追求。

1: Br J Nurs. 2007 Jan 25-Feb 7;16(2):116-20. Links
Literature review: should nursing take aromatherapy more seriously?

Literature review: should nursing take aromatherapy more seriously

文献批評:看護はアロマセラピーを最本気に考えるべきであるか?

PUBMEDより

1: Br J Nurs. 2007 Jan 25-Feb 7;16(2):116-20.

 Br J Nurs.: British journal of nursing (Mark Allen Publishing)

Buckle J.

ジェーン・バックル:クリニカル・アロマセラピー(よりよい看護をめざして)の著者

Centre for Complementary Healthcare and Integrative Medicine (CCHIM), Faculty of Health and Human Science, Thames Valley University, London and RJ Buckle Associates.

ロンドン、テムズバレー大学、保健学科、補完療法および統合医療センターとジェーン・バックルアソシエート

Complementary Healthcare:補完医療
Integrative Medicine:統合医療

Aromatherapy is often misunderstood and consequently somewhat marginalized. Because of a basic misinterpretation, the integration of aromatherapy into UK hospitals is not moving forward as quickly as it might.

アロマセラピーは誤解されることが多くて、従っていささか過小評価されている。基本的な誤解のため、英国病院内へのアロマセラピーの統合医療は思ったより急速に前進していない。

marginalize :過小評価する

Aromatherapy in UK is primarily aimed at enhancing patient care or improving patient satisfaction, and it is frequently mixed with massage.

英国のアロマセラピーは第一に患者ケアの増進または患者満足度の改善を目的としていて、しばしばマッサージと組み合わせられる。

Little focus is given to the real clinical potential, except for a few pockets such as the Micap/South Manchester University initiative which led to a Phase 1 clinical trial into the effects of aromatherapy on infection carried out in the Burns Unit of Wythenshawe Hospital.

Wythenshawe病院の熱傷病棟で実施される感染にたいするアロマセラピー作用の臨床第1相試験につながったMicap/South Manchester University主導などのなどの少数の分野を除けば、真の臨床的可能性にほとんど焦点が与えられていない。

patient care 患者ケア
patient satisfaction 患者満足度

This article discusses the expansion of aromatherapy within the US and follows 10 years of developing protocols and policies that led to pilot studies on radiation burns, chemo-induced nausea, slow-healing wounds, Alzheimers and end-of-life agitation.

本論文は米国内でのアロマセラピーの展開について述べて、放射線熱傷、化学療法誘発吐き気、アルツハイマーおよび末期の焦燥性興奮に対する予備研究を導いた10年のプロトコルおよび政策の展開を追っている。

radiation burns :放射線熱傷
Agitation:焦燥性興奮

The article poses two questions: should nursing take aromatherapy more seriously and do nurses really need 60 hours of massage to use aromatherapy as part of nursing practice?

本論文は、2つの問題を提起している:看護はより真剣にアロマセラピーをしなければならないか、看護師は看護実務の一部としてアロマセラピーを用いて本当に60時間のマッサージを必要とするか?

PMID: 17353823 [PubMed - in process]

考えたこと
病院において看護師が如何にアロマセラピーを患者の看護に使用するのかについて考えることを投げかけています。看護において患者満足のために看護師がアロマセラピーマッサージに時間をかけるより最アロマセラピーを利用して臨床に役に立つことを考える必要があるのかも知れません。それには精油の薬理効果、身体的および精神的な効果を良く理解して看護に役立てる必要があるのかもしれません。看護師がアロマセラピーを使用して
看護における病気にたいする臨床実験をしていただけると良いのかも知れません。医者の
行うアロマセラピーと患者の看護の一環として行うアロマセラピーは観点が違うので捕らえ方、方法は違ってくると思います。

ディエトアロマ社オーガニック精油のご用命はアロマショップ フィトアロマ研究所へ

|

« ロックローズ(ラブダナム)3ml・精油新発売 | Main | 胎児の世界―人類の生命記憶(月のリズム) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/14488117

Listed below are links to weblogs that reference 看護におけるアロマセラピーの質的内容を検討:

» ナースの悩み解決応援委員会 [ナースの悩み解決応援委員会]
記事を読ませていただきました。とても参考になりました。どうも ありがとうございます。 [Read More]

Tracked on April 02, 2007 at 01:09 AM

« ロックローズ(ラブダナム)3ml・精油新発売 | Main | 胎児の世界―人類の生命記憶(月のリズム) »