« ブルガリアローズオットー精油の蒸留 | Main | スパイクナード(ナルドの香油)精油の作用 »

April 20, 2007

精油成分テルペンのけい皮吸収および排泄の動態

How does the type of vehicle influence the in vitro skin absorption and elimination kinetics of terpenses?

In vitro(生体外)で媒体(使用キャリア溶剤)のタイプが如何にしてテルペンのけい皮吸収および排泄動態に影響するか。

PUBMEDより

1: Arch Dermatol Res. 2006 Jan;297(7):311-5. Epub 2005 Nov

Cal K.

Department of Pharmaceutical Technology, Medical University of Gdansk, Hallera 107, 80-416 Gdansk, Poland. kcal@wp.pl

Terpenes are widely used in the topical dermal preparations, cosmetics and toiletries and also in the experimental dermopharmacy, as penetration enhancers. Terpenes do not need to penetrate into viable skin tissue and this event is not even desired.

浸透促進剤として、テルペンは皮膚外用剤、化粧品およびトイレタリー、更に、実験的皮膚薬剤研究で広く使われている。テルペンは表皮層組織を透過する必要はなくて、このことは最も望まれていまい。

The aim of this study was to investigate skin absorption and elimination kinetics of two terpenes, namely linalool and terpinen-4-ol, incorporated in three different dermatological vehicles: oily solution, hydrogel and o/w emulsion.

本研究の目的は、2つのテルペン、すなわち、リナロールとテルピネン-4-olのけい皮吸収と動態速度を調査することになっていた。そして、3つの異なる外皮用剤の媒体、油性溶液、ハイドロゲルおよびo/w型エマルジョンが取り入れられた。

o/w emulsion:Oil-in-water (O/W)で水の中に油滴が分散してるエマルション(乳化剤)

The preparations were applied onto the human skin in vitro, and after 1-4 h the content of terpenes in the stratum corneum layers and in the epidermis/dermis was determined using GC. Similarly, the amounts of terpenes in the skin were analysed during 4 h elimination process following 1 h absorption.

製剤はin vitro(生体外)でヒトの皮膚に塗布されて、1-4時間後に角質層および表皮/真皮のテルペンの含有量はガストログラフ質量分析(GC)を用いて決定された。同様に、皮膚におけるテルペン量は、1時間吸収に続いて4時間の排出過程の間分析された。

The highest skin absorption was observed when terpenes were applied in hydrogel--their total content in the skin after 4 h was 385 and 705 microg/cm2 for linalool and terpinen-4-ol, respectively. After 1 h of the elimination process about 10-20% drop of the total content of both terpenes in the skin was noted for all formulations.

テルペンがハイドロゲルで塗布されたとき最大のけい皮吸収が観察された-4時間後の皮膚内の総含有料は、リナロールとテルピネン-4-olのそれぞれに対して、385 microg/cm2と705microg/cm2であった。排出過程の一時間後、皮膚内の両方のテルペン総含有量の約10-20%低下が全ての製剤で認められた。

The skin penetration of both terpenes from the vehicles is increasing in the following order: emulsion < oily solution < hydrogel, while the elimination phase is relatively slower for terpenes applied in hydrogel.

外皮用剤の媒体による両方のテルペンけい皮吸収は下記の順序で増加している。エマルション<油性溶液<ハイドロゲル。一方、排出相はハイドロゲルで塗布されたテルペン対しては比較的緩慢であった。

PMID: 16328342 [PubMed - indexed for MEDLINE]

|

« ブルガリアローズオットー精油の蒸留 | Main | スパイクナード(ナルドの香油)精油の作用 »

Comments

樹木系、柑橘系などテルペン類の香りには、日々世話になっています。身近であるだけに皮膚刺激等、注意しなくてはなりませんね。

Posted by: wanokaori | April 21, 2007 at 09:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/73869/14790483

Listed below are links to weblogs that reference 精油成分テルペンのけい皮吸収および排泄の動態:

« ブルガリアローズオットー精油の蒸留 | Main | スパイクナード(ナルドの香油)精油の作用 »